FC2ブログ

RSS|archives|admin

半月ぶりの更新です~

2010.05.14 Fri
あと2日で北軽井沢生活終了です。この1週間は風邪にやられて完全ダウンしてました...。

1ヶ月足らずのこちらでの暮らし。

最初の1週間は、寒すぎて活動できず。(雪降ってました...コタツから出られなかった。)

次の1週間はゴールデンウィーク突入で忙殺。(毎朝5時起きで仕事してました)

その後の1週間は疲れと寒さから風邪でダウン。(しかも声もほとんど出なくなった)

...せっかくここまで来たのだから、もっと周辺観光したり、次の仕事にむけてがんがん準備を進めよう!とやる気満々だったのですが。ほとんど何もできずに終わろうとしています(汗)

まあこれも神の思し召しというか...。立ち止まって自分を見つめ直せよ、ということだったのかも。

もう明後日には埼玉に戻り、すぐ水曜日には東京に引越し!引越しレポート、お楽しみに!?


Theme:田舎暮らし日記 | Genre:ライフ |
Category:北軽井沢暮らし(2010年春) | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

他人との共同生活における片づけ

2010.04.29 Thu
先週から北軽井沢の某別荘地に仮住まいしている私。

1ヶ月足らずの滞在ですが、実は見ず知らずの人たちとの共同生活です。まあみんな仕事つながりではあるわけですが。ここに来て初めて会った人ばかり、男女入り乱れて5人で暮らしております。

バックボーンも年齢も様々。そりゃー暮らし方も様々です。

そんなとき。やっぱり気になるのが掃除やお片づけ。

普段から片付けるタイプか、そうでないかというのが一緒に暮らすとよーくわかります。

私のような、神経質な片付け魔タイプ(笑)はそうでない人から見ればうっとうしいし、逆に私から見れば「もっときれいに使ってよ~!」とか不満に思うこともあるわけですよ。

まあでも、やはりお互い譲り合って、気持ちよく暮らすのが一番ですので。

ここは私も普段の神経質な自分はちょっと置いといて、ここならではの暮らし方をするようにしています。

家にいるときと違うのは、洗った食器をすぐに拭いてしまうことかな。家では、乾くまでほかっておきますが、ここでは次にキッチンを使う人のためにすぐに全部片付けるようにしてます。

昔、ニュージーランドでバックパッカー(安宿)巡りをしていたときを思い出します。

世界中から、色んな文化を持った人が集まる宿の共同キッチン。すぐに片付けない人もやっぱりいるわけです。そんなキッチンには、よくこんな貼り紙がしてありました。

「ここには、あなたのママはいません。食器は自分で片付けましょう」 そのとおり!

幸い、今の同居人はみんなちゃんとしているので、今のところストレスなく暮らしております。こんな暮らしも、たまには勉強になりますね~☆

読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキング参加してます。クリックよろしくお願い致します♪

にほんブログ村 その他生活ブログへ


Theme:シンプルライフ | Genre:ライフ |
Category:北軽井沢暮らし(2010年春) | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

山暮らしの天敵

2010.04.27 Tue
名古屋の実家にいた頃、私の敵といえば間違いなく「ゴキ」でした。今でも人生最大の敵。滅亡してほしい。

でも幸い、実家を離れてからはわりと寒い地域を転々としているので、ヤツに出会うことはなくなりました。

それは非常に喜ばしいことで、「もう二度と、夏に蒸し暑い地域には住むまい」と固く心に誓うほどなのですが。

そんな私の今の天敵は、ずばり

カメムシです。

あんな小さな虫ごときに、こんなに生活を脅かされるとは知りませんでしたよ。恐るべしカメムシ。

奴らは、神出鬼没。家中、いつでもどこでも出てきます。足元にも。見上げた天井にも。流しにも。気づいたら肩の上にも...(--;)

いや、別にいるだけなら害はないっちゃあないんですけど。恐ろしいのは、うっかりヤツに触ってしまったとき。

それはもう、えも言われぬ臭さ。

一瞬でも触ってしまったことを、その後2時間は後悔する悪臭。うっかり退治できないわけですよ。潰しちゃったりしたらそれこそ自殺行為です。

今のところ、私の対処方法は3つ。
①無視する←難しいです。部屋の中だとめちゃめちゃ気になる(笑)
②ガムテープ・ラザニア作戦で捕獲する←比較的安全な作戦
③床にいるのは、そのままホウキでベランダに掃き出す←また入ってきますが...

②の作戦は、ガムテープを敵の背中にそっとくっつけて、ガムテープを半分に折って敵を潰さないように閉じ込めてしまうとうもの。地道な作戦ですが、これくらいしか対処できず...。

ヤツらと共生するようになってから、家の中でめちゃめちゃ慎重に行動するようになりました。

*薄暗いときは、必ず照明をつけて足元を確認しながら歩く。
*靴をはくときは、必ず1回逆さにして振ってみる。
*洗濯物をたたむときも、必ず裏表確認してから。

まさに「振り返れば奴がいる」暮らしです(年がばれるって)。落ち着かないことこの上なし。

なんか、あれみたい。スーパーマリオに出てくる一番弱い敵。のろのろ歩き回ってるだけで、飛んだり追っかけてきたりはしないんだけど、うっかり触っちゃうとゲームオーバーなの(笑)

まだカメムシの脅威を知らずに済んでいる都会のみなさま、もしちょっと田舎の旅館なんかで奴らに出会ったら、この記事を参考に対処してみてくださいね~。


ついついアツくなって長くなってしまいました(笑)
読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキング参加してます。クリックよろしくお願い致します♪

にほんブログ村 その他生活ブログへ

Theme:田舎暮らし日記 | Genre:ライフ |
Category:北軽井沢暮らし(2010年春) | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

キジが横切る田舎道で考える

2010.04.24 Sat
みなさん、キジって動物園以外で見たことありますか?
images[1]
↑いわゆる、「桃太郎」に登場するコイツです。

日本の国鳥に指定されているだけあって、(今Wikipediaで調べて初めて知りました ^^;)ちょっと田舎に行くと、けっこう普通に道を歩いてるんですよね。

私が去年まで住んでいた河口湖のアパートの目の前の畑にもいつもいました。つがいで仲良く歩いているのをよく目撃。

やっぱり初めて見たときは、あまりのカラフルさにびっくり。「動物園にいるのと一緒だ!!」と一人興奮(笑)

そんなキジ、やはりここ北軽井沢も田舎ですのでけっこういます。一昨日は車で走っていたら目の前をすごい速さで横切っていきました。

危うく轢いてしまうところだった...そしたらキジ鍋(笑)??

ん?そういえば、日本ではキジが国鳥なのに食べちゃうの?と思ったら。

Wikipediaに驚きの情報がっ。
以下引用

『国鳥が狩猟対象となっているのは、日本だけという。国鳥に選ばれた理由の一つに「狩猟対象として最適であり、肉が美味」というものが含まれる。』

だそうな...。なんとまあ。そんな理由で国鳥!

さらに。『日本のキジは毎年、愛鳥週間や狩猟期間前などの時期に大量に放鳥される』って、「愛鳥」のためと「狩猟して食べるため」ってものすごい矛盾っ。勉強になりました...。



Theme:田舎暮らし日記 | Genre:ライフ |
Category:北軽井沢暮らし(2010年春) | Comment(4) | Trackback(0) | top↑ |

山の中でもカラス×ゴミは厳重注意

2010.04.23 Fri
今いる別荘の前の道。右を向いても左を向いてもこんな感じ。

P1070092.jpg

要するに森の中です。

なので、小動物パラダイスでもあり、野鳥はもちろん部屋の窓からリスが見えたりもします。

でも。別荘地=人がいる=生ゴミが出る、のでカラスもわんさかいます。

にっくきカラスどもは、隙あらばゴミを漁ろうと常に待ち構えているのですよ。(都会にいても同じですね)

ゴミの収集は、週に3回家の前にポリバケツを置いておけば収集車が来て持っていってくれるのですが、去年も数度、バケツのフタがしっかりしまっていなかったためにカラスが荒らして大惨事になったことが...。

さて。昨日の朝のこと。今別荘で同居している人が犬を飼っています。彼女は前の日から留守だったのですが、空になったワンちゃんのエサ袋の中に、ゴミを入れて何の気なしに玄関前に置いて出かけていました。

昨日の朝、出かけようとドアを開けた私の目に飛び込んできたのは...

ワンちゃんのウ○チを入れたビニール袋が玄関ポーチのあちこちに散乱しているという光景...

なんてこった。こんなモノまで漁るの~!?

でもよく見ると、ゴミの中にひとつだけ、コンビニ弁当の容器が。たぶん、その匂い(もしくはそもそもゴミを入れていたエサ袋の匂い)にカラスが来てしまったよう。

幸いウ○チ袋は、破れたりしていなかったので拾って回収するだけでなんとかなったのですが、いや~相変わらずカラス共はアグレッシブだなぁと再認識した北軽井沢2日目の朝なのでした。



読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキング参加してます。クリックよろしくお願い致します♪

にほんブログ村 その他生活ブログへ


Theme:田舎暮らし日記 | Genre:ライフ |
Category:北軽井沢暮らし(2010年春) | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |