FC2ブログ

RSS|archives|admin

せっけんの香りでプチ幸福度アップ

2020.04.22 Wed
以前の記事にも書いたのですが(⇒「せっけんをクローゼットに入れたら、開けるたびに幸せな香り♪」)、お気に入りのせっけんを衣装ケースに入れています。

香りを重視して作られた高品質のせっけんは紙で包まれたままでもかなり長いこと匂いが楽しめるので、まずはサシェの代わりに衣類と一緒にしておけば、洋服を取り出すたびにほんわか至福♪


去年の夏に行ったヴェネツィアのDFSで、自分へのお土産に買ったのがこちら。

20200416_151117.jpg

ネスティダンテのプラチナソープ、めっちゃいい香り!!
ツバキとホワイトジャスミンが濃厚~に香って、これぞ、ザ・イタリアマダムのせっけん!

もしこの香りを香水にして匂いをプンプン振りまいていたら、日本では100人中99人から「くさっ!」と言われるであろうレベルの濃厚さなのですが、インナーの引き出しに入れておくとちょうどよく香りがうつって、身につけた自分だけがほんのり香る感じ。

逆に、せっけんとしてお風呂で体を洗うときに使ってしまうと、湯気で家中に香りが広がったり手に強く匂いが残って気になったりするので、私にはサシェとして使うほうが合ってるかも。

キャミソールの下に置いているので、毎日下着を替えるときに「ふがふが」して移り香を楽しんでいます。

ほんとにちょっとしたことですが確実に暮らしの幸福度が上がるので、ぜひ好きな香りのせっけんを見つけたらお試しください。



Theme:**暮らしを楽しむ** | Genre:ライフ |
Category:クローゼット | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

ユニクロの売れ残りワンピを大人買いしてしまいました

2019.08.22 Thu
IMG_20190821_160958.jpg

ええ。同一商品を、3着まとめ買いしちゃったんです。目の錯覚じゃないですよ。

久々にベルリンのユニクロをゆっくり覗いてて、ふと目に留まったこのワンピース。(→日本のサイトではすでに完売のコレ☆

ドイツでは定価 39,90€ だったのが、半額の19,90€になってました。(ドイツならまだXSサイズはオンラインで買えますよ!→☆

リネン55%、レーヨン45%と ナチュラルだけど安っぽくない夏素材、形も好みなので「あ、いいな」と。

IMG_20190821_161637.jpg

ただ、残っていたのは全てサイズXS(日本のSサイズ)!

「いや~~日本ではMサイズだから私には厳しいだろうな...。」と思いつつダメモトで試着してみたら。

ゆとりのあるデザインだからか、ぴったり!!

↓いや、もちろんこのモデルさんのようにスッキリは見えませんけど。 でもこんなシルエット。
190422_women_033.jpg (写真はユニクロの商品ページからお借りしてます)

首回りと腕周りの開きが大きすぎず、変な隙間ができず、キツさもなくちょうどよく、かつ胸のところからゆるく広がるAラインが自然で。

丈も長すぎず短すぎず、ちょうど上品に膝が全部隠れるくらいの長さで、ほんと~~に私の体型にぴったり!

HPの商品写真を見ると、リボンが付属していてウエストが絞れるようになってるのですが、こういうスタイルは似合わないのでリボンは即捨てました(笑)。
kleider.jpg(写真はユニクロの商品ページからお借りしてます)

このリボンを通すためのループとかがワンピースについていないのが、また素晴らしい☆ たいていこういうデザインだと、リボンベルトをつける前提で縫い込まれていたりして、それが邪魔になることが多いのでね。

なで肩の私はノースリーブのワンピースだと肩のラインが合わずに変にシワが出ることも多いし、首回り・腕まわりが開きすぎているデザインのものが多く、なかなか買いたいと思うワンピースって見つからないので、これは着た瞬間に「買いだ!」と思いました。

だからといって、3着も買わなくてもよかったかもしれませんが(笑)。 でも、これは5年くらい飽きずに着れそうだな~、それくらい着たいな!と思ったので。

最近年齢と共に、ほんとに似合うものが変わってきていて「あ~、先輩方が言ってたのはこれか...(^^;)!」と。毎日のように履いていたジーンズもどうももっさり見えてきて...。それもあって、これまでほとんど持っていなかったスカートやワンピースを重点的に探すようにしてます。




Theme:ドイツ生活 | Genre:海外情報 |
Category:クローゼット | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

ドイツのユニクロのサイズ、日本よりやっぱり大きい

2018.07.27 Fri
 ベルリン市内にはすでに4店舗もあるユニクロ! 私はもう長年「ユニクロのない生活は考えられない!」というほどインナーからアウターまでかなりお世話になっているので、2014年のドイツ進出以来、ベルリンでも日本と同じように製品が買えるようになったことは本当にありがたい。

 とはいえ、同じ製品なら日本で買ったほうが安いので(日本で1,000円のものはこちらで10ユーロ=1,300円くらい。相対的に高い)、なるべく年に2回の帰国時にまとめて買うようにはしているのですが。

 この猛暑で、例年の量では夏物の洋服が足りなくなり(^^;) クローゼットに半袖が少なかったので買い足しに行きました。

 で、昨日まとめ買いしたのはこちら!<ドレープクルーネックT(半袖)

2018-07-26 (2)

 もとい、ドイツではこちら。<DAMEN DRAPE T-SHIRT

2018-07-26 (1)

 ドイツでも、同じ商品名&写真で紹介してあるので間違えません。


 でも!!サイズが違うので要注意!!

 日本のMサイズ=ドイツのXSかSサイズなんです!


 私は日本のユニクロで買い物する際は、ほぼなんでもMサイズを選べばOKなのですが、こちらでは表記してあるサイズが違う。

 このドレープTシャツは、去年(か一昨年?)日本で買ったものが着やすくてすごく気に入っていたので、同じデザインの今年のものを色違いで何枚か買い足したかったのですが。

DSC_7890 (2)
↑上のMサイズのが日本で買ったもの、下のXSサイズがドイツで買ったもの。全体の写真はないですが、完全に同じ大きさでした。(買った年が違うので、首周りのデザインと処理は違いますが幅や丈、素材は全て同じでした。)

 まさか2サイズも違うとは。

 ↓でも、それを裏付けるのがこちらのサイズ表。このTシャツはバストサイズを目安に選ぶものなので、そこの数値を見てください。
2018-07-263.png
↑日本のMサイズは、バスト80~85。

saizu2.png
↑ドイツでは、XSサイズでバスト79~84になってますね!やっぱり日本でMサイズの私は、ドイツではXSサイズでいいわけです(^^;)!


 こうやってちゃんとサイズ表を見て確認したのは今回が初めてですが、そういえば去年の冬にベルリンのユニクロで買ったダウンコートもSサイズでした。日本だったら絶対Mサイズだったはず。

 もともと普段から、サイズを見るよりも試着してちょうどいいサイズを選ぶようにはしているので(⇒こういうこともあったし『ドイツのデパートKarstadt のミセス向けニットがすごくお買い得で良かった!』)試着なしで洋服を買うことはないのですが...。

 ドイツのユニクロでは、とりあえず日本のサイズより1~2サイズ小さめから試着するのが正解だと学びました☆

 

読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキングに参加してます。クリックで応援してもらえると嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

Theme:ドイツ生活 | Genre:海外情報 |
Category:クローゼット | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

せっけんをクローゼットに入れたら、開けるたびに幸せな香り♪

2018.03.24 Sat
 すごく香りが気に入ったせっけんを買ったので、そのままクローゼット(というかインナーを入れている無印のPPクローゼットケース)に入れておいたら、香りがうつってインナーを着る度に幸せな気分に♡

 せっかくだから、インナー以外のケースにも入れようと思って包丁でカットして小分けにしました。(ちなみにうちのクローゼットはIKEAのIVARの棚を自分でカスタマイズしたこちら☆

sekken2.jpg
写真で見ると、切った感じは完全に切り餅ですが...↑
 
 ひとつずつお茶用のパックで包んで、糸で結んで完成~。来週から一時帰国なので、持って帰る洋服にも一緒に包みます♪

 フランスのメーカー、パニエデサンスの「コットンフラワー」の香り。
 ↓ドイツで買うとこの半額くらい。


 「...コットンフラワーの香りってそもそもどんな香り??」なのですが、これはなんというか「せっけんらしい香り」で、清潔感のある嫌みのない香りでした。

 一時期自分の中で盛り上がった香水熱も少し冷めてきたので(^^;)、新たな香りの取り入れ方をお試し中です。


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキングに参加してます。クリックで応援してもらえると嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

Theme:生活・暮らしに役立つ情報 | Genre:ライフ |
Category:クローゼット | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

ドイツ・FALKEのおすすめタイツとその収納

2016.02.21 Sun
普段は完全にパンツ派なのでタイツも履かないのですが、ごくたまーにスカートを履くときのために「一応」って感じでタイツを持ってます。

で、ドイツで有名なタイツメーカーといえばFALKE(ファルケ)。日本でFALKEのタイツが流行り始めてから、その存在に気づいて1年前に初めてここの高級タイツを買いました。 ええ、私にとっては高級でした。「ソフトメリノ」というシリーズで、素材の55%がメリノウールなので、タイツ1足で定価35ユーロ(約4,500円)。確かに、ふんわり柔らかくて締め付け感がなく、はき心地は上々。

でもウール混はやはり、春先には見た目がちょっと暑苦しい。これからの季節なら別のタイツがいるなぁと思って先日追加で買ったのが、同じFALKEの「コットンタッチ」(定価24ユーロ)。

もはや日本でも、ドイツで買うのとそう変わらない値段!

これが、ナイロン&コットン半々くらいなんだけど、テカらず、変に透けず、スッキリとカジュアルな雰囲気で私好みだった。試着できないから買ってみるしかないのがタイツの辛いとこだけど、これは春に活躍してくれそうな感じで気に入りました。

で、そのタイツの収納。私はこんな感じにしてます。
DSC_2767.jpg 

収納時に他のものとひっかからないように(それは主に私の指のささくれだけど)、ジップ付のバッグに入れるのと、買った時のパッケージから、商品の名前や色・サイズがわかる部分を切り取って一緒に入れるのがポイント。

手描きでメモを入れるより早いし、どこのメーカーのどのタイツなのかすぐにわかる。追加で同じものを買いたいときにも、これを見れば間違いがないです。


ちなみに、カジュアルではなくちょっとドレスアップしたいときの(滅多にないけど)黒タイツは、これがお気に入り。

オーストリアの高級フットウェアブランド、Wolford(ウォルフォード)のVELVET DE LUXE 66。(定価29ユーロ)
これも高級!なんだけど、ほんとしっかりしたつくりで、なんというか「あ~伝線しそう~」という感じが全くしないのがスゴい。で、すんごく脚が上品にキレイに見える。普通のblackもいいんだけど、nearly black という色が、微妙~に真っ黒ではなく、かといってチャコールでもなく、すごく使いやすい色です。気になる方はぜひお試しあれ。(これはヨーロッパで買う方がずっと安いですね。)


手が荒れやすくてタイツやストッキングはほんとにしょっちゅうささくれをひっかけて伝線させてしまうので、履くときは薄い手袋をするようにしてます... (^_^;)


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキングに参加してます。クリックで応援してもらえると嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

Theme:レディースファッション | Genre:ファッション・ブランド |
Category:クローゼット | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |