RSS|archives|admin

10/28(土)大阪、10/29(日)神戸にて 初のトークイベントやります!

2017.10.03 Tue
 もうすぐ恒例の秋の一時帰国です♪ で、今年はベルリンガイドとして初の著書(こちら☆)が発売になったことや、ライター久保田由希さんと一緒に情報発信しているおさんぽベルリンのFacebookページへの「いいね!」が1,000件を超えた記念として、2人でトークイベントを開催することが決定いたしました☆

osanpoevent.jpg


 10/28(土)は、大阪・難波にある人気雑貨店/ギャラリー「オソブランコ」さんにて15時から!

 関西の雑貨好きならきっと誰もが知っている「オソブランコ」には、ハンドメイドのオリジナルポーチやバッグ、ヨーロッパで買い付けたヴィンテージ雑貨、紙モノなどが店内にぎゅーーーっと詰まっていて、まさにベルリンの蚤の市のようなワクワクする空間。(オリジナルハンドメイド雑貨の「たべもの」シリーズは必見!リアルに美味しそうすぎます。)
HP・オンラインショップはこちら☆ www.osoblanco.jp

 こちらでは「ベルリンと雑貨」をテーマに、蚤の市のことやら生活雑貨のことやら、元ライフオーガナイザーとしての目線も混ぜつつベルリンでの暮らし方などもお話できたらいいなと案を練り中!

IMG_2034.jpg
蚤の市や雑貨の写真もたくさんお見せする予定です☆


10/29(日)は神戸・住吉にある素敵ショップ「DIEGO」さんにて15時から!

ちなみに「DIEGO」はただのインテリアショップではなく、空間デザイン(店舗内装、住居リノベーション)や不動産営業、さらにめちゃめちゃカワイイ子供服(+オトナ服)のショップも経営しているというマルチオシャレカンパニー。オーナー夫妻のセンスが素晴らしく、今回のトークイベントとは関係なく、ぜひ多くの人に足を運んで&知ってもらいたいスポットです。

HPはこちら☆www.the-diego.com
diego不動産 diego-fudosan.com
コドモフクdiego diego-store.com

 「ベルリンとインテリア」をテーマに、日本の住宅事情と欧米の家具を合わせるコツや、ラクに楽しく暮らす考え方なども盛り込もうかなと考え中~。

IMG_1462.jpg
ベルリンならではのミックスインテリアについては、久保田さんがすごく詳しいのでお楽しみに!


 詳しい開催日時や会場、料金、申し込み方法についてはおさんぽベルリンのブログをご覧ください。
こちら⇒日本でトークイベントします!「おさんぽベルリン go to Japan!」


 ベルリンに興味がない方でも、雑貨やインテリアに興味がある方ならきっと楽しんでいただけます。両会場とも先着25名様限定ですので、お早目のお申し込みをお待ちしていますね☆


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキングに参加してます。クリックで応援してもらえると嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

Theme:雑貨・インテリアの紹介 | Genre:ライフ |
Category:ベルリン特派員 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

初の著書「ヨーロッパ最大の自由都市 ベルリンへ」が発売になります!

2017.08.28 Mon
前回お知らせした、私の初の著書になるガイドブック。

2017年9月4日発売になりますが、すでにAmazonにもアップされていますので紹介させてください!

「ヨーロッパ最大の自由都市 ベルリンへ」


↑写真をクリックするとAmazonのページが開きます
本書で紹介している内容については、イカロス出版のページをご覧ください⇒☆


まだ自分も完成品を見ていないので、どんな仕上がりになってるのか早く見たくてしょうがないのですが(笑)。

この本は、もし私の友達がベルリンへ遊びに来るならどこに連れて行ってあげたいだろう? と考えながら、掲載スポットを決めていきました。

20~40代の女性がターゲットですが、多分男性も同じように楽しめる内容になっています。(私の個人的な嗜好で、ビールに関するページがやや多めになっておりますが...笑。)

ベルリンという街自体がなんというかユニセックスな魅力にあふれた街なので、デザインもちょっとカッコよくしてもらいましたよ。


ちなみに今回私が書かせていただいたイカロス出版の「旅のヒントBook」シリーズは、いわゆる観光スポットを網羅した一般的なガイドブックとは全く違い、現地在住の著者がそれぞれの目線で選んだおすすめスポットを紹介していて、どれも読み応えがあって素敵な本ばかりなんです。

   

そんな素晴らしいシリーズに、私の本も加えていただけることが本当にありがたいです!

176ページ、ベルリンという街の魅力と楽しみ方を伝えるべく、がんばって書きました(写真も私が撮影しました!)。ベルリンに興味のある方はぜひお手に取ってみてください。

そして、もし「いい本だな」と思っていただけたら、良かった点などをAmazonのレビューに書いてくださると嬉しいです!




読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキングに参加してます。クリックで応援してもらえると嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ


Theme:ドイツ生活 | Genre:海外情報 |
Category:ベルリン特派員 | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

Hiroshi Toyoda さんにプロフィール写真を撮ってもらいました

2016.06.30 Thu
 もう2か月前になりますが、ベルリン在住フォトグラファーの Hiroshi Toyoda さんにプロフィール写真を撮っていただきました。

 とある快晴の1日、なるべく「さわやかで気さくなガイドさんっぽい」写真になるように、とあちこち移動しながら撮ってもらった一部がこちら。(えぇ、もろもろ修正済みです~)

カフェ

 Toyodaさんとは数年前から飲み友達なので、変に緊張せずに普段のままを撮ってもらえたのは良かったです。(逆に、私がバカ笑いしすぎて「さわやか」な写真はあまり撮れなかったのですが...(^^;) )

門

 いや、それにしてもプロの仕事はすごいですね。 その時々、その場所での光の加減やらなんやらを見極めて、「こう撮ったらこう写る」というのが頭の中に見えている。

ビール

 たくさん撮ってもらった中から、友達にFBで「このガイドさんにお願いしたい、と思う写真を選んで!」と投票してもらった結果は、ビール片手に笑顔の写真。「これが一番、素の本人を表してる」と......。自分でもそう思いますが(笑)。


 Toyoda さんは料理写真を得意としていて、彼の撮影する料理は本当にキレイ!!!ものすごくセンスが良いです。ぜひHPを覗いてみてほしい。
toyoda.jpg
photo by Hiroshi Toyoda

 ベルリン市内だけでなくドイツ各地での出張撮影も可能だそうなので、ポートレートを撮ってほしい方はもちろん、レストランのメニュー写真などを撮って欲しい方は、ぜひToyoda さんにコンタクトを取ってみてください。素晴らしい腕前ですが、気さくで面白い方です! Toyoda さんのHPはこちら⇒http://www.hiroshitoyoda.com/ Facebookはこちら


 というわけで、このブログのプロフィール写真も変更しました。スカした顔なのでガイドとしてはボツになったけど、私のお気に入りです♪ また数年して実物と写真の相違が大きくなりすぎたら、Toyoda先生に撮影してもらいたいなー。


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキングに参加してます。クリックで応援してもらえると嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

Theme:食べ物の写真 | Genre:写真 |
Category:ベルリン特派員 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

ベルリンの知名度アップのため、またひとつサイトをつくっちゃいました。

2013.06.08 Sat
一体何度目になるのやら、私が運営する別ブログやらサイトのお知らせ...。
でも、また作っちゃいましたよ新しいサイト。

しかも、今回はベルリン在住のライター久保田由希さんとコラボ!
そもそもの発端は、私たち2人で会う度に話していた

「それにしても、ベルリンの魅力って
ホント日本人にはまだまだ知られてないよね...。」


というため息交じりの会話。

片や、ベルリンガイドとしてベルリンに来る(数少ない)日本人旅行者を
受け入れる立場として。片や、ベルリンを拠点にドイツのライフスタイルを
日本人に向けて発信するライターとして。それぞれ、日本に向けて
ベルリンの情報を発信する中で日々実感しているのは、

多くの日本人が「ベルリンに対して抱いているイメージ」
⇒ 暗い・寒い・怖いの3拍子(冬が長くて暗くて寒いのは否定しませんが...)
⇒ 「そんなところの何が面白いの? 
 それより、やっぱオシャレなのはパリとか北欧でしょ~♪」

 (パリも北欧も、ベルリン同様に冬が長くて暗くて寒いじゃないか...)

という考え方が、がっちり主流になっているということ。
だって、すでによいイメージ(憧れ)が出来上がってますからね。
そんなパリや北欧にダメ出しするつもりは一切ありませんが、

世界的に見れば、ヨーロッパの旅行先として現在
最も注目されている街はベルリンなのです!!!


ってことに、いつになったら日本人は気づくのか?と。
いや、気づいている人はすでにたくさんいて、
その先端を行く人達はとっくにベルリンを訪れているのだけれど、

その事実が大多数の日本人に伝わるまで、
いったいあと何年かかるのか??と。


それに業を煮やして、「こうなったら自分達でベルリンの良さを広めよう!」
と思ったのが今回2人でコラボしてサイトを立ち上げたきっかけです。
これまでにも、それぞれが地道に活動していましたが、
2人でやれば2倍以上のパワーが出るかな?と期待して。

というわけで。いつもどおり前フリが長くなりましたが
こちらがそのサイト。

おさんぽベルリン(←クリックするとサイトへ飛びます)
header.jpg
↑この写真は、とあるカフェのインテリアから。カフェ好き・インテリア好きにはベルリンはたまらないはず!

ベルリンでは、観光バスに乗ったって全く面白くありません(バッサリ)!
自分の足で、ベルリンならではのゆったりとしたリズムとエネルギーを感じながら
歩くことでしか見えてこない魅力が満載の街なので、「おさんぽ」がキーワード。

私のブログを通じて、ちょっとでもベルリンという街に興味を持ってくれたなら、
ぜひ「おさんぽベルリン」を覗いてみてくださいね。

そして、facebookのアカウントをお持ちの方は「頑張れよ~!」の
応援がわりにサイト内の「いいね!」ボタンをクリックしてもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
↑ついでにこちらもポチっとお願いします!

ブログが増えて、更新頻度が下がる一方の(^^;)こちらの
「トイレは座って使いなさい」も、もちろんゆる~く続けてまいりますので
どうぞよろしくお願い致します♪ とりあえず、明日からは母が遊びに来るので
しばしお仕事をお休みして、たっぷり「初夏休み」をいただきます!


Theme:ドイツ | Genre:海外情報 |
Category:ベルリン特派員 | Comment(6) | Trackback(0) | top↑ |

ブログ復活!

2013.05.08 Wed
1ヵ月ぶりのブログ更新です!
いや~、なんだか気ぜわしいひと月でした。

気が付けば、ベルリンはすっかり春!!
青空と新緑がまぶしすぎます~。
P1150907.jpg

なぜそんなに気忙しかったかというと、実は人生初、
日本の某テレビ番組の撮影お手伝いの仕事があったからです。
(残念ながら番組詳細についてはまだ記載できないのであしからず。)

P1150908.jpg

そのため、撮影スポットのリサーチやら根回しやら諸々で
物理的に仕事が増えて忙しかったのに加えて、この番組では
案内役である私と私の自宅も撮影するとのことで...

この1ヵ月間は、ハッキリ言って プチパニック でした。

キャー、家中掃除しなきゃ!うわっ、肌がボロボロ...Σ( ̄ロ ̄lll)
あぁ~、何を着ればいいのー!!ってか、ファンデーションすら持ってないし!!!


と、ひたすら焦りまくって準備に追われた日々だったのです。
これがねぇ、準備してもしても終わらないんですよ。

しかも付け焼刃の美容強化月間も虚しく、4月後半には風邪をひいてしまい
鼻のかみすぎで鼻は赤くなるわ、咳が止まらないわで大ピンチ。
まあ最終的にはギリギリ持ち直したのですが...。

撮影直前の数日は、そんなこんなの色んなプレッシャーでかなり
ピリピリしていたと思います。ダンナには迷惑をかけました(^^;)。

そして当日は、快晴のベルリンを2日間歩き回って無事に終了。
(晴れ男というのが本当に存在するということを知りました!)

役目が終わり、本当にホンットにほっとしました...!
夜家に帰ってきて、あんなに「バタンキュー」な状態になったのは
久しぶりです!日本で仕事していた頃を思い出しました(笑)。


さぁ、これで「減酒」期間も終了!!
お祝い(?)に、中華料理を食べに行きました。
そこに大好きな白ビール。

うまー!!!
P1150923.jpg
この巨大に見えるビールグラス↑が、500ccのごく普通のドイツサイズです(笑)

というわけで。やっと肩の荷が下りて、日常のリズムを
取り戻しつつあります。ブログもぼちぼち更新します。

はぁ~。せっかくベルリンも桜が満開だったのですが、
心が落ち着かなくてまともに楽しめませんでした。
でも、庭のリンゴの花はこれからが見頃!
しばし、のんびりとした春を満喫します♪

P1150935.jpg

読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキング参加してます。クリックで応援よろしくお願い致します♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 

Theme:ドイツ | Genre:海外情報 |
Category:ベルリン特派員 | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |