RSS|archives|admin

ビーガン仕様のフルーツブレッド

2017.01.26 Thu
 冬の間、自分の朝ごはん用にちょくちょく焼いてるフルーツブレッド。ドライフルーツとナッツぎっしりで、2枚食べれば十分満足なボリューム。

thumb.jpg

 もともとは、クリスマスマーケットで買って食べたフルーツブレッドがものすごく美味しかったので、自分で家で作れたらいいなと思ってレシピを色々調べて作り始めたのが最初。

 以来テキトーに試行錯誤しつつ、なかなかあの食感とふんわり感は出ないのですが、それでもある程度美味しいと思えるものが焼けてるので、備忘録も兼ねてここにレシピを書いときます。(もっと美味しくなったら書き換えますね...。)

DSC_5009.jpg

<ビーガンフルーツブレッド材料>
*長さ22,5×幅8×高さ7㎝のドイツサイズのパウンド型1本分。
(この分量で一回焼くと、20スライス分くらいできてしまいますので、一人で食べてると10日くらい持ちます (^^;) )

・ドライフルーツ 色々合わせて 400g
 (レーズン、いちじく、プルーン、アンズ、デーツ、クランベリーなどお好みで)
・リンゴジュース 300㏄
 (市販のでOK。リンゴピューレでも可)
・オレンジ果汁と、皮のすりおろし 1/2個分
 (なければ、少しリンゴジュースを増やす)
・アーモンドプードル 100g
 (これはあったほうがよい)
・ディンケル小麦粉 200g→変更:150g
 (小麦粉や全粒粉でもOK。私はそのとき余ってるきなことかも適当に混ぜちゃいます(^^;))
・ベーキングパウダー 小さじ1と1/2
・シナモン、カルダモン、クローブのパウダー 各小さじ1/2~1くらい。好みで。
・ナッツ類 50~100g
 (ヘーゼルナッツやクルミ、アーモンドなど。1種類だけでもOK)

DSC_5010.jpg

 作り方は簡単。

1、レーズン以外のドライフルーツをハサミで小さくカットして、全部ボウルに入れる。そこにリンゴジュース、オレンジ果汁、皮のすりおろし、好みでラム酒やブランデーもどばっと大さじ1~2くらい入れて、30分くらい置く。

2、その間に粉類を合わせてふるい、ナッツは粗く刻む。型に紙を敷いて、オーブンを190℃~200℃に余熱する。

3、粉類に1を入れて混ぜる。途中でナッツも入れて混ぜる。型に入れて平らにならして、40分くらい焼く。

以上!

DSC_5011.jpg

 出来上がり。うちでは、冬なら室温のままでカビもはえずに7~8日日くらい平気で持つので型に入れたままテーブル上に保存してます。

 どっしりみっちりした感じの食感なので、多分もっと粉を減らしつつベーキングパウダーも増やしたりするとよいのだろうけど。この店のフルーツブレッドの原料詳細を見ると→https://www.lebegesund.de/fruechtebrot.html大体の配合がわかりますね。次回はこれを参考に作ってみます。

 ここ1年以上、朝は自分で作ったマフィンやらこのフルーツブレッドやら、甘さ控えめパウンドケーキとかを食べてます。ドイツパンに飽きてるというか、いちいちバターとかジャムとか何か塗らないと食べられないパンが面倒になったのも理由のひとつです。でもマフィンとか焼くのは全然面倒じゃないんですよね...(^^;)。

 あっ、私は全然ビーガンではなく思いっきり肉食ですが、あまり砂糖がどーんと入った甘いものが好きではないのです。ビーガン対応レシピだと、たいてい砂糖も不使用もしくは使用量が少ないレシピが見つかるので助かります。


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキングに参加してます。クリックで応援してもらえると嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

Theme:ヴィーガン・オーガニック | Genre:グルメ |
Category:かんたんレシピ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

トルコのパンを使った簡単ピザが意外な美味しさだった

2016.12.19 Mon
 ベルリンのトルコ系スーパーに行くと必ず売ってる、このパン。美味しくて大好きなので、よく買います。

DSC_4921.jpg
ドイツ語で、「Milchfladenbrot ミルヒフラーデンブロート」という名前で売られていますが、トルコ語名?がわかりません

 ドイツパンにはない、ほどよいモチモチ感と香ばしさ。フォカッチャに近い気がする。オリーブオイルをつけながらこれだけでワインが飲めます♪

 でも、巨大だから(長さ50㎝はある)一度では食べきれず、日がたつとやっぱり硬くなってきます。

 先日も半分残ったパンがあって、「どうしよっかなー。」と思いながら食材を見てたら、トマト缶とサラダドレッシングのシーズニングを発見。

DSC_4875.jpg
サラダシーズニングは私は使わないから普段買わないのだけど、私が日本にいる間に誰かが買って置いていったらしい
 
 これで「超手抜きトマトソース」を作って、ピザにすることに決定☆
 
 フライパンにトマト缶を開けて、シーズニングを半袋入れて強火でがーっと5分くらい煮詰めただけ。でも、一応ハーブとか塩とかいろいろ入ってるから、あっという間にそれっぽいトマトソースになりました(笑)。 

 あとはパンの上にトマトソースを塗って、タマネギのスライスと、冷凍庫に常備してあるベーコンとチーズをのせてオーブンで焼きました。

DSC_4873.jpg

 これが、けっこう美味しかった! 土台のパンが美味しいから、ピザっぽくしても生地の味がしっかりしてて、カリッとモチっとしたパンピザになりましたよー。

 今度からは、このパンを買った翌日はこのピザにしようっと♪


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキングに参加してます。クリックで応援してもらえると嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ


Theme:**暮らしを楽しむ** | Genre:ライフ |
Category:かんたんレシピ | Comment(5) | Trackback(0) | top↑ |

セロリの炒め煮の適当な作り方

2016.03.20 Sun
 この半年くらいで、うちの常備野菜に仲間入りしたのがセロリ。きっかけはスモークチーズだったかもしれない。(→過去記事参照『セロリ&パプリカ&ロシアの三つ編みスモークチーズの超簡単サラダ

 以来毎日セロリが冷蔵庫にあるので、たまには新しいレシピでも試そうと検索したのがきっかけで生まれた「セロリの炒め煮」。前回の記事でちょこっと書きましたが、これ日本人仲間の飲み会に持ってくとけっこう好評なので、適当なレシピを書いておきます。

 確か参考にしてたレシピは「セロリの葉の佃煮」だったのですが、葉だけでなくがっつり茎部分も入り、さらに油揚げも入り、結果味がほどよく薄まって含め煮っぽく仕上がってしまったという一品。お酒のおつまみにも、ご飯のお供にもばっちり♪

というわけで、適当な作り方。
serori.jpg
セロリ適量を2-3ミリの薄切りにして、ゴマ油でさっと炒める。

そこに、刻んだ油揚げを加える。秘密の隠し味(けっこう重要かも)も投入。
DSC_2933.jpg
茶色い物体が隠し味。ちょっと高級なだしパックでダシを取ったあとの、出し殻がもったいないから冷凍保存しておいたやつです(笑)。これがいい旨み出すんですわ。

あとは佃煮風というか、きんぴら風というか。酒とみりん、醤油(好みで砂糖も)で味付けして、ある程度水気が飛ぶまで煮含めるだけ。
DSC_2935.jpg
酒:みりん:醤油:砂糖 の割合は 2:2:3:1 くらいかな。まぁお好みで。

 セロリがしんなり甘辛く、出し殻からいい味が出て、油揚げがそれをしっかり吸い込んで美味しい! あとは白ごまを散らしたり。この前は仕上げに少し柚子胡椒を入れたらまた美味しかったですよ。ラー油とか垂らしてもいいですね。お試しあれ。


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキングに参加してます。クリックで応援してもらえると嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ


Theme:料理レシピ | Genre:グルメ |
Category:かんたんレシピ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

市販のお高いベーコンより、自家製塩豚が安くて簡単&美味しい♪

2016.02.09 Tue
すでに日常的に作っている方も多いとは思いますが。豚バラ肉を使った塩豚。

ベーコンを買ってくるより、塩豚を自分で作って料理に使ったほうがうんと安くて美味しいので、気が向いたときに作って冷凍してます。

DSC_2705 1
カットしてから冷凍しておけば、凍ったままでもすぐフライパンに投入できて便利。

作り方はこんな感じ。⇒(「NHKみんなのきょうの料理」サイトより:塩豚
要するに豚バラに塩を適当にすりこんで、キッチンペーパーとラップに包んで冷蔵庫で寝かせるだけ。

でも、この簡単なひと手間で、安い豚バラ肉がめっちゃ美味しくなります!!

レシピのリンク先にも書いてありますが、肉から余分な水分が抜けて身が締まり、旨みが凝縮されるのですよ。 しっかり塩気がついて熟成した塩豚は、燻製こそしてないけれどもベーコンと同じように各種料理に使えます。ベーコンよりも、肉!って感じの味わいですけど。

細切りにしてパスタに入れてもいいし、薄切りにして白菜と一緒に煮込んでも最高。ぜひお試しください♪

ちなみに、ドイツですでにパックになってる豚バラは、塊じゃなくて1㎝くらいの厚さのスライスが売ってることが多いですが別にそれでも問題ないです。(むしろ私には切りやすくて使いやすい。)それぞれのスライスに塩をまぶしてひとつにまとめて寝かせておけばOK!


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキングに参加してます。クリックで応援してもらえると嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

Theme:食品・食べ物・食生活 | Genre:ライフ |
Category:かんたんレシピ | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

セロリ&パプリカ&ロシアの三つ編みスモークチーズの超簡単サラダ

2016.01.27 Wed
去年の夏に出会ってハマってしまったおつまみチーズ。(⇒『新たなおつまみのマイブーム、ロシアの三つ編みスモークチーズ!』

そのままでも美味しいんですけど、そればっか単独で食べてると明らかに塩分採り過ぎ、お酒が進みすぎなので(笑)、塩分を生かしてサラダのトッピングとして使ってみました。

そしたらそれがまた美味しくて!以来私の定番になった超簡単なサラダ。

DSC_2639.jpg

作り方: 
1、セロリ、パプリカ、ロシアの三つ編みスモークチーズ適量を適当に切ってボウルに入れる。
2、亜麻仁油(なければオリーブオイル)と醤油を少~しかけまわして、全体を混ぜる。

以上!

おいおい!ってくらいテキトーなレシピですが、チーズの塩気と食感がいいアクセントになって、パプリカの甘みとセロリのさっぱりとしたシャキシャキ感が良いコンビネーションなんです。

1人前の分量の目安は、セロリ1~2本、パプリカ1/2~1個、三つ編みチーズは2~3㎝カットして、ほぐして使う。オイルと醤油は各小さじ1~2。ほんとちょっと。あとは好みで黒コショウ。

セロリ好きな方はお試しあれ♪


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキングに参加してます。クリックで応援してもらえると嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

Theme:食品・食べ物・食生活 | Genre:ライフ |
Category:かんたんレシピ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |