FC2ブログ

RSS|archives|admin

ヴェネツィア 一人旅してました①

2019.09.04 Wed
8月後半、ぽっかりと予定が空いていたので、ふと思い立って初のヴェネツィアへ行ってみました。自分の旅の日記代わりに、ここにまとめておきます。これからヴェネツィアに行かれる方にも多少は役に立つように、ちょっと細かいことも書いてみます!

IMG_2006.jpg
DFSデパート「T Fondaco Dei Tedeschi」屋上テラスからの眺め。テラス入場は無料ですが、オンライン予約必須

ベルリン⇔ヴェネツィアは、Easyjet で直行1時間45分、料金も片道 100€ほどと安くて早い!

行くと決めて調べるまで直行便があることも知らなったのですが、ひょんなことでイタリアに長く在住していた方と会い、「ヴェネツィアいいですよ~!」という話を聞いたので俄然興味が湧いて。ちょうど暇だったので話を聞いた2日後にはチケットを手配して、1週間後に出発することに。

直近の出発だったので、初めてドイツのラストミニッツ旅行検索サイトであるLastminte.de を使ってフライト+ホテルを探してみました。

そこで候補に挙がったホテルを、Booking.com や TripAdvisor の料金・口コミと照らし合わせて、明らかに立地とコスパがよさそうだった「Palazzo Selvadego」に3泊することに。通常はシングル1泊 200€以上するようでしたが、直前だったからか1泊 100€程度で泊まれてラッキー!

IMG_20190828_202053.jpg
サン・マルコ広場は思った以上に広い!ザ・観光地だけど、朝晩は人も少なくフォトジェニック。

ホテルはサン・マルコ広場↑のすぐ横で、静かでバスタブ&冷蔵庫もあって、とてもよいところでした。が!辿り着くまでがけっこう大変だった~(^^;)。

「ヴェネツィアは徒歩で制覇できます!」という知人のアドバイスに従い、まずマルコ・ポーロ空港⇒ サンタ・ルチア駅近くのPiazzale Roma バスターミナルまでATVO社の空港バスで移動(所要20分・チケット往復15€)。

到着後、ついでに翌日の島巡り用のヴァポレット(水上バス)の24時間チケット(20€)と、市内マップ(3€)をチケットオフィスで購入(1日券は水上バス乗り場では買えないらしかったので)。この記事を参考にしました⇒https://nicolenaworld.com/venice-how-to-take-waterbus-vaporetto/

そこから、徒歩でホテルまでの探検スタート!あえて、スマホに頼らず地図を見ながら(笑)!!

IMG_20190826_135345.jpg
目的地までのルートをマーカーで書き込んで、ちょいちょい通り名を確認しながら進む。

ちなみに私は機内持ち込みサイズのキャリーケースだけだったから駅からサン・マルコ広場まで歩きましたが、日本から大きいスーツケースを持ってくる方にはおすすめしません(笑)。水上バスなどで移動したほうがいいですよ~。

まずは駅近くの、おすすめしてもらったパティスリー「Pasticceria dal Mas」で一服して。

IMG_20190826_121610.jpg
カプチーノと、アプリコットジャム入りのクロワッサン 合わせて3,10€。安いな。

20分ほど歩いて運河沿いまで来たので、行く前に調べてて『ベネチアのゴンドラが2ユーロ!?超安い予約なしで乗れるゴンドラはこれ!』を読んで絶対これ乗りたい!と思ってたローカル渡し舟の「ゴンドラ・トラゲット」に乗船!

IMG_20190826_125626.jpg
あちらからこちら、こちらからあちらへと所要1分ほどのザ・渡し舟。こういうの大好き♪

IMG_20190826_130203.jpg
このとき利用したのは サン・トーマ(San Toma)乗り場。乗るときに船頭さんにお金を払います。


対岸について、さらに地図と睨めっこしながら歩くこと20分。いや、それ以上かかったかな? 快晴の夏空の下、汗だくになりながら無事にホテルに到着しました💦(入口がわかりづらくて周辺を5分ほど彷徨いましたが...。)

お部屋は羨望ゼロでしたが、静かでエアコンも効いていていて涼しいし、とても快適でした☆

さてこの時点で13時半。さっそく出かけます!

今回の旅のテーマのメインに据えたのは、やっぱり酒場!

これも行くことにしてから知ったのですが、実はヴェネツィアには、独自のBacaro(バーカロ)という立ち飲み酒場の文化があるそうで。知った瞬間に「なんて私にぴったりの旅先なんだ~!!!」とかなりワクワクしてしまいました(笑)。

旅のプラン作りは、ひたすら気になるバーカロをGoogleマイマップに集めて「ここに行ってこれを食べる!」という情報収集が9割を占めました。(ホントに。)

というわけで、まずバーカロ一軒目に潜入~!ホテルから徒歩10分ほどの距離の(迷いながら15分の)Osteria Al Portego

まずは、ヴェネツィアに着いたら飲むべし!と教えられていたご当地食前酒カクテルSpritz(スプリッツ)と、Baccala(干しタラ)ペーストを載せたオープンサンドを。スプリッツは、あまり苦くないカンパリソーダのようなクセになる味で、滞在中何度も飲みました。Baccalaは日本人の口に合う!

IMG_1927.jpg
テーブル席もありますが、カウンターに並ぶこういうおつまみは立ち飲み客専用でした☆

本当は、バーカロの立ち飲みはさくっと1杯とおつまみをつまんだら、さっと切り上げて次の店へハシゴするのが粋だと聞いていたのですが、冷蔵ケースに並ぶものが美味しそうすぎて、ついつい2品目とワインも追加(^^;) 全部で18€くらいだったかな??
IMG_1932.jpg
イカとズッキーニなどをトマト風味にさっと煮込んだものに、とろとろのおかゆ状のポレンタを添えたもの。イカが柔らかくて美味しかった~♪

美味しく食べてほろ酔いになって勢いづいたので、さらにハシゴすべく狙っていたバーカロに向かいます!
それが、Cantina Do Mori Bar All'Arco。他にも何軒かまとまってバーカロが集まるエリアだったので、そちらまで散歩。

IMG_20190826_151115 (1)
道すがら、何度も目にするザ・ヴェネツィア!なゴンドラのある風景にいちいちカメラを向けつつ(←2日目には飽きます)。

で、ほっそい路地をウロウロしながらお店まで辿り着いたのはいいいのですが、残念ながらどちらもやっておらず(笑)。Cantina Do Mori の方はこの日と次の日は清掃のためお休み、Bar All'Arco のほうはそもそも営業時間が14時半まででした(お酒を出す店なのに営業時間が朝8時~14時半ってどういうことなんだ)。

しょうがないので、観光がてら街をブラブラしつつ、スーパーでミネラルウォーターの大きいボトルをストック用に買っていったんホテルへ戻り。作戦を立て直して、夕飯はこちらのカジュアルなレストラン、Ostaria a La Campana へ。

IMG_20190826_204148.jpg
レストランがいっぱい並ぶ通りにあります。立ち飲み利用もできたっぽいのですが、まぁ疲れてたし座ってゆっくり。

まずはスプリッツ(4,50€)を飲んでまったりしつつ、前菜に頼んだのはヴェネツィア風イワシのマリネ(だったかな?11€)。
IMG_20190826_194856.jpg
要するにイタリア風南蛮漬け!さっぱりしてて、とろりとした玉ねぎたっぷりで美味しかった。

そして、ヴェネツィアで一度食べたかったイカスミスパゲッティ(15€)。デカ(笑)!日本なら3人くらいでシェアする量(^^;) +白ワイン(6€)
IMG_20190826_200735.jpg
さすがに完食できず💦 でもやっぱりイカはやわらかく仕上げてあっておいしかった。

これでチャージ2€追加で、合計38,50€。チップ含めて支払いは40€。うーん、やはり立ち飲みに比べると圧倒的な割高感が否めない。やっぱりこの後は立ち飲みのバーカロ巡りに専念しようと決意。

こんな感じで初日は満腹で終わり、早めにホテルに戻ってゆっくり。2日目は、水上バスに乗って島巡りです!





Theme:イタリア旅行 | Genre:旅行 |
Category:未分類 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

初ベトナム・ホーチミンに行ってきました♪ 配車アプリGrabが便利だった~~!

2018.12.02 Sun
 恒例の秋の日本一時帰国からベルリンに戻ってきました! 今回は、両親と一緒にホーチミンに行ってきたのが一番の思い出!! 実はベトナム、ずっとずっと一度行ってみたかったのです。

 いつからかな?ベルリンに長く住むうちにアジアが遠~くなってしまって、ヨーロッパの国よりもアジア諸国に憧れるようになりました。 なかでもベトナムは、「ベトナム料理はおいしい!!」という話を聞くにつけ、私の中で「一度行ってみたいアジアの国No.1 」の座を何年もキープしていて。

 ベルリンにはベトナムからの移民が多く、ベトナム料理の店が多いのも「ベルリンで一般的なベトナム料理ではなくて、本場の味を知りたい!」という私の興味をかきたてたのかもしれません。
 
 そんなわけで。「いつか行きたいベトナム」←いつ行くの?

 いや、そりゃ今でしょ...と決めたらあとは行動あるのみ!

 一人でも行く気満々だったのですが、一応両親にも「一緒に行かない?」と聞いたら「行く!」とのことだったので、めでたく親子3人で仲良く名古屋から3泊5日のホーチミン旅行が実現しました♪

 というわけで、旅の記録を兼ねたざっくり旅行記です☆(長いですよ(^^;)!)

 
 下調べは、けっこう時間かけてしましたよ!特に、どこで何を食べるか?は本気でリサーチしまくりました(笑)。

 私にとって、旅行=その土地の美味しいものを食べること!!

 それ以外は、文化も歴史も、ほんとすみませんけどほとんど興味なし💦 いいんですよ、食文化を学べば、だいたい歴史もその他の文化もついてくるんですよ(ってことにしておいてください)。


 というわけで、ホーチミンに到着して最初に意気揚々と向かったのは、牛肉のフォーが美味しいと評判のこちら!「Pho Le2」(こちらのサイトを参考にしました!

DSC_8596.jpg
 
 いや~~~美味しかった...。そして、ついに、人生初の「本場のフォー」を食べられたことでかなり満足!!!山盛りのライムとチリ、モヤシとハーブのお皿にもすごく興奮♡

 店内には明らかな旅行者は私たちだけで、あとは地元っ子な雰囲気なのも、よかった。3人で一杯ずつフォーを食べて、ビール2本頼んで、日本円で千円するかしないかでした。や、安い....!!!
 
 ホテルに戻って徒歩で周辺を散策したときの写真↓バイク、多すぎ!!手前のお姉さん露出高すぎ(笑)!!!面白過ぎる...!
DSC_8620 (1)
ほんとに思った以上にバイク多くて、滞在中に1回接触して足をちょっと痛めましたよ(-_-;) まぁたいしたことなかったからいいんですけど...。

DSC_8620.jpg
 明けて、2日目の朝♪ ホテルのお部屋からの眺め。遠くに見える高層ビル街が、繁華街のドンコイ通り周辺。

 私たちが泊まったのは、繁華街からちょっと離れたニッコーサイゴン。ここ、めちゃめちゃ良かったのでホーチミンに行くならおすすめします!

 いや、そりゃ良いに決まってるんですよ日系の5つ星ホテルですからっ!!でもでも、まだ物価の安いホーチミンだから...

東京都内のビジネスホテル(しかも素泊まり)くらいの料金で泊まれるんですっ!!! いやいやホントに! 都内のAP○ホテルよりずっと安いから!!

 お部屋は広いしバスタブはもちろん完備だし、さらに!全室ウォッシュレットつき(←実はこれが今回このホテルを選んだ決め手(笑))!!

DSC_8731.jpg
 超豪華で美味しい朝食ブッフェ(洋食、和食、韓国料理、ベトナム料理!)もついてて、毎朝本当に幸せなご飯タイムを過ごしました♡ あ~またこのココナッツメープルシロップをかけまくったワッフルが食べたい...。

 本当にここのホテルは良かったです。 H.I.S.で旅行を予約した際の早期予約特典でクラブフロアへのアップグレードが無料でできたので、専用ラウンジも滞在中使い放題。これはありがたかった!ドリンクと、時間帯によって軽食やお茶菓子が用意されていて、外出が続いて疲れ気味の父親がひとりでもここでゆったり過ごせて。そのおかげで私と母だけでも気兼ねなく街歩きに行けたりして、 とってもお世話になりました。

 で!2日目はまずH.I.S.の無料オプションで申し込んでた15分のマッサージとアオザイ試着体験に行き(アオザイ一度は着てみたかったからすごく満足♪)、そのあとはひたすら私が食べてみたいものを食べまくる1日 ( ̄▽ ̄)!

 まずはバイン・ミー(ベトナムスタイルのサンドイッチ)を食べにNHU LANへ。バイン・ヨー(ちまき的な物体)も気になったので食べ、暑かったからミックスフルーツのシントー(スムージー)も頼んじゃいました。(氷でお腹壊すとか、私はないだろうという前提で。全然大丈夫でしたよー。)でもどれも味は「まぁこんなもんか。」だったかな。もう一度食べたいとは思わず。

IMG_20181101_122132 (1)
↑母の撮ってくれたブレブレの写真(笑)。3人で行ったけど食べたのはほぼ私(^^;) ザ・食堂!な雰囲気が楽しかった♪

 そのあとはガイドブックに「ココナッツゼリーが絶品!」と紹介されていて気になった 85 Coconut and Pumpkinへ。 テイクアウトのみだったので、ココナッツゼリーとプリンを買って近くのバス停 (^^;) で食べました。このゼリーはほんと美味しかった!ココナッツジュースをそのまま固めたような感じで、サラリといくらでも食べられる感じ。

 ここまでで父はすでにお疲れだったのでホテルのラウンジへ送り届け(笑)、母と2人でザ・観光名所のベンタイン市場へ。

IMG_20181101_142821.jpg
ここは二度と行きたくないです!!!

 も~思ってた以上に嫌な感じ(^^;) 「オネーサン、ナニホシイ??」攻撃が凄くて、落ち着いて歩けない。「なんもいらねーよ!」と悪態つきながらさくっと1周して、10分くらいで嫌になって出ました💦 そもそも買い物する気が一切なかったので、ここはほんと行くべきじゃなかったと思いました。うるさい客引きにうんざり~。

 ちなみにベンタイン市場周辺に停まってるタクシーはみんなぼったくりらしいので、「絶対乗っちゃダメですよ!」って翌日のガイドさんに言われました。いや乗らないけど。

 そう。今回私たちはアジア版Uber「Grab」の配車サービスを利用しまくったので、ものすごく!!!快適でした。というか個人旅行者の必須アプリ!!

 Grab ならタクシーよりも安く、ベトナム語がわからなくても出発地も行先もスマホの地図上で事前に指定できて便利~~~!!! 詳しくは、「ホーチミン Grab」でググってください。

 とにかく、今回の私たち親子のホーチミン市内での移動はほぼ全てこの「Grab」で手配した車で A⇒B地点、B⇒C地点、と動いていました。気温30℃越えの暑い中、3秒ごとにバイクに轢かれそうになりながら歩かなくていいのはほんとラク!!

 20分くらい乗っても日本円にしたらせいぜい300~400円という値段だし、配車した時点で値段が明確に決まっているから、多少渋滞に巻き込まれても余分にチップなどを払う必要もなくて安心。カード登録しておけばキャッシュレスで使えます。

 私はクレジットカードの登録がうまくいかなかったから都度現金で支払っていましたが、特に問題なかったです。(ちなみに、スマホのSIMカードは現地で使えるタイプを事前に日本のAmazonで750円くらいで購入してました。⇒こんなの☆
 
 2日目の夜は、AO SHOW という、ホーチミン版のヴァリエテショーを見に行きました。私こういうの大好きなので。


1時間くらいのあっという間のショーでしたが、演出も凝っているし音楽も良く、テンポよく進む見応えのあるプログラムでした☆

 そこからさらに夕飯を食べにバインセオ46Aへ。すぐに座れましたが、バインセオ(と、ビール)が来るまでけっこう待たされた!忙しそうだったからね。でも本場のバインセオ、美味しく食べて満足☆


 さて。3泊5日の日程で滞在2~4日目の3日間はまるっと時間があったので、3日目はメコン川クルーズ日帰りツアーに参加しました(⇒コレ☆)。 安いのに充実の内容で、日本語堪能なベトナム人ガイドさんの話も面白く、すごくいいツアーでしたよ!

DSC_8709.jpg
 まぁツアーの内容はレビューなどにある通りですが、1日こんなにあちこち連れて行ってもらってこの値段!?と感じるお得なツアー。個人ではまず行けないところばかりだし、ほんとこれは参加してよかった!

 夕方ツアーからホーチミン市内に戻ってきたら、また私の食べたいものリストのお店へ(笑)。向かったのは、鶏のおこわが食べられる ソイ ガー ナンバー ワン!
 
DSC_8724.jpg
 看板メニューのソイガー(Xoi Ga)はとりあえず小さいサイズをひとつ頼んだんだけど、2回追加注文するくらい美味しかった!!この味が嫌いな日本人はいないのでは?

 あとは麺をひとつ頼んだけど、他にテーブルに勝手に生春巻きやらスイーツのお皿が並べられて、「食べなければ清算されないから。」とのこと。生春巻き食べようかなー?と思ったけど、ちっさいアリがたくさんくっついてたのでやめました(-_-;) 3人で食べてビール飲んで、やっぱり日本円換算で千円しない。ごちそうさま!


 そして4日目。ホテルの朝ごはんを堪能して、スーパーでお土産を買って。また父をホテルに残して(笑)、母と2人でマッサージに行って(うーん。安かったけど痛かった...)。

 最後のベトナムご飯、食べたいものリストはまだ半分くらいしかコンプリートできてないけど(^^;) これは絶対食べたかった ブン・チャーを食べに、「ティエム アン カットゥーン」へ。

DSC_8751.jpg
リンク先でオススメされていたブン・チャーも、フォー・ガーもどちらもすごく美味しかった~♡食べきれなかったのが心残り...。

 そしてホテルへ戻って、深夜便で名古屋へ帰国。

 その空港で、最後に残った現金を使い切るためにテキトーに買ったお菓子がまた美味しかった( ゚Д゚)!!!
DSC_8759.jpg
 なんでこれを選んだのかもよく覚えてないのだけど(笑)日本円換算で300円くらい??で1cm四方の小さなクッキー状のお菓子。緑豆が原料らしいのですが、香ばしいきなこをぎゅっと固めたようなホロホロした食感で、我が家では大ヒット!こんなに美味しいと知ってたら、もっとたくさん買ってきたのに~~。


 そんなこんなで、私の初ベトナム、初ホーチミン旅行はしっかり私が食べたかった&やりたかったことはクリアできて、ひとりではなく両親と一緒に行けたことでさらに楽しく充実した時間になりました。


 ホーチミンは私が思っていた以上に発展しているエリアと発展途上エリアの落差がまだまだ激しく、通りを1本隔てただけでその違いがダイレクトに感じられるのも興味深かったです。 そして(ツアリスト向けではない現地の)物価が安い。事前にカードで払っていたホテルやツアー代金以外に現地で両替して使った現金は食事とタクシー(Grab)、お土産代だけですが、3人で3日半で1万3千円で足りました。

一人、1日約千円ずつしか使ってなかったんですよ...!

 久しぶりに、「異国に来たな~~~!!!」と感じることができて新鮮だったし、またアジアの他の町に行きたいと思わせてくれた時間でした。近くて遠いアジア、面白い!また知らない町に行きたいなー♪



読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキングに参加してます。クリックで応援してもらえると嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

Theme:海外旅行 | Genre:旅行 |
Category:未分類 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

マルタ女子旅に行ってきました

2018.06.07 Thu
 マルタ共和国。イタリアの下、アフリカの上に位置する地中海に浮かぶEU最南端の島国に、3泊4日で遊びに行ってまいりました☆

IMG_8420.jpg
スピノーラ湾の眺め。小さな船がたくさん浮かんでて素敵。

 なぜマルタなのか?というと、友達に誘われたから!というだけの理由なのですが(笑)。

 でもいざ調べてみると、英語が公用語なので旅行がしやすそうなことと、海がきれいで異国情緒に溢れたイメージだったので、久々にドイツや近隣ヨーロッパ諸国とは全く違う雰囲気の国を体験したいと思って、はりきって行ってきましたよ。

 ベルリンから直行便も週に何便かあるみたいですが、私たちはフランクフルト経由で半日がかりで到着。空港からは、事前にお願いしておいたお迎えのタクシーでさくっと20分足らずでホテルに到着。バスや相乗りのシャトルサービスは、調べたところ無駄に時間がかかりそうだったのでパス。安心のFIXプライス 21ユーロだったし、この送迎サービスはお願いしておいてよかった。
 
DSC_7666.jpg
正面に写ってるのが、泊まったホテル。セント・ジュリアンのバルータ湾に面してます。市街地でも海水キレイ!

 海は本当にきれい。岩場っぽいところが多いですが、ホテルから歩いて5分くらいのところにもちょこちょこ小さな砂浜などもあり、足を少し浸しただけでしたがとても気持ちがよかった!

DSC_7675.jpg
市街地に面したビーチで泳いでる人もたくさんいましたよ。私は足だけ~。

 さて、ホテルに到着してランチを食べたらもう15時過ぎ。とりあえず、スリーマのフェリー乗り場まで歩いて対岸の首都、旧市街バレッタに行ってみました。

IMG_8344.jpg
カラフルなバルコニーの建物がぎっしりと続くバレッタ。異国って感じするー!

 あまり(いや、全く)歴史的見どころに興味のない私たちなので、唯一入ってみたこの教会が、何という名前のところなのかすらわかっていないのですが(スミマセン... ^^;) とりあえずマルタはカトリックの豪華な教会がメインだということは伝わってきましたっ。

IMG_8375.jpg
豪華絢爛!な教会内。プロテスタントの質素な教会が多いベルリンから来ると新鮮。

IMG_8378.jpg

 バレッタをぶらぶら1周して、またフェリーでスリーマに戻り。ホテルまでの途中にあったレストランでカラマリ(イカ)のから揚げをがっつり食べて、1日目は終了♪

 2日目は、マルタのかつての首都である、古都イムディーナへ。事前に調べたバス路線を利用すると、所要35分くらいってなってたけど実際にはたっぷり1時間以上かかったわよー。マルタの唯一の公共交通であるバス、かなりいい加減(^^;) この後も、バスにはやられっぱなしでした💦

IMG_8401.jpg
イムディーナ自体は、本当にテーマパークに迷い込んでしまったかのような古い素敵な街並みで、たくさんの欧米人の観光客でにぎわってました。

 イムディーナを見てからは、またバスでブジッバというリゾートエリアへ。(写真特になし。イギリス人旅行者が水着で甲羅干ししまくってました。)

 ビーチ沿いにリゾートマンションが立ち並ぶ、熱海のようなのんびりしたところ。 シーフードを食べて満足して、さてサンジュリアンの方へ帰ろうかなー?と思ったらバスにやられましたよ。

 30分に1本来るはずのバスをなぜか1時間待ち。


 やっと来た!と思ったバスは満員御礼のためバス停を通過。


なんじゃそりゃーーー!!


 ...なるほど、そういうことですか。こういう感じですかこの国は。と気を取り直し、歩いて20分くらいのブジッバのバスターミナルまで移動して、無事にホテル方面に帰るバスに乗り込みました。(これも、所要30分ほどの予定が1時間は乗りましたけどね...。しかも、特に渋滞があったわけでもないのでそれが不思議(^^;)。)

 まぁこれも異国文化のひとつと理解して、とりあえず美味しいディナーで気分転換。

IMG_8425.jpg
スピノーラ湾に面したこのレストラン。日本人の方のブログを参考にチョイス。眺めも料理もサービスも!いいお店でした。

IMG_8429.jpg
ワイン蒸しのムール貝がすごく柔らかくて美味しかった♡


 すっかり満腹でいい気分になって、歩いてホテルまで戻りました♪

 で、3日目は、マルタの第二のメインアイランド、ゴゾ島へ日帰り観光に!

 バスでマルタ本島の最北端のフェリー乗り場まで行って、そこからフェリーで30分ほどの距離にあるゴゾ島。事前に調べた所要時間は、ホテルのあるエリアから合計1時間半ほどでした。

IMG_8437.jpg
青い海を、大きなフェリーが行き交います。
 
 ...が、やっぱりマルタ!やってくれましたよ(笑)。


 30分に1本来るはずのバスをなぜか50分待ち。


 やっと来た!と思ったバスは満員御礼のためバス停を通過。


なんなんじゃそりゃーーー!!


 ...というわけで、色々あって、フェリーも待たされ、結局ゴゾ島に上陸したのは予定の倍の3時間後(^^;) 疲れた💦

IMG_8448.jpg
ゴゾ島に着いたらもうお昼だったので、狙っていたレストランに1番乗りで着席。またシーフード三昧♡ 地元産のロゼワインがすごく美味しかった!


 そんなわけですっかり公共のバスを信じられなくなった私たちは、ゴゾ島ではいわゆる観光バスを利用して、停車時間をうまく利用しながらさくっと半日でゴゾ島観光を済ませることに。

IMG_8452.jpg
このバスはすごく時間通りだった!マルタ島よりも渋滞のないゴゾ島だからかもしれないけど。使ってよかった...。

DSC_7648.jpg
バスから降りて立ち寄ったクラフト・ビレッジにて。マルタ島もだけど、猫が自由にくつろいでいてすごく可愛かった♪

 そうそう、マルタの気候。5月の末だったからまだ夏ではないけど、気温は25℃くらいといい感じに暑い。でも、島国だからかけっこうずっと風が強くて、体感気温が低い!日が差すと暑いし、かといって半袖では寒いし、となかなか難しい気候でした(^^;)。

IMG_8517.jpg
2階建てのバスでものすごく日焼けしたのだけど、ちょっと日が陰ると長袖+スカーフが必要なくらい肌寒い💦

 ゴゾ島の私的ハイライトは、なんといっても「蒼い窓、アズ―ル・ウィンドウ」のこのボートトリップ!

IMG_8495.jpg
観光バスを降りて、数分歩くとすぐこの乗り場に。たったの4ユーロ、7~8人集まればすぐにスタートの短いボートツアーです☆
 
 これが、なかなか侮れないスリル満点のボートツアーで、私はすんごく楽しかったです(笑)!15分足らずのあっという間の乗船時間ですが、水はきれいだし、波は意外と高くて船は揺れて、「落ちたら死ぬ!!!」というのがリアルで感じられる、アドレナリン出まくりのひとときでしたよ☆(日本だったら、『今日は波が高くて危険なのでツアー中止です』というレベル(^^;))

IMG_8479.jpg
海はひたすら碧く。 ちなみに乗船料金は後払い、というのもゆるい感じでいい。


 そしてゴゾ島のメイン観光スポットのひとつ、ブルーホールもここにあります。ダイバーに人気のスポットでもあり、たくさんのダイバーが近くで潜る準備をしていました。

IMG_8499.jpg
写真中央、人が一人立っているところの後ろが深~~い海の入り口、ブルーホール。上から写真を撮りましたが、覗き込むのが怖いほどのスポットでした💦


 ボートトリップとこのブルーホールの撮影をダッシュで済ませ、45分後に来た観光バスに飛び乗り、またフェリーでマルタ島に戻って(バスでなんとかホテル近辺まで戻り)、またまたシーフード三昧のディナーで3日目終了。

IMG_8515.jpg
マルタは暑くて乾燥しているので、あちこちでサボテンが茂っていたのが印象的!サボテンの実を食べたかったけどチャンスがなかった(^^;)。
 


 そんな私の駆け足の初マルタ旅。人は親切だったし英語が通じるから、本当に旅行者としてはラクに楽しめました。でも!移動のインフラがちょっと悪いかな(^^;) 全体の印象としては、「英語の通じる南イタリア」という感じでした。マルタの人の英語はイタリア訛りっぽく、カフェやレストランのフードもイタリアっぽい傾向。

 きれいな海で泳ぎたい人や、ダイビングがしたい人にはすごくいいところだと思いました!英語通じるし。でも、私たちのように歴史にあまり興味がない&泳がない人にとっては価値が半減してしまう国だというのが、私の印象でした☆ これから「マルタに行こうかな?」という方の参考になれば幸いです~。


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキングに参加してます。クリックで応援してもらえると嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

Theme:海外情報 | Genre:海外情報 |
Category:未分類 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

春の一時帰国でパワーチャージ♪

2018.04.30 Mon
 は~今年の春も、恒例の一時帰国で日本に帰っておりました。 ほぼ1ヵ月!がっつり日本で過ごして、長くて寒いドイツの冬を越したご褒美といたしました♪

 実家があって、家族がいて、友達がいて、帰れる場所があるということ、そして「帰りたいと思える」場所があるということは、本当に幸せなことだと思います。ありがたいことです! そして、それを快く受け入れて送り出してくれるダンナさま。有難や。


 今年は早咲きだった桜ですが、ギリギリ満開に間に合ったし。

DSC_7127-1.jpg
名城公園の桜♡

 友達ともたくさん食べて飲んで喋って笑ったし。
 
DSC_7129-1.jpg
ホルモンが食べたくて検索して行ったお店。鉄板はちろく とっても美味しくて、フレンドリーで、良いお店でした!また必ず行きたい♡

DSC_7343-1.jpg
東京では、是非に行きたかった角打ち、折原商店も初体験♡ この秋田県のお酒が美味しかったのでボトル買い☆


 家族で伊良湖岬へ1泊旅行もできたし。
DSC_7142-1.jpg
久々に見る太平洋♪ たまに見る海はいいわ~~。
 
 そして、ドイツからのお友達を連れて1週間の日本旅行も。ザ・日本観光!を外国人目線でしっかり楽しめたし、東京や京都の観光地の外国人旅行者の多さも体感できて(^^;) 色々と発見の多い旅になりました。

DSC_7356-1.jpg
新幹線から見える富士山が、移動の一番の楽しみ♪


 ヨーロッパに住んでても、あまり欧州内のあちこちに旅行に行きたいとは思わない私。自分にとっては、今はこうして年に2回日本に里帰りできることのほうが嬉しくて、楽しみだから、そこに時間とお金を使いたいのです。

 
 ベルリンでは、自分のベランダや庭で緑に囲まれてのんびりできれば、それで十分幸せ。これからまた秋の一時帰国を楽しみにしつつ、ビールでも飲みながらベストシーズンのドイツ生活と仕事を楽しみます!


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキングに参加してます。クリックで応援してもらえると嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

Theme:ドイツ生活 | Genre:海外情報 |
Category:未分類 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

あけましておめでとうございます

2018.01.03 Wed
 あっという間に年が明けて、もう2018年ですね。去年はあまりブログを更新できませんでしたが、今年もゆるゆると書いていく予定ですのでどうぞよろしくお願いいたします。

 毎年のことですが、クリスマスらしいこともほぼしない我が家では、お正月らしいことはさらに何もしません。

 唯一、私がお餅が好きなのでお雑煮は食べたくて。秋の帰国時に持ち帰ってきたお餅でお雑煮だけ作って食べました。ダンナさんはお餅のおいしさがわからないので(味がないという)、もったいないから食べさせません。

IMG_20180102_182908_399.jpg
白だしを使ったからおそろしく色が薄く、具も白菜だけだから真っ白なお雑煮に(笑)。でも美味しい。
インスタ(berlin.akiko.matsunaga)を始めて、色のエフェクトがとても素敵なことに初めて気づいた今日この頃...

 なんだか今年の冬は、例年以上に眠くてやる気が出ません(笑)。正しい冬季うつの症状ですが、幸い(?)急ぎの仕事もないのであまり気にせずに眠ければ寝る、あとは最低限の家事と仕事をこなす日々を送っております。

 それが許される生活であることに感謝しつつ。今年も1年、健康で楽しく過ごせれば十分幸せです!


Theme:日々のできごと | Genre:ライフ |
Category:未分類 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |