RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

ドイツ・FALKEのおすすめタイツとその収納

2016.02.21 Sun
普段は完全にパンツ派なのでタイツも履かないのですが、ごくたまーにスカートを履くときのために「一応」って感じでタイツを持ってます。

で、ドイツで有名なタイツメーカーといえばFALKE(ファルケ)。日本でFALKEのタイツが流行り始めてから、その存在に気づいて1年前に初めてここの高級タイツを買いました。 ええ、私にとっては高級でした。「ソフトメリノ」というシリーズで、素材の55%がメリノウールなので、タイツ1足で定価35ユーロ(約4,500円)。確かに、ふんわり柔らかくて締め付け感がなく、はき心地は上々。

でもウール混はやはり、春先には見た目がちょっと暑苦しい。これからの季節なら別のタイツがいるなぁと思って先日追加で買ったのが、同じFALKEの「コットンタッチ」(定価24ユーロ)。

 もはや日本でも、ドイツで買うのとそう変わらない値段!

これが、ナイロン&コットン半々くらいなんだけど、テカらず、変に透けず、スッキリとカジュアルな雰囲気で私好みだった。試着できないから買ってみるしかないのがタイツの辛いとこだけど、これは春に活躍してくれそうな感じで気に入りました。

で、そのタイツの収納。私はこんな感じにしてます。
DSC_2767.jpg 

収納時に他のものとひっかからないように(それは主に私の指のささくれだけど)、ジップ付のバッグに入れるのと、買った時のパッケージから、商品の名前や色・サイズがわかる部分を切り取って一緒に入れるのがポイント。

手描きでメモを入れるより早いし、どこのメーカーのどのタイツなのかすぐにわかる。追加で同じものを買いたいときにも、これを見れば間違いがないです。


ちなみに、カジュアルではなくちょっとドレスアップしたいときの(滅多にないけど)黒タイツは、これがお気に入り。

オーストリアの高級フットウェアブランド、Wolford(ウォルフォード)のVELVET DE LUXE 66。(定価29ユーロ)
これも高級!なんだけど、ほんとしっかりしたつくりで、なんというか「あ~伝線しそう~」という感じが全くしないのがスゴい。で、すんごく脚が上品にキレイに見える。普通のblackもいいんだけど、nearly black という色が、微妙~に真っ黒ではなく、かといってチャコールでもなく、すごく使いやすい色です。気になる方はぜひお試しあれ。(これはヨーロッパで買う方がずっと安いですね。)


手が荒れやすくてタイツやストッキングはほんとにしょっちゅうささくれをひっかけて伝線させてしまうので、履くときは薄い手袋をするようにしてます... (^_^;)


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキングに参加してます。クリックで応援してもらえると嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
Theme:レディースファッション | Genre:ファッション・ブランド |
Category:クローゼット | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

H&Mでリングを買いました

2014.01.10 Fri
私、実は「結婚指輪」なるものを持ってません。
結婚するときも、指輪を買うことは最初から1ミクロンも考えてませんでした。

理由はただひとつ、指輪なんてつけないから

ダンナはそもそもアクセサリー系は一切つけないから、不要。

私は、昔から手指がごつくて男前なのがコンプレックスで、
いわゆる「シラウオのような手」の対極なので華奢な指輪は全く不似合い、
しかも指の関節部分が太いので関節を通過できる指輪=根元でクルクル回ってしまう...。
という物理的ハンディもあり、とにかく 指輪はしない派 なのです。


なのですが。


そんな私が、ふと目にしたリングをなぜか「これならつけれるかも」と思い、
文字通り衝動買いしてしまいました。安かったのが決め手。

だって、10本以上セットになってて4,95ユーロ(720円くらい)なんだもの。さすがH&M。
P1180425.jpg P1180433.jpg
同じのが見つからないけど、H&Mのサイトはこちら☆

太さやデザインが少しずつ違うリングがセットになっていることで
どれを何本組み合わせてはめてもいい感じにまとまるのと、
シンプルで私のごつい手にもけっこう馴染むということを発見しました。

これが、わざわざ一本ずつバラで買わなきゃいけないんだったら
きっと目がいかなかっただろうと思うのですが、こうやって
セットで売り込んでくれることで、「じゃぁ買おう!」という気になったのです。
(だって、1本あたりで換算したらめちゃ安いじゃん...←こう考えるところがケチな名古屋人ぽい?)


昔は、ずっと飲食店で働いていたということもあってアクセサリーは
ほとんどしない派だったので、唯一身につけていたのはピアスだけ。

それがここ数年で、ネックレスやブレスレットも徐々につけるようになって
少しずつ手持ちのアクセサリーが増えてきました。
アクセは、増えても場所をそうとらないからいいのですが...。

先日、数本まとめてSフックにぶら下げていたネックレスが絡まって「キー!」となり。
P1180391.jpg
↑3種類のネックレスがこれでもかというほど絡まり、ほぐすのに20分くらいかかりましたよ...。

イラっとした勢いで(笑)、鏡の横の空きスペースの壁に
直接クギを打って、ネックレスをかけるための場所を作ってしまいました。
P1180421.jpg
いきなりこういうことをしても許されるのがベルリンの賃貸住宅ですが...。
もう少し冷静に、策を練ってからでもよかったかな(^^;) まぁとりあえずの状態。
見やすく使いやすくなったことは確かです。見えてないと使えない人なので。

そんなわけで、今ちょっと「ネックレス 収納」で画像検索をしてて、
「おお、これは便利!」と思ったのはこちらの記事。
◆アクセサリーと趣味Jの収納コーナー
(↑クリックすると、『収納の巣』様のオフィシャルブログ記事に飛びます)
これ、名案ですね~!私の部屋でも出来る場所を探してみよう。

リングから話が全くそれましたが...。
新たに買ったもの=収納する場所・定位置が絶対に必要。
とりあえず、リングはピアスの収納ケースに一緒に入れて様子をみます。
明日はお出かけの予定があるので、早速リングをつけてみよう☆


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキングに参加してます。クリックで応援してもらえると嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

Theme:片付け・収納・お掃除 | Genre:ライフ |
Category:クローゼット | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

洋服のタグは、買ってきた日にすぐ切り取ります

2012.07.28 Sat
仕事で着る、ややまともな服(笑)が必要になったため
今日は少し洋服を買い足してきました。
セール中なのでちょうどよかった。

洋服に限らず、新たに買ってきたモノはその日のうちに
すぐ使える状態にして、定位置を決めて収納したいタイプです。

私の場合、洋服を「すぐに使える状態」にしておくというのは、
タグを切って処理しておくこと です。

P1130842.jpg
首の後ろにある↑このタグが、チクチク痒くなるから大嫌いなのです。
多少手間がかかっても、このタグは必ず縫いこんである糸を切って
完全に取り外します。縫い目が残っているとそれだけで痒いので。
(上の写真はすでに外した状態)

これ、ついたままで気にならない人もけっこういるようなのですが...。
たまに、長いタグがピロっとめくれて上に出てしまっていて丸見えのまま
洋服を着ている人がいて(ベルリンではよくある光景)すんごく気になります。

あと、脇の縫い代にある取り扱い表示や品質表示のタグも必ず切ります。
直接肌にあたらなくても、洋服を着たときにそこだけ膨らんだ感じに
なるのがカッコ悪いと思うので。(透ける生地の服だったら特に!)

タグを切ってしまって困ることといえば、返品ができなくなることと
フリマとかで売るときにメーカーとかサイズがわからなくなることくらい。
まあ高いブランド服を買うわけではないので、私には問題ではないのです。
自分が着たときの着心地のほうが重要!

ちなみに今日買った洋服のひとつは、タグが2箇所だけ
手縫いで留めてあるもので、ものすごく親切だなぁと思いました。
黄色い丸の中に↓小さく留めてあるのがそれ。
P1130844.jpg
できればどこのメーカーでも、こんな風にはずす前提で
簡単に取れるタグをつけてくれるといいのになぁと。

さて。後はちゃんと元が取れるまで、しっかり着倒すこと!
買ったからにはしっかり使ってあげなければ...。


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキング参加してます。クリックで応援よろしくお願い致します♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ


Theme:暮らし・生活 | Genre:ライフ |
Category:クローゼット | Comment(4) | Trackback(0) | top↑ |

パーソナルスタイリング、受けました~♪

2010.09.28 Tue
久々の更新です~!
今日は、ちょっといつもと違う「ファッション」について。

先週、ついに念願のパーソナルスタイリングを受けましたっ。

お願いしたのは、超人気ブロガーで、ライフオーガナイザーの
先輩でもあるNAOさん。パーソナルスタイリストしても大活躍中です。
NAOさんのブログはこちら)あまりの人気に予約も何ヶ月待ち??
私も数ヶ月前にお願いして、やっと実現したのですが...。

いや~、ホントに思い切ってお願いして、よかった!!

残念ながら今回はBEFORE&AFTER写真等はないのですが(笑)
非常に密度の濃い、学びの多い体験となりましたっ。

「パーソナルスタイリング」として具体的に何を
していただいたのかというと...。

まず、私に似合う色を、しっかりと診断してもらいました。
その上で、私自身の「なりたいイメージ」と合わせて、
これからファッションやメイクで取り入れていくとよい
色を決めてもらいます。

「好きな色」=「似合う色」ではないのがポイントです。
私は、自分で「この色が似合う」と思い込んでいた色が、
実は顔色に合っていない色だった、というのを知ってビックリ。

逆に、「絶対こんなピンクは無理~!」というような
鮮やかきれい色が「kokiaさんの肌の透明感をアップさせる!」と
教えてもらって。まさに180度の意識改革です。

そして、クローゼットの中身をチェックしながら
(そうそう、自宅でやってもらうのですよ。これもすごくありがたい!)
今の手持ちの服をどう着まわしたら素敵になるか、コーディネートしてもらいます。

ずっと袖を通していなかった洋服や、着こなしが難しかった服が
NAOさんの手にかかるとあっという間に「こじゃれた」感じになって、
これまた驚きの連続。

本当に小さな「コツ」や「隠し味」で、
同じ洋服がこうも違って見えるものかと。
少し袖をまくるとか、ほんの少しインナーの色でアクセントをつけるとか。

料理に例えると、ほんのひとつまみのスパイスを
入れるか入れないかで、まったく味の洗練度が違ってくるような感じ。
そして、そのスパイスの重要性を知っているかどうか!というのが
すごーーーーく大切なんだなぁと。

おかげさまで。シンプル極まりない私のワンパターンな
ファッションライフに(笑)、新しい風が吹き込まれました!

さっそく、アドバイスを受けて買い足した小物やメイク道具で、
ここ数日はウキウキした気持ちが続いております。

プロの的確なアドバイス、本当に、影響力ありますっ。

また道に迷ったときには(笑)、相談したいと思います~♪




Theme:30代のライフスタイル | Genre:ライフ |
Category:クローゼット | Comment(10) | Trackback(0) | top↑ |

衣類の予備ボタン 保管する?処分する?

2010.08.16 Mon
はぁ~今日は暑いですねぇ(--;)溶けそうです。

そんな中、張り切って行ってまいりました、Mさん宅のお片付け。
今回も、色々と写真も撮らせていただき、公開許可も得たので(笑)
そのBEFORE&AFTERもちょこちょこ紹介していこうと思いますが。

あとは、片付けをする中でふと気付いたことや、
よくありがちな事例についてもひとつずつコラム風にしていきたいなと。


というわけで、今日は「衣類の予備ボタン」について。

洋服を買うと、値札にくっついてきたりするアレです。
保管、どうしてますか?

ちなみにMさん宅では定位置が決まっておらず、
ラップのストックがしまってある箱や、キッチンの引き出しから
ちょこちょこと出てまいりました。結局、使わないであろうということで
全部処分したのですが...。

基本的には私も、すぐに処分する派です。
昔は律儀に取っておきましたが、必要になったことが一度もないので

ボタンが取れかかっていることはあっても
気がついたらボタンが取れて無くなっている、という状態も経験なし。
「いつか使うかもしれないもの」の筆頭のような予備ボタンは、私には不要だと判断。

とはいえ、ちょっとお高いスーツとか、変わったボタンの洋服なんかだと
やっぱりいざというときのために保管しておきたくなるのも人情。

じゃあ、取っておくならどう保管するか、ですが。

予備ボタンばっかりただひたすら一箇所に集めておくのは、
結局どの洋服のものかわかりにくく、結局使わない。(←うちの実家ですが)
すべて、どの服のものか先にメモを書いておくなら別ですが...。けっこう面倒。

一番いいのは、予備ボタンを先に洋服の品質表示のところに縫い付けちゃう。
(シャツとか、最初からそうなってるのありますよね。)
縫いつけるのが面倒じゃない人で、シンプルなボタンのカジュアルな洋服ならこれでOK。

スーツとかジャケットのボタンは、大体「共布」も一緒になって
小さなポリ袋に入ってます。私はそれを、その服のポケットに入れたままにしてます。
着るときも入れっぱなしのことも(笑)でもコレはオススメできないので...。

そのスーツなりジャケットなりをかけているハンガーに、
ボタンの入ったポリ袋をひっかけておきます。
もしくはカバーをかけているならカバーにピンで留めるとか。
カバーにポケットがあればなおよし。

とにかく、「保管する」のであればその服とセットにしておけば、
いざというときすぐに使えて便利であろうと思います。

うちの実家にあった、クッキーの空き缶いっぱいのボタンを思い出すなぁ。
どれも同じような、ワイシャツ用の白いボタンがいっぱいでした...。



読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキング参加してます。クリックよろしくお願い致します♪

にほんブログ村 その他生活ブログへ






Theme:+++掃除・収納・捨てる+++ | Genre:結婚・家庭生活 |
Category:クローゼット | Comment(6) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。