RSS|archives|admin

ベルリンのIKEA

2011.04.28 Thu
前回は無印について書いたので、今日はIKEAについて。

ドイツは、実はIKEAにとって世界最大のマーケット。
店舗数は現在ドイツ国内に40以上、本国スウェーデンの2倍以上。

日本で、ほとんどの家庭に無印良品の商品があるのと同じように、
ドイツでは、どの家庭にも必ずIKEAで買ったものがあります。

よほどの「アンチIKEA」でない限りは、IKEAなしにドイツ人の
快適暮らしは成り立たないと言っても過言ではないです。

さて。では日本のIKEAと比べて、何が違うのでしょうか。
私の勝手な見解でご紹介いたします。

基本的には、商品や陳列は世界共通なのであまり違いはないです。
価格も、日本で感じる「安っ!」という価格帯と同じ。
P1100224.jpg

違うのは、インフラ部分というかサービスの部分ですね。

例えば。↓これは日本にはないですね~!
修理用の予備部品の自動販売機です。
棚受けの金具とか、ネジとか、すべて1ユーロで販売。
P1100212.jpg
購入すると、レストランで使えるドリンク券↓がついてきます。
P1100213.jpg
でも、よほどのIKEA通でないと、自分で部品を確認して購入するのは
ちと難しいかと。まだまだこれは日本向けではないですね。
もちろん、カウンターでスタッフに相談しながら部品を選ぶこともできます。

レストランもベーシックな作りは日本と同じ。
ドリンクバーがあって、おかわり自由です。
P1100220.jpg
ちなみにこちらでは、IKEAファミリーメンバーはカードを見せるだけで
いつでもドリンク無料です。他に何も注文しなくてもOKなのが、
日本と違いますね。太っ腹です、IKEAドイツ。

レストランのキッズ向けサービスコーナー。
P1100223.jpg
引き出しにはキッズ用のプラスチックの食器やスプーンがあって
自由に使えます。(日本もそうかしら?)

一番驚いたのはこちら。レストランの食器を下げるところ。
ベルトコンベアでオートメーション化されておりました!
トレーは自動的に洗い場まで移動していきます。
P1100221.jpg
以前は、日本と同じようにトレーを棚に重ねて
台車のついたボックスごと運ぶ方式だったので、
ここ数年の間にリニューアルしたようです。

後は、サービス部分で一番大きいのは
HPが充実していて(IKEAドイツHP)
オンラインショッピングができること!
電話や、FAXでも注文できます。こりゃ便利。

早く日本でもIKEAのオンラインショップができるといいのに。
(でも、きっと注文殺到で欠品だらけになってしまいますね)

でもそのかわり、日本には無印良品がありますから!
IKEAと無印、どちらか選べと言われたら私は絶対無印派(^^)

というわけで。ドイツでの生活には欠かせないIKEAの
日本との違いを勝手にレポートいたしました~。


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキング参加してます。クリックよろしくお願い致します♪

にほんブログ村 その他生活ブログへ

関連記事
Theme:海外生活 | Genre:海外情報 |
Category:ベルリンでオーガナイズ | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

ベルリンの無印良品

2011.04.28 Thu
昨日は、初めてベルリンの無印良品に潜入してきました!
場所は、ベルリンの青山(と勝手に私が思っている)
Hackescher Markt(ハッケシャー・マルクト)というオシャレエリアの一角です。
P1100296.jpg

そんなに広くないですが、2階建てで中は日本と同じMUJIワールド。
P1100291.jpg 

陳列も、基本的に日本と変わらないですね。
P1100294.jpg

じゃあ何が違うかというと、表示と値段。遠目にはわからないですが...。
P1100287.jpg

商品によっては、日本のタグがついたままで、
別途プライスカードがドイツ語で表記されています。
P1100288.jpg

上から値段だけ貼ってあるものも。
P1100290.jpg

日本にはない、海外専用の商品もあるようでした。
アクリルのソルト&ペッパーミル。15ユーロなり。(高くないか?)
P1100289.jpg

価格は、モノによりますが、大体日本の定価の1,5倍~2倍くらい。
例えば、日本での定価が680円のダストボックスミニが12ユーロ。
1ユーロ120円換算で1,440円ですから、2倍以上。

日本では「日常価格」で愛されている無印ですが、
こちらでは、その超シンプルな商品デザインや価格も含めて、
はるばる日本からやってきた「ちょっと非日常なモノ」感が漂います。

でもできれば、せっかく世界20カ国138店舗もあるのですから
そろそろ価格帯も日本と同じくらいにして(IKEAみたいに...)
日本以外の国でも「日常的に愛されるモノ」として無印の商品が
認知されていくといいのになぁ、と個人的には思っております。


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキング参加してます。クリックよろしくお願い致します♪

にほんブログ村 その他生活ブログへ

関連記事
Theme:ドイツ | Genre:海外情報 |
Category:ベルリンでオーガナイズ | Comment(10) | Trackback(0) | top↑ |

重ねて収納できるって、本当に便利?

2011.04.25 Mon
必要に迫られて、フードプロセッサーを買いました。

どれにするか、用途・予算・見た目等色々と検討し、
「省スペースで収納に便利」がウリのひとつだった
コレ↓にしました。
P1100283.jpg  P1100284.jpg
右の写真に写っている付属品が、全てまとめて本体に収納できるのです。

まとめて収納してみると、あら、便利~!


...ではなかったです。残念ながら。

まとめて収納してしまったら、
使うときにいちいち全部出さなければいけません。

一度に使用する付属品は1種類。その度に、使わない
付属品を出したりしまったりするのは無駄な手間です。

というわけで、付属品はあえて本体とは分けて、
浅い容器にざっくりと入れておくことにしました。
P1100285.jpg 

結局収納スペースは余分に使うのですが、
出し入れにかかるストレスがなくなります。

もちろん、収納スペースの都合でどうしても
コンパクトにしまっておく必要がある場合もありますが、
それは使用頻度とご相談!週に2回以上使うようなモノなら、
取り出しやすさを優先します。

よく、お鍋やボウルでも大きさの違うものを3つ4つと
重ねてしまえるようになっているものがありますが、
ただやみくもに省スペースを目指すよりも、
よく使うものを取り出しやすくしておくことも
快適な暮らしのためには必要な視点。

重ねられるようにデザインされているからといって、
必ずしも重ねなくてもよいですよね♪

読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキング参加してます。クリックよろしくお願い致します♪

にほんブログ村 その他生活ブログへ

関連記事
Theme:快適な生活のために | Genre:ライフ |
Category:収納・片付け | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

ドイツ人ならでは!?アンティーク和箪笥の使い方

2011.04.24 Sun
現在一緒に住んでいるドイツ人パートナーは、ベルリンで
アンティークの和箪笥を販売しています。(outoffnippon HPはコチラ

そんなわけで、家の中にもあちこちに和箪笥があるのですが、
特筆すべきはその奇想天外な活用方法。

例えば、居間に置いてある↓このタンス。
tansu.jpg

何が入っているかというと...

なんと。DVDプレーヤーとスピーカー。
P1100275.jpg
頻繁に使うわけではないので、普段は引き出しにしまっておいて
使うときに取り出してテレビに接続します。

日本人の感覚からすると、
DVDプレーヤーを引き出しに収納する
というのも新鮮ですが、

さらにそれをアンティークの和箪笥に入れてしまう、
というのもなかなか新しいのではないかと。

モノをいつもとは違った角度から見つめて、
「自分らしく」使いこなす。

きっと本人はそんなに深く考えてないと思うのですが、
私にとっては「おお!これぞライフオーガナイズ」と
一人興奮してしまう日常のひとコマなのでした。


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキング参加してます。クリックよろしくお願い致します♪

にほんブログ村 その他生活ブログへ

関連記事
Theme:ドイツ | Genre:海外情報 |
Category:ベルリンでオーガナイズ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

キッチンの必需品「目玉クリップ」がないので...

2011.04.20 Wed
開封した食材は、基本的に購入したときの
袋のまま口をクリップで留めて保存するのが好きです。

特に、↓目玉クリップだとがっちり留まって最高なのですが、
681745_s[1]
今回ベルリンに来て初めて知ったこと。

なんと。ベルリンでは、目玉クリップが売っていない!

ダブルクリップ↓はかろうじて売っていますが...。
806008_s[1]
見た目はダブルクリップのほうが好きですが、
がっちり留まって使いやすいのは断然目玉クリップ。

うう。まさかクリップが手に入らなくて
ストレスを感じる羽目になるとは予想外です。

そんなわけで、とりあえず木製洗濯バサミで
代用している今日この頃ですが、
留めにくいものはビンに移し変えてます。
4.jpg
↑左がもとの包装、右が移し変えたもの。
ちなみに、雑穀ご飯用のキビとアマランス。

ポイントは、包装のラベルをそのまま切り抜いて
マスキングテープでビンに直接貼ること↓
5.jpg
何が入ってるか誰の目にも明らかな場合は貼りませんが、
(左のビンに入ってる唐辛子とね)こうしておくと、
何が入ってるのか+どこのメーカーのものなのか
すぐにわかって、買い足すときに便利です。

あぁでもやっぱり。目玉クリップが欲しい。
みなさまもぜひ、キッチンに目玉クリップ。お試しあれ。

読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキング参加してます。クリックよろしくお願い致します♪

にほんブログ村 その他生活ブログへ



関連記事
Theme:生活・暮らしに役立つ情報 | Genre:ライフ |
Category:キッチン | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |