RSS|archives|admin

「ベルリンの蚤の市」に特化した別ブログを始めました

2011.10.31 Mon
というわけで(?)密かに準備してオープンさせていた別ブログをご紹介します。

「ベルリン 蚤の市の歩き方」 リンクはこちら→☆

teddy.jpg

実際にベルリンの蚤の市に行ってみたい!という人向けに最新情報を
お伝えしつつ。個人ガイドとホームステイのサービスも始めました。

9月に私の友人が日本から遊びに来たときに感じたのですが、やっぱり旅行先に
「現地在住の友人」がいることほど便利で安心なことはないんですよね。
言葉のわからない外国の街ではなおさら。

ベルリンの蚤の市やカフェに行ってみたい!という人は増えていると思いますが、
実際に一人で行くことを考えると不安なことも多く、二の足を踏みがち。

そんな人のために、私が「現地在住の友人」の代わりになれたら喜ばれるかな?
と思ったのがこのサービスを始めたきっかけです。

ベルリンの壁にまつわる歴史についてや、博物館などの知識は全くないので
いわゆる「ベルリン観光ガイド」は私にはできませんが。蚤の市や週末のマルクト巡り、
カフェや街歩きを楽しみたい人にはきっとお役に立てます^^

地球の歩き方 ベルリン特派員ブログ と合わせて、
ベルリン 蚤の市の歩き方      をどうぞよろしくお願いいたします♪


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキング参加してます。クリックで応援よろしくお願い致します♪

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

関連記事
Theme:ドイツ | Genre:海外情報 |
Category:ベルリン特派員 | Comment(10) | Trackback(0) | top↑ |

日本から送ってもらってでもドイツ暮らしに取り入れたいモノ

2011.10.28 Fri
久々の更新となってしまいました。もうひとつ別のブログを立ち上げるために
ちょこちょこ時間をとられていたので...。近々こちらでもリンク貼ります。

さて。最近はめっきり気温が下がり、夜は氷点下になることもあるベルリンです。
今週末でサマータイムも終わるし、いよいよ長くて暗い冬がやってきます...。

冬の間に一度日本に帰ろうかとも思っていたのですが、色々あって今回は
見送ることにしたので、いっちょ腰をすえて冬のベルリンを楽しむことにします。

そんなわけで、一時帰国の代わりに実家の両親にお願いして日本から
救援物資(笑)を供給してもらうことにしました。

海外在住の日本人は、多かれ少なかれ日本の様々なコト・モノが恋しく
なるものですが、その内容は十人十色。

私は多分、平均的な海外在住日本人よりは日本食や日本の文化が
恋しくならないタイプだと思っていますが、物質的には
「やはり日本のアレじゃなきゃ!」と思うモノは色々あります。

今回、ドイツでは手に入らないので日本から送ってもらうモノは...


1、ユニクロのヒートテックインナー

私はヒートテックのタートルがないと怖くて冬が迎えられません。
あの値段であのクオリティー。まさにザ・日本品質!!ドイツでは買えません!

2、ジップロックコンテナー

これね、ドイツでは売ってないんですよ...。基本的にアメリカの製品はドイツでは
あまり売っていないのですが(アンチアメリカなのです)、これもそのひとつ。

ドイツで主流なのは、4辺が独立したロックになっているタイプなのです。
↓こういうのは、いちいち4ヵ所全部開け閉めするのが非常~にめんどくさい。
41sgg8OiQgL._SL500_AA300_[1]
多分密閉性はこちらのほうが上で、逆さにして振り回しても漏れないのがウリ
なんでしょうが、別にそんなことしないのでワンアクションで開くジップロックがいいです。

3、無印良品のスプレーボトル
4945247231250_400[1]
300mlのタイプ。こういうシンプルなモノが、ないんですよね...。
ベルリンにもmujiショップがありますが、割高なので、今回ついでがあるので
日本で買って一緒に送ってもらうことにしました。エタノールを入れて使います


あとは、書籍とか、ずっとリピートしてるアイブロウとか地味にちょこちょこと...。
で、送ってもらうダンボールに隙間があれば、カップヌードル(シーフード味!)
詰めてね、とお願いしています(笑)


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキング参加してます。クリックで応援よろしくお願い致します♪

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ




関連記事
Theme:海外生活 | Genre:海外情報 |
Category:ベルリンでの日常 | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

BRITA(ブリタ)のポット型浄水器はドイツ暮らしの必須アイテム

2011.10.19 Wed
日本では必要性を感じていなかったけれど、
私のドイツでの快適暮らし必須アイテム。

それは、ブリタの浄水器!


ドイツの水は硬水なので、水道水をそのまま使って
お茶を淹れると濁ってしまい、おいしくありません。

私はそこまで水にこだわるタイプではない(と思う)ので、
東京に住んでいたときも普通に水道水をそのまま飲んでいましたし。

でも、ドイツに来て、あまりにもお茶が濁るのが気持ち悪いので
(なんか油膜がはったような見た目になるのです...)
こりゃいかん、と思ってブリタを買ってきました。

以来、完全にとはいきませんが、お茶の濁りはかなり解消されました。
味もだいぶ変わるので、今ではキッチンで料理に使うのは
必ずブリタを通した水にしています。

ちなみにブリタのフタについている、液晶インジゲーターが賢いのですよ。
浄水フィルターを4週間ごとに交換するのですが(最新式のは8週間ごとみたいです)
いつ交換すればいいのかちゃんとこのフタがカウントしてて、教えてくれるんです。
P1110755.jpg  P1110753.jpg 
右下の黄色い○で囲った↑部分が時計の秒針のように点滅して、
1週間ごとに100%→75%→と目盛りが下がっていき、4週間後には
右の写真のように目盛りがゼロに。そしたらフィルター交換です。
交換が済んだら、スタートボタンを押すとまたカウントスタート。
もう買って6-7年経つけどこの液晶は健在。ザ・ドイツ品質!

さらに余談ですが、ドイツにはお高い「純正」ブリタフィルター以外に、
ドラッグストアで安いフィルターが売ってます。
純正品の定価が1個当たり4-5ユーロなのに対し、
ドラッグストアのものは半額くらい。
P1110754.jpg
よく、プリンターのインクなんかでこういう「非正規品」安く売ってますよね。
それと同じ感じです。水をろ過する機能としては特に問題ないですが、
ここのメーカーのは4週間過ぎると途端にフィルターが壊れて(?)中身が
出てくることが数回ありました...。ドイツ在住でこれを試してみようと
思っている方は要注意です。4週間経ったら、「まだ数日いけるかな~」と思っても
必ず交換してください(笑)


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキング参加してます。クリックで応援よろしくお願い致します♪

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ



関連記事
Theme:生活・暮らしに役立つ情報 | Genre:ライフ |
Category:ベルリンでの日常 | Comment(7) | Trackback(0) | top↑ |

ドイツ製のはずが、ドイツでは手に入らない「Frosch」のスプレーボトル

2011.10.14 Fri
前回の記事で、日本で使っていた水切りカゴが
恋しいということを書きましたが...。

他にも、日本でずっと愛用していたモノで今回ドイツに
持ってこなかったことを悔やんでいるものがいくつかあります。

そのひとつは、このスプレーボトル。

 

過去の記事でも書いてますが、日本ではこれにお気に入りの
食器用洗剤を入れてキッチンで使ってました。
手になじむ大きさで、持ちやすくて、使いやすいのです。

エコ洗剤として日本でも大人気のフロッシュ
オリジナル詰め替えボトル。ご存知の方も多いと
思いますが、フロッシュはドイツのブランドです。

それなのに。このスプレーボトルは

ドイツでは売っていないのですよ~!!

スプレーボトルだけじゃないです。
フォームボトルも、スポンジマットもドイツでは売っていません...。
   

ご参考までに、ドイツのフロッシュHPのリンクを貼りますね
製品一覧のどこを見ても、洗剤以外の小物類がないのですよ。

日本のほうがこういう小物類・雑貨類の需要があるから
それに合わせた商品展開になっているのかしら...。

というわけで。「わざわざ日本から持ってこなくても、
ドイツで買えばいいや~。」と思っていた私はがっかりです。
次回里帰りの際には、忘れずにスーツケースに入れて持って帰ってきます...。


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキング参加してます。クリックで応援よろしくお願い致します♪

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

関連記事
Theme:+++掃除・収納・捨てる+++ | Genre:結婚・家庭生活 |
Category:掃除 | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

ドイツにいてもやっぱり「ラ・バーゼ」の水切りカゴが欲しい

2011.10.09 Sun
うちのキッチンシンク↓とってもコンパクトです。
P1110590.jpg
ドイツでは食洗機の普及率かなり高いですが、うちにはありません。
2人暮らしなので食器は手洗いで十分。

さて、今日のテーマは「水切りカゴ」。

数ヶ月前に5ユーロで買った新品の水切りカゴ。
案の定、安物のメッキだったのでサビが出てきました...。
1年くらいは使えるかと思ったのに、予想以上にすぐにダメになりました(--;)
せっかく洗った食器にサビが移るのでカゴを撤去。
P1110592.jpg P1110593.jpg

もしかして、カゴなしでも問題ないんじゃないか?と思って、
この数日はカゴを使わずに試してみているのですが...。
P1110594.jpg
やっぱりお皿は立てたほうがいいですね。水切れが悪くて邪魔...。

というわけで、店舗やネットで水切りカゴを探す日々が続いています。

が、今時点での私の結論は、

日本で使っていた↓コレ以上のものは見つからないだろう。ということ。

有元葉子さんプロデュースの「ラ・バーゼ」

1年半前に買って、大喜びでこのブログにも書きましたけど。
→「ついに買いました!一生使える水切りカゴ「la base」」
こんなにシンプルで無駄のないデザインは、ドイツでも見かけません。

わざわざ水切りカゴをドイツまで持ってこなくても...と思って
実家の母に譲ってきたのですが。

やっぱり持ってくればよかった~!
と思っています...。

一生モノは、自分のそばにあって使ってこそ、一生モノなのですね。


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキング参加してます。クリックで応援よろしくお願い致します♪

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

関連記事
Theme:生活・暮らしに役立つ情報 | Genre:ライフ |
Category:キッチン | Comment(8) | Trackback(0) | top↑ |