RSS|archives|admin

ブーツについてしまった雨ジミを、なんとかしてみた!

2016.01.24 Sun
お気に入りのブーツを雨の日に履いてしまい、がっつり水濡れのシミがついてショックを受けておりました。

DSC_2594.jpg
ハッキリくっきり、しっかりシミてる(泣)まさかこんなことになるとは。

「こんなときはどうしたらいいんだー!」と思いながら色々検索してみたところ。

どうやら、「水に濡れた部分だけがシミになってるので、ならばあえて全体を水で濡らして丸洗いしちゃえ」という超強引な裏技があることを知りました。

というわけで。ちょっとビビりながらも、ダメモトでやってみましたよ。

洗面所で、ブラシを水で濡らしながら革部分をやさしくこすって、汚れを落とす気持ちで全体に湿らせました。ドキドキ。
DSC_2595.jpg
しかも革&ヌバックのコンビだから、ヌバックの部分は濡らさないように細心の注意を払いながら(^_^;)

水洗いして一晩おいて、乾いた状態。シミは、ほとんどわからなくなってる!
DSC_2626.jpg
色むらはあるし、革はカッサカサになってますけど(^_^;) 

よーし、保湿&油分補給だ!と、乳液状の革のケアクリームを擦りこみまくり。

おお!

キレイになりましたー!!!

DSC_2630.jpg
素晴らしい。想像以上の仕上がりに感動です!

いや~。やってみて良かった。水で濡らしてるときは、「はぁ。この作戦に失敗したらこのブーツとはおさらばなのね...」と思ってましたから(笑)!

今回使った乳液状のクリームは、左のSolitaire Pflege Creme Naturelle ってやつで、調べてからこれを買ったわけではなくて、ただデパートの靴用品コーナーにあった中からなんとなく選んだのですが。これがけっこう良かった。
DSC_2641.jpg
今これを書くにあたってドイツのAmazonでレビューを見たら★5つだった。みんな大絶賛。「革が柔らかくなる!」「薬品の匂いがしなくて、まるでボディローション!」「革のソファにも使えて、安い!」うん、確かにいいクリームです。日本では売ってないみたいなので、これはもしかしたら、知られざるドイツの名品発見かも!

ちなみに写真の真ん中のは防水&ケアスプレー、右側のはクリーナー&ケアのムースです。水に濡らす前に、「このクリーナーだけでも効果あるかな??」と思って使ってみましたが、シミは全く変化なし。汚れも落ちてるのかどうかよくわかりませんでした。防水スプレーは、どの靴にも、一か月に一回くらいはかけるようにしてます。

でもこのブーツはもう絶対、雨が降りそうな日には履かないようにしよっと。


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキングに参加してます。クリックで応援してもらえると嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

Theme:暮らし・生活 | Genre:ライフ |
Category:モノとのつきあい | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

糸切りばさみが必需品

2014.12.15 Mon
気に入ってよく着ているざっくりニットが、毛玉だらけになってきたので糸切りばさみでチョキチョキ毛玉カットしてました。

P1000367.jpg

すんごく地味な作業なんですが、毛玉取り器とかなくても、ピンポイントで気になるところをカットしていけばいつかキレイになります。(調べてみると、裏技は色々あるようですね⇒(NAVERまとめ) キッチンスポンジとかは試してみたいかも!)

カットしながらふと考えたのですが、糸切りばさみって、縫い物をしない人はもしかして持ってないのかな?と。 針と糸さえあれば、ボタン付けとかはできますし、そのとき糸を切るハサミは別に糸切りばさみでなくても問題ないですしね。

でも、私には絶対に糸切りばさみが必要です。特に、新しい洋服を買ったとき!

洋服のタグが大嫌いで、首筋が痒くなるので買ってきた洋服は値札を取るのと同時にタグも完全に取ってしまいます。タグが縫い付けてあるミシンの糸だけを狙い撃ちしてカットするには、普通のハサミじゃなくて、刃先の鋭い糸切りばさみでないとうまくできません。

月に1-2回使うかどうかの道具ですが、これがなかったらきっと色んなことがストレスだなぁと思ったら、小さなハサミですがより愛着がわきました。これからも大事に使おうっと。


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキングに参加してます。クリックで応援してもらえると嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

Theme:生活・暮らしに役立つ情報 | Genre:ライフ |
Category:モノとのつきあい | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

包丁を研いでもらってスッキリ~!

2013.12.07 Sat
自宅の包丁を、プロに研いでもらったことがある人、手ぇあげて~!

...これ、ホントに普通の30~40代主婦100人集めて聞いてみたいな。
どうだろ、100人中3-4人いればいいほう??

うちの実家の包丁だって、軽く10年は研いでませんでしたし、
いまどきは花嫁修業で「包丁の研ぎ方」なんてないだろうから、
おそらく「包丁は買って此の方研いだことはない。」
というご家庭が大多数だと思います。

でも実は私は調理師学校に通っていたことがあり
(ペーパードライバーならぬペーパー調理師ですが...)
包丁の研ぎ方もしっかり学んでおります。
で、ちゃんと研いだ包丁がいかに切れ味がよく、
気持ちよく料理が出来るかということも知っています。

でもでも。私は何度練習しても、包丁を砥石で研ぐのがヘタクソで、
必ず指先を一緒に研いでしまい、流血するのが常でしたので
自分で研ぐのはやめました。

そこで、先月の日本への里帰り時、絶対忘れずにやろう!と思ってたのが
自分の包丁を持っていってきちんとプロに研いでもらうこと。

包丁っていってもこのぺティナイフですけど...。
(過去にも書いてますが、料理に使うのはこれだけなの。
包丁は、ぺティナイフ1本で十分です』)
P1180076.jpg

これが、長いこと簡易タイプの包丁研ぎを使っていたせいで
(↓こういうやつね。)

変な風に刃元というかあごの部分がゆがんでしまって...。
P1180075.jpg
↑これはすでに研いでキレイにしてもらった後の写真だけど、
研ぐ前はあごの部分が少し白線のように出っ張っていて、
ずっと気になっていたのです。

簡易タイプの研ぎ器だと、刃幅の狭いペティナイフは
どうしても刃元の部分がうまく研ぎきれないのでそこだけ
研がれずに少しずつ段差ができてしまった、ってのが理由ですが。

まぁ理由はどうあれ、研いでもらって、すっかり切れ味復活!
「名古屋 包丁研ぎ」で検索して見つけたとある所で
お願いしたのですが、1本700円でした。私にとっては安い。

実家の包丁も一緒に研いでもらったので、母も大喜びでした。
そのときに話してたのですが「昔は近所に金物屋さんがあって
そこでやってくれたし、近所のスーパーなんかに期間限定の
研ぎ屋さんが来て研いでくれたりしたのに、今はないからねぇ...。」

確かにそうなんですよね。「研いでもらうったって、
一体どこに持って行けばいいのよ!?」って話で。
靴やカバンの修理屋さんのように、普通にそのへんの
ショッピングセンターに研ぎ屋さんがあればいいのに、と思いました。

包丁の切れ味がいいと、料理するのが3割増しで楽しくなります。
ぜひ一度、だまされたと思ってプロに研いでもらってくださいね♪


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキング参加してます。クリックで応援よろしくお願い致します♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 

Theme:快適な生活のために | Genre:ライフ |
Category:モノとのつきあい | Comment(4) | Trackback(0) | top↑ |

絵の代わりに、写真集を飾る

2013.02.08 Fri
お気に入りの写真集を、ページを開いた状態で
バスルームに飾っています。

P1150438.jpg

額に入れた絵を飾るのと違って、ページをめくるだけで
その日の気分によって雰囲気が変えられるのがいい。

P1150424.jpg P1150435.jpg
↑間違い探しのようですが(笑)本のページを変えるだけで、
空間の色が変わって「はっ」とします。

バスルームに入ると必ず目にする位置なので、
大好きな猫の写真が(しかも日替わりで!)あるだけで和みます。

ちなみに、過去記事でも紹介したことのある
Hans Silvester というフォトグラファーの写真集。
何度見ても飽きません...。

模様替えとか、絵を変えるとかだと面倒くさいですが
この方法だとすごく手軽だし、カレンダーのように
1年経ったら飾れなくなるということもないのでおすすめです。


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキング参加してます。クリックで応援よろしくお願い致します♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ


Theme:暮らし・生活 | Genre:ライフ |
Category:モノとのつきあい | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

IKEAのエコバッグを衝動買い

2012.01.29 Sun
先週買うものがあって立ち寄ったIKEAで、
ついで買いしてしまったエコバッグ。(UPPTÄCKAトートバッグ
P1120520.jpg
IKEA FAMILY メンバー価格で69セント(70円くらい)と安かったのと、
これまで使っていたエコバッグをそろそろ何とかしようと思っていたので。
P1120521.jpg
右の黒いエコバッグ。100円ショップで買って10年くらい使ってます。
軽くて丈夫で、あとさらに10年は使えると思うのですが(笑)
プチ問題点がひとつあったのです。

私は、普段黒いカバンを使っているので
その中に黒いエコバッグを入れていると見つけにくいのです。

それが小さ~なストレスになっていたので、
問題解決策として今回IKEAのやつを買ったわけです。

たたんだ状態。(黒いのはたたんでヘアゴムでくくってます)
IKEAのやつのほうが軽い。黒いのは生地がしっかりしてます。
P1120524.jpg
IKEAのは、生地が薄くてつくりがショボイ印象は否めませんが...。
でも、実はこれは毎日使うエコバッグではなく、「サブ」のエコバッグ。
カバンに入れっぱなしにするものなので、軽いほうがいい。

毎日の買い物に使っているのはこちらの
IKEAのキャリーバッグのSサイズ(今は売ってないかも)
P1120528.jpg
これ、コンパクトで軽いけどすんごく丈夫なので、
毎日仕事(カフェ)の仕入れで牛乳6本とかタマネギ1,5kgとか買って
よっこらしょ、と運んでいく私には心強いバッグなのです。


というわけで、私がエコバッグに求める3大要素。

1、軽い
2、丈夫
3、安い


であることがハッキリしました(笑)

日本にいるときはまた少し違ったのですが、
ドイツにいる現在はファッション性とか見た目の
優先度は限りなくゼロに近いです。実用第一!


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキング参加してます。クリックで応援よろしくお願い致します♪

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


Theme:北欧インテリア・雑貨 | Genre:ライフ |
Category:モノとのつきあい | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |