FC2ブログ

RSS|archives|admin

ガストロラックス・バイオタンのフライパンを再コーティングしてもらいました

2019.05.05 Sun
3年前に買って、毎日のように愛用していたフライパン。(そのときのブログ→『フライパンを「Gastrolux(ガストロラックス) バイオタン」に買い替えました。』

コーティングに傷をつけないように気をつけて使っていますが、やはりちょこちょこ細かい傷が目につくようになり。

↓パッと見わからないですが...

DSC_9538.jpg

↓調理する部分は剥がれてきてるわけではなく、まだ快適に使える状態ではあったのですが。

DSC_9539.jpg

↓フタがあたるところが剥げかけてきて、気になっていました。

DSC_9540.jpg


でね。このバイオタンのフライパン、日本にも正規代理店(→こちら☆)があって「『こびりつかない』を2年間保証」で販売されていますが。


ドイツの正規オンラインショップ(https://www.gastrolux-shop.de)では3年間保証がついているのに加えて、「BIOTAN Plus」シリーズは再コーティングがしてもらえるのです!

あ、有料ですけどねもちろん。詳細はこちら(→ドイツ語ページ)

繰り返し再コーティングしてもらえば、本体を処分する必要がないのでエコだし、お高いフライパンも長年使えば元を取れます。


というわけで今回、私が日本に一時帰国している間に再コーティングしてもらうことに。
HPから依頼連絡をして送り状を送付してもらい、梱包して送ると、2~3週間後に請求書同封で戻ってきます。


↓届いた状態はこれ!

DSC_9652.jpg

...っていうか、再コーティングじゃなくて新品と交換してない?????


と思ってしまうほど、きれいな状態に(*_*)!

ハンドルも取り換えてくれてるし、底面はこんな感じだったのが↓

DSC_9542.jpg

↓こうなっている!!え?ほんとにこれ磨いただけ?

DSC_9655.jpg

ちょっとね、ぶっちゃけ私は「これは新品を送ってきてるだろう。」と思ってますよ、はい。


↓底面にはこんなフィルムも貼ってあったしさ...。

DSC_9654.jpg

とにかく結果は、私はまた新品同様のピカピカのフライパンを手に入れ、それに対して支払ったのは「再コーティング料金 45,75€」と「送料(片道分)4,95€」の合計 50,70€です。

同じフライパン(26㎝の深型、IH非対応)を新品で買うと99,50€なので、まぁ新しく買うことを考えたら半額で済んでるわけです。

DSC_9656.jpg

使い心地にはとても満足しているので、これからもずっと使い続けます。私のフライパン選びの3基準もばっちり満たしていますので!

1、こびりつかなくて手入れがラクなこと 
2、直径26㎝、大きさと深さがしっかりあって 焼く・炒める・煮るなど色々使えること 
3、料理が美味しく仕上がること


重いと感じる人は多いかもしれません。でも中華鍋みたいに振ったりしないし、安定感があって私は好きです!

日本ではやはり割高になりますが。IH対応か非対応か?でも価格が違いますので気をつけて。
サイズや形も色々あります!私のは26㎝深型、IH非対応、取っ手の取り外しはできないタイプ。





読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキングに参加してます。クリックで応援してもらえると嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

Theme:日用品・生活雑貨 | Genre:ライフ |
Category:私のモノ選び | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

MANDARINA DUCK(マンダリナ・ダック) のバッグを1年前から愛用中

2019.03.25 Mon
 ちょうど1年くらい前に買って、すんごく気に入ってる MANDARINA DUCK(マンダリナ・ダック) のバッグ。ずっとブログに書こうと思いながら1年経過(^^;)

 イタリアのブランドらしいのですが、ドイツの全国チェーンのデパート KARSTADT で2年くらい前から取り扱いするようになって、ちょこちょこ見かけるようになりました。(KARSTADT オンラインショップこちら☆

 私は10代の頃から Y'SACCS とか SAZABY のナイロンの軽くてシンプルな黒いバッグが大大大好きで (人の好みって変わらないものですね...(^^;))、そんな私のツボにはまりまくりの MANDARINA DUCK「HUNTER シリーズ」

 ↓この写真じゃ形がわからないけど(-_-;) 大き目のざっくりショルダーで、ナイロンだけど高級感のある素材で安っぽさなし。
DSC_9504.jpg

↓ホントはこんな形でたくさん入る。
VCT10-651-01-PRDT.jpg
(画像はHPからお借りしてます)

↓しかも、これがそのままリュックにもなるのが私のドツボ!
DSC_9505.jpg

↓実物を見ないと構造がわかりにくいんだけど、この形状でリュックとして使うと、簡単には口を開けられないからスリ対策にすごくいい作りなの!
VCT10-651-02-PRDT.jpg
(画像はHPからお借りしてます)

 日本に一時帰国するときは、このカバンで街歩きのときはショルダー、プチ旅行で歩き回るときはリュック、と2ウェイで使いまくってます。金具を外したり付け替えたりする手間なく、一瞬で違うスタイルにできるのがすっごく便利!


↑日本のAmazon 商品詳細の参考に。ドイツで買えば135ユーロ(約17,000円)


 上のタイプを買って半年くらい経ってから追加で買ったのが、このやや半月形のショルダータイプ。これがまた、めっちゃ使いやすい!
DSC_9506.jpg

 斜め掛けにするとなめらかに体に沿って、軽くて邪魔にならない。

 でも財布やスマホ以外に折りたたみ傘、カメラ、ペットボトルを入れても余裕な大きさでポケットもたくさんあって、しっかり口がジップで閉められて...。 これ海外旅行に必須なタイプ!!

 というか日常生活が海外旅行な私としては、最近のお出かけにはほとんどこのバッグです。物の出し入れもしやすくてノンストレス!


↑これはドイツで定価105ユーロ(約13,000円)だけど、今見たらKARSTADTのオンラインショップがセール中で80ユーロ!(ちょっと悔しい。) ドイツ在住の人はチャンス~!


 ちなみにどちらも、体の左側にバッグを持つ人向けです!=左側に持ったときに、ジップの開け口が体の前に来るタイプなので。(これは、防犯上 バッグを選ぶ際にチェックする重要項目。)


 いやそれにしても。ほんと軽いバッグに慣れると、重いバッグに手が伸びなくなります。5年前に買って大活躍したBREE のターポリンショルダーバッグは、上のショルダーを買ったのを機に手放すことにしました。年齢的に、少し相応しいものにしようというのもあって(^^;)。

↑これもほんと使いやすくて大好きなんだけど。少しはマダムらしくしようかなと思ってね...。


 どんだけ黒いカバンの写真を並べてるんだ私(笑)。一応白とかベージュのバッグも持ってるんですけどね。持ってるんだから使えばいいんだけどね...。どうしても使いやすいお気に入りに手が伸びるんだよね......。


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキングに参加してます。クリックで応援してもらえると嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

Theme:日用品・生活雑貨 | Genre:ライフ |
Category:私のモノ選び | Comment(3) | Trackback(0) | top↑ |

やっぱり日本でないと買えないモノ色々。うちの生活必需品たち

2019.02.21 Thu
 もう2月も下旬!また来月後半から一時帰国なので、日本で買うものをちょいちょい気が付いたときにメモしてます。

 Googleカレンダーでスケジュール管理してるので、「日本で買うもの」という予定を作ってそこに書きこむスタイル。

 オンラインで買うものが決まってるならリンク先も貼って。あとは「100円ショップで買うもの」とか「食品系」とか、全部そこに書いておけば外出先でスマホからも見れるし、買ったものから消していけば買い忘れなし☆


 何か新しいものをゼロから探して買うというよりは、ベルリン生活で必要なものとそうでないものがもうだいたいわかっているので、気に入っているものをリピート買いすることが多くなってきました。


 今回絶対買いたいのはこれ!ミニサイズの、シリコン泡立て器。13~14㎝くらいと小さいの。
awadate.jpg

 数年前にどこかの100円ショップで買ったのですが、すごく使い勝手がよくて。

 コーヒーに入れるミルクを、鍋で温めてこれでシャカシャカっと混ぜると簡易ながらもフォームミルクができるので愛用していたのですが、シリコン部分が破れてきてしまったので買い替え。


 シリコン製といえば、この貝印のゴムベラはもうずっと愛用していて今使ってるのは3代目。私のキッチンの必需品。継ぎ目がなくて清潔だし、ヘナヘナしてなくてとにかく使いやすく、これがなければお菓子作る気にならない。


 今のもすでに何年も使っているから、急にガタがきたら困るなと思って、ひとつ予備として新しいのを買っておくことに。

 で、数日前にamazonの「欲しいものリスト」に入れたのですが、今日見てみたら200円以上値段が下がってる!ので、慌てて今日注文しました(^^;) どういうタイミングで変動するのかわかりませんが、安い日に買うとほんとお得...。(リストに入れた日は1200円くらい、今日は943円でした。ちなみに定価は1500円くらい!)


 ついでに別の愛用シリコンスプーンも見ておくか、とページを確認したら「あわせ買い対象」になっててこちらも安い!定価だと1,000円以上するけどあわせ買いなら697円。


 これも我が家の必須アイテムで、今2本あって毎日活用中。ベビー用のシリコンスプーンはよくあるけど、これは大きめで柄も長く、背の高い瓶に入ったヨーグルトやジャムがきれいにすくえます。耐熱なので、フライパンの中のソースを混ぜたりするのにも便利!なので、これも予備として1本ポチりました。


 でね、amazonの「あわせ買い」って合計2,000円以上買わないと割引にならないんですよ。なのであとひとつ何か買わなきゃ...。と、注文履歴を見返しつつ。


 あっこれこれ!うちの永遠の定番品!!私の快適生活必需品!!!


 これも消耗品だから常にストックしておかないと、落ち着かない。

 ↓ ↓ ↓


(私がこの商品をアツくおすすめする記事はこちら→『マーナSLIMトイレブラシ、いいです!ドイツまで持ってきた甲斐がありました☆』


 というわけで、この3つで無事に2,000円超えたので実家に届くように注文しました。

 日本に住んでいたらすぐに新しいのが買えるからストックはしないですが、ドイツで手に入らないなら予備を置いておきたい。

 こういう地味~な生活の道具にこだわることが、私にはけっこう大事なのだと再確認。



読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキングに参加してます。クリックで応援してもらえると嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

Theme:日用品・生活雑貨 | Genre:ライフ |
Category:私のモノ選び | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

ドイツの冬の乾燥肌、今年はこれで乗り切ってます

2019.02.14 Thu
 毎年、乾燥して唇の皮がめくれてくると「冬が来たなぁ」と感じます(^^;)。

 ドイツに住み始めた頃は、とにかく肌が寒さと乾燥に慣れていないので肌がボロボロで大変でしたが、もうこちらの気候や水にも慣れたのか、以前ほどの肌荒れはしなくなりました。

 それでも、いったん昨秋の日本帰国から戻ってきたときには急激な環境の変化で顔の肌が乾燥してカサカサになり、かゆくなるほどに💦

 そのときにすごく頼りになったのが、ヴェレダのスキンフード



 とにかく、ひどい乾燥にはコレ!!

(別ブログでも大プッシュ記事を書いたので、詳しくはこちらを。⇒「ドイツで買えば安い!オーガニックコスメの定番、ヴェレダの『スキンフード』」

 そしてこれを塗る前のクレンジングと化粧水も、乾燥&敏感肌対応のものにしてます。
 
 クレンジングと化粧水は最近だいたいこの組み合わせ。
_20190213_181449.jpg
今は夫もスキンフードを使っているので減るのが早い!

 無印の高保湿化粧水は日本から持参。しっとりさせるのが目的で、ケチらず使えて無香料で安いので1年ほど愛用。

 右側のは水クレンジングで、日本でも有名なフランスのビオデルマのものに似ていますが、ガルニエというフランスメーカーのもの。コットンにたっぷり出してふき取るタイプで、肌に刺激がなく汚れもよく落ちます。

 まぁビオデルマの二番煎じなのだと思いますが、両方を同時期に使ってみて比較した結果、どちらも使用感は似ているけどガルニエの価格はビオデルマの1/2~1/3という安さ。気に入ってこれも1年くらいリピートしてます。(ドラッグストアのRossmannで安売りしてるときだと3,20ユーロくらいで買えます☆) ちなみに、dmにも類似品が売ってますがそちらはふき取り中に泡立ってきてビックリ (*_*)

 この水クレンジング、コットンでふいた後は水洗い不要でそのまま乳液などに進むのが正しい使い方なのですが、私はどうしても気になるのでさっとぬるま湯で流してますが...。

 同じクレンジング→化粧水でも、そのあと別のクリームを使った日は乾燥でかゆく感じたのですが「やばっ」と思ってスキンフードに戻したらすぐに良くなったので、やはりスキンフードパワーが一番スゴイと感じてます。

 こってこての硬めクリームをじっくり手のひらで温めて顔にのせたときの、かんきつ系の香りがすごく好きで癒され効果も抜群♡

 ドイツで肌の乾燥に困ってる方、騙されたと思ってスキンフード、一度お試しください。

 


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキングに参加してます。クリックで応援してもらえると嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

Theme:ドイツ生活 | Genre:海外情報 |
Category:私のモノ選び | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

Handmade in 京都! 辻和金網の「手付焼網」ドイツで愛用中

2019.01.14 Mon
 もう1年以上前に、日本で買ってきたこちら。

 京都の伝統工芸でもある、金網細工の老舗「辻和」の焼き網!

kanaami.jpg
写真は辻和のHPからお借りしています

 機械による大量生産ではなく、現代も職人さんによって手造りされている逸品。見た目も美しく、丈夫で使い勝手がいいので雑貨のセレクトショップなどでも見かけますね。

 焼き網って、別になくても困らない家庭も多いでしょうし「何に使うの?」と思うかもしれませんが。けっこう何でも焼いてみればOK!のようで。

 例えば最近は、「コンロに焼き網をのせて焼いたトーストがめっちゃ美味しい!と話題になっているようです。
こんなサイトとか。→『カリッ、ふわっ、香ばしい!そう、【網焼きトースト】は魔法のような“しあわせの味”』



 ....でも。私がこの 4,000円もする高級な焼き網を選んで買った理由は、ドイツでこれを焼くため。

DSC_8876.jpg

 ↑これ。



干しイモです(笑)

DSC_8879.jpg

 えぇ、好きなんですよ。干しイモ。(というかサツマイモが好き。そしてドイツでは美味しいサツマイモが手に入らない。)

 でね、いつも日本の実家に帰ると、両親が私のためにたくさん干しイモを買っておいて持たせてくれるんですよ(ありがたや~)!!

 そしてベルリンへ持って帰ってきて大事に少しずつ食べるんだけど、やっぱり干しイモって少し炙ったほうが柔らかくなって美味しい。

 でもうちにはオーブントースターはないし、100円ショップで買った普通のペラペラ1枚の焼き網でコンロで焼くと火が近すぎてソッコー焦げるんですよ。

 それで色々調べるうちに「この焼き網ならいいんじゃないか...!?」と思って、わざわざ京都の本店から取り寄せましたよ。干しイモを美味しく食べるために!!

 結果、大満足です♪

  目の細かい下の網が火のあたりをやわらかく分散しつつ、3㎝の高さがある上の網に干しイモを置くことで、ゆっくりしっかり焦がさずに炙ることができるようになりました!

 せっかくいい焼き網を買ったのだから、野菜も焼いてみよう☆ お餅やトーストも焼いてみよう♪ と思いながら1年ちょい。結局干しイモ以外は何も焼いてないのですが(笑) 自分的にはとっても満足。これ絶対20年は壊れたりしなさそうだし。

 オーブントースターを買えば済んだ話なんですけど、置く場所ないし。毎日使うものでもないし、せっかくだから古き良き日本の道具を使ってみたかった、ってのもあります。

 ちなみに、うちの両親がいつも買っておいてくれる干しイモはこちら、ティーライフという会社のもの。
パッケージが変わってるようですが、私が撮った写真のパッケージは2018年の秋のもの。




 原料は静岡県産のサツマイモ。のみ。砂糖や添加物、ゼロ。当たり前のようで、なかなか売ってないんですよ~国産無添加、そして価格がお手頃でおいしい干しイモって!

 私ちょっと干しイモの味にはうるさいので(笑)。もちろん農産物なのでロットによってけっこう硬さとか甘さには差がありますが、それも含めての無添加なので安心して美味しくいただけます。干しイモ好きな方は一度お試しください♪


 焼き網をおすすめするようなタイトルで最終的に干しイモの話になりましたが。 辻和のHP(http://www.tujiwa-kanaami.com/)を見てみたら、全国のデパートの催事にちょこちょこ出展されているようなので、「長く使える美しい台所道具」が好きな方は足を運んでみては^^? (地元名古屋のみんな~、1/23~1/27 は名古屋三越に出展らしいよ!)


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキングに参加してます。クリックで応援してもらえると嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

Theme:**暮らしを楽しむ** | Genre:ライフ |
Category:私のモノ選び | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |