RSS|archives|admin

引越し第一段階終了... 次なる引越しに向けて準備!

2011.02.28 Mon
久々の更新です~。

1週間前に、東京を引き揚げて名古屋の実家に移動しました。
そしてまた1週間後にはドイツ・ベルリンに向けて出発の私。

いや~それにしても。
前回の記事で「引越しなんて大変じゃない」なんて書いて
余裕かましてましたが。今回はけっこう大変でした...。

ゼロの状態のアパートに引越しで入るのとはわけが違い、
すでに飽和状態の実家にモノを持ち込んでしまったので
大変な状態に陥ってしまいました(^^;)

この1週間は、ずーっと実家の不要品処分&掃除と
私が持ち込んだ荷物のオーガナイズに追われておりました。

部屋が片付かないと、落ち着かなくてそれ以外のことを
ヤル気にならず。ただひたすら片付け続けて1週間。

やっぱり、こういう作業が好きだからできるんでしょうね...。
ライフオーガナイザーとして。このスキルを生かしていかねば。

きっと、ベルリンに行っても最初の数日は
同じように荷物の片付けと家の整理整頓に追われることになるでしょう。

余裕があれば(笑)レポートしますのでお楽しみに(!?)

関連記事
Category:未分類 | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

引越しは、まさにライフオーガナイズ。

2011.02.20 Sun
「もうすぐ引越しなんです」、というと必ず

「あら、じゃあ準備で大変ねぇ~」と言われます。

でも、引越し慣れしている私には、別に全然大変ではないのです。

引越しを決めた2ヶ月以上前から、モノを着実に減らしているし。
手続き関係の段取りは、チェックリストに従って淡々とこなすだけ。

むしろ、家の中の不要品がこそげ落ちていくのが
気持ちよいくらいなのです。


モノの整理をすると、ココロの整理もできるのですよね。

そしてその逆もまた然り。


私は引越しを繰り返して、そのたびにモノの整理をして。
すっかりモノの要不要の区別が得意になったのです。

それと同時に、頻繁にモノや過去・未来と向き合うことで、
ココロの整理も得意になってきたのかもしれません。


ずっと同じ場所に留まることは、安心で、心地よい。

でも、長く同じ場所にいるほど、そこから出るのが億劫になります。
変化を受け入れるのが、怖くなります。
身動きが取れなくなってきます。


環境は必ず変化します。

それが自分から選んだ変化であれば、対応するのは簡単。

そして、変化することに慣れてしまえば、
ちょっとやそっとの環境の変化には動じなくなります。

予期せぬ変化が起きたときにも、
それに対処できる力や自信がつく気がします。


もし、この春に引越す方がいたら。
引越しは、自分の「人生を整理する」スキルを身につける絶好のチャンス!

「自分の価値観」を見直す、ライフオーガナイズの大きな一歩です(^^)


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキング参加してます。クリックよろしくお願い致します♪

にほんブログ村 その他生活ブログへ

関連記事
Theme:快適な生活のために | Genre:ライフ |
Category:価値観を明確に | Comment(7) | Trackback(0) | top↑ |

リサイクルショップの買い取り価格と、販売価格

2011.02.15 Tue
引っ越しを来週に控えて、昨日も家のなかから
不要になるものをどんどん手放しておりました。

でも、手放す=捨てる、ではありません。

元来ケチで貧乏性の私なので、まだ使えるものを
ただゴミとして捨てるのはかなり抵抗があります。

そこで、色々なモノをきれいに洗って掃除して、
リサイクルショップに買い取ってもらいます。

昨日リサイクルショップに持ち込んだものの一部:

無印良品のダストボックス(元値 約2,000円)
ブランドダストボックス チューブラー ブリック(元値 約4,000円)
ノーブランドの20リットルダストボックス (元値 約600円)

おいおい、数年も使ってたゴミ箱を売ろうなんて
なんて図々しい!と思う方もいらっしゃるかもしれませんが。

大事に使っていたので、まだまだキレイだし、
ゴミ箱として使用するには全く問題ないわけです。

これを安く買って使いたい人がいるのであれば、
それでよいと思ってます。モノとお金は循環するのですから。

さて、私が持ち込んだ、購入時価格 600円、2,000円、4,000円の3つのゴミ箱。
気になる買い取り価格は、50円、100円、100円でした。

この店では、買い取ったモノの販売価格は大体
買い取り価格の5~10倍くらいのようだったので、
きっとこのゴミ箱たちも500円程度で販売されるのでしょう。

目利きの人がいれば、元値4,000円のゴミ箱が
中古美品で500円だったらかなりのお買い得です。

もっと自分に時間的余裕があれば、ネットオークションで
1,000円くらいで売る自信があったのに、査定100円とは悔しい(笑)

まあでも。物質的にゴミとして処分するよりは、
私にとっては心の負担がないので、それでよしです。


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキング参加してます。クリックよろしくお願い致します♪

にほんブログ村 その他生活ブログへ


関連記事
Theme:+++掃除・収納・捨てる+++ | Genre:結婚・家庭生活 |
Category:モノとのつきあい | Comment(8) | Trackback(0) | top↑ |

またもや引越し。モノをバリバリ処分中。

2011.02.10 Thu
実はあと10日ちょっとで、また引越します。

これで、2年間に4回引越したことになります(^^;)

今の家は、築30年以上のレトロなお部屋で気に入っているので
残念ですが...。諸事情ありまして。
P1090106.jpg

引越す度に持ち物を見直すので、
どんどんモノが減っています。

今回も、引越しを決めたときから徐々にモノを処分。
これは単純に、少しでもラクに安く引越すためでもあります。

使わないモノを家に溜めておくのは簡単ですが、
引越しとなれば話は別です。

わざわざお金と手間をかけてモノを移動して、
それをまた収納する場所も考えて、とやるのは本当に面倒。

今日は、不要になるイスやワイヤーシェルフ、
その他こまごましたモノを近くのリサイクルショップに
売りに行きました。

古本と一緒で、元値はどうあれ二束三文にしかなりません。
まあ必要とする人の手に安く渡るのであればそれでいいのですが。

こうやって、結局モノの価値なんて、手に入れた瞬間から
下がる一方だよなぁ...と実感すると、ますますモノに対する
所有欲というか、新たに「モノを手に入れたい」という気持ちが萎えます。

本当に必要で、気に入っているモノが最小限あるだけでいい。
私のようなジプシー暮らしには、それが気楽で快適。


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキング参加してます。クリックよろしくお願い致します♪

にほんブログ村 その他生活ブログへ


関連記事
Theme:+++掃除・収納・捨てる+++ | Genre:結婚・家庭生活 |
Category:モノとのつきあい | Comment(8) | Trackback(0) | top↑ |

余計なモノを手放すコツ。 価値観を明確に。

2011.02.01 Tue
私はけっこう「捨て好き」です。

というか、ここ10年くらいで「捨てるコツ」が身につきました。

そんなことをふと考えたのは、先日、いただいた名刺を
もらったその日のうちにゴミ箱に捨てている自分に気付いたので。


いやいや、もちろん全部捨ててるわけじゃないですよ。

その名刺は、例えば、飛び込みで営業に来た、興味のない会社の人や。
必要性はなかったけど、場の流れでなんとなく名刺交換した相手など。

「自分からアプローチしてゲットしたモノ」以外です。

私も、社会人になりたての頃は名刺がたくさん手元にたまるのが
なんだか嬉しくて、どれも後生大事に取っておいたものでした。

が、しかし。溜まった名刺の中で、その後ご縁が続く人なんて
ほんの数%(私の場合ですよ)。ほとんどは、しばらくすれば
もらった相手の顔も思い出せないような名刺ばかりだったのです。

逆に、溜まった中から本当に必要な名刺を探すのが一苦労で、
なんだかイライラする結果に。

で、自分の中で「必要ないな」と思った名刺は
どんどん処分するようになったのです。

それに慣れた今は、もらった名刺もその日のうちに
ある程度ふるいにかけて、残すか処分するか決めています。


基準は、自分がこの人と今後もご縁をつなげていたいかどうか

この判断基準(価値観)がハッキリしてくると、捨てるコツがつかめます。

知り合った全ての人とご縁をつないでおくなんて到底ムリなこと。 
であれば、自分にとって必要なご縁の優先順位をつけて、
人間関係を「整理」しておくことも、自分がいっぱいいっぱいに
ならないためには必要だと思います。

それがヒトではなく。モノの場合も、同じだと考えます。
自分が今後も持っていたいモノか。使いたいモノか。
自分が持てる、心地いいモノの数には限りがありますから...。


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキング参加してます。クリックよろしくお願い致します♪

にほんブログ村 その他生活ブログへ



関連記事
Theme:+++掃除・収納・捨てる+++ | Genre:結婚・家庭生活 |
Category:価値観を明確に | Comment(5) | Trackback(0) | top↑ |