RSS|archives|admin

洋服のタグは、買ってきた日にすぐ切り取ります

2012.07.28 Sat
仕事で着る、ややまともな服(笑)が必要になったため
今日は少し洋服を買い足してきました。
セール中なのでちょうどよかった。

洋服に限らず、新たに買ってきたモノはその日のうちに
すぐ使える状態にして、定位置を決めて収納したいタイプです。

私の場合、洋服を「すぐに使える状態」にしておくというのは、
タグを切って処理しておくこと です。

P1130842.jpg
首の後ろにある↑このタグが、チクチク痒くなるから大嫌いなのです。
多少手間がかかっても、このタグは必ず縫いこんである糸を切って
完全に取り外します。縫い目が残っているとそれだけで痒いので。
(上の写真はすでに外した状態)

これ、ついたままで気にならない人もけっこういるようなのですが...。
たまに、長いタグがピロっとめくれて上に出てしまっていて丸見えのまま
洋服を着ている人がいて(ベルリンではよくある光景)すんごく気になります。

あと、脇の縫い代にある取り扱い表示や品質表示のタグも必ず切ります。
直接肌にあたらなくても、洋服を着たときにそこだけ膨らんだ感じに
なるのがカッコ悪いと思うので。(透ける生地の服だったら特に!)

タグを切ってしまって困ることといえば、返品ができなくなることと
フリマとかで売るときにメーカーとかサイズがわからなくなることくらい。
まあ高いブランド服を買うわけではないので、私には問題ではないのです。
自分が着たときの着心地のほうが重要!

ちなみに今日買った洋服のひとつは、タグが2箇所だけ
手縫いで留めてあるもので、ものすごく親切だなぁと思いました。
黄色い丸の中に↓小さく留めてあるのがそれ。
P1130844.jpg
できればどこのメーカーでも、こんな風にはずす前提で
簡単に取れるタグをつけてくれるといいのになぁと。

さて。後はちゃんと元が取れるまで、しっかり着倒すこと!
買ったからにはしっかり使ってあげなければ...。


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキング参加してます。クリックで応援よろしくお願い致します♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ


関連記事
Theme:暮らし・生活 | Genre:ライフ |
Category:クローゼット | Comment(4) | Trackback(0) | top↑ |

日本初(?)ドイツのクラインガルテンブログはじめました!

2012.07.23 Mon
少し前のバーベキューの記事で予告していた新ブログ、
こっそり始めてちょこちょこ更新しています。

念願のクラインガルテンをゲットしたので、
このブログとは別に「ドイツのクラインガルテン」、「自然栽培」、
「オーガニック(BIO)の堆肥づくり」「ドイツの花の名前」etc.
とにかく庭にまつわるすべてを記録していくためのブログを作りました。

若干マニアックな内容になるかもしれないので、
興味のある方だけ覗いてみてください(笑)。

新しいブログはこちら↓

ビオ・クラインガルテン Bio-Kleingarten
P1130500.jpg

ちなみに。日本でもすでに都市部を中心に貸し農園は大人気で、
「クラインガルテン」というドイツ語も「バウムクーヘン」並みに
認知されてきている気がしますが...(余談ですが、バウムクーヘンは
直訳すると「木のケーキ」という意味のドイツ語なのですよ。)

それでも、ドイツで実際にクラインガルテンを借りてBIO(オーガニック)の
野菜栽培等をゼロからスタートさせる日本人の日本語ブログは、
たぶん私のブログが初めてだと思います。(検索しても今のところ他に見つからず。)

将来的には、記事をまとめて本にして出版したいという夢があるので
なるべくわかりやすく、エコな国ドイツのクラインガルテンの実情を
紹介していきたいと思っています。

もしもロハス系の雑誌から「ドイツ・ベルリンのクラインガルテン便り」なんて
コラムの連載のお話をいただけたら、喜んでお受けいたしますので
面白いかも!と思った編集者の方、ぜひご連絡お待ちしています(笑)。


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキング参加してます。クリックで応援よろしくお願い致します♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ

関連記事
Theme:ドイツ | Genre:海外情報 |
Category:ベルリンでの日常 | Comment(4) | Trackback(0) | top↑ |

やっぱり「トイレは座って」使わないと匂ってきます!

2012.07.18 Wed
タイトルそのまんまですが...。

いつも私が掃除していたカフェのトイレですが、
今月に入ってから夏季休業しているのでしばらく掃除してませんでした。

でも、休業中もダンナが店で友人と集まってイベントをしたりで
私のいない間にも日々トイレは使われていたわけです。


で、1週間ぶりくらいに私が店に行ってみると。


トイレが匂う!!


明らかに匂ってるんですよ~(--;)
ええ、立ったまま小用をすませる男性がいるからですが。

さすがの私も、お客様にまで座って用を足すように強制はできません(笑)ので
これは仕方がないことなのですが...。 

やっぱり立って用を足す人のいるトイレは、
かなりマメに掃除しないと匂うんだなぁと改めて実感しました。


トイレの匂いのもとは、たいてい目には見えなくても
そこらじゅうに飛び散ってくっついている汚れです。
ひたすらキレイに拭き掃除すれば大体気にならなくなります。

でも、ここでカビ臭い使い古しの雑巾なんか持ち出すと
事態はさらに悪化しますので(笑)、やっぱりアルコールスプレーして
トイレットペーパーか使い捨てできる紙雑巾で拭くのがオススメ。

アルコールを使ったトイレ掃除の方法やメリットについては
これまでにもしつこく書いてますので、まだ読んだことのない方は
こちらの過去記事をどうぞ⇒☆

ちなみに私が店のトイレの床を掃除するときは、お客さんが洗った手を
拭いただけのペーパータオルを、ゴミ箱から引っつかんで使ってます。

どうせそのままゴミになるものならば、手を拭いた後のペーパーで
床くらいは拭かなきゃ勿体ない! トイレットペーパーよりも丈夫なので
床や壁をガシガシ拭くのにも向いてます。


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキング参加してます。クリックで応援よろしくお願い致します♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ


関連記事
Theme:+++掃除・収納・捨てる+++ | Genre:結婚・家庭生活 |
Category:バスルーム | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

ダンナの自宅オフィスをオーガナイズ

2012.07.16 Mon
私のダンナの本業は、実は税理士です。フリーランスなので、
自宅で仕事をしています。イコール、自宅にオフィスがあります。

自宅オフィス、とっても散らかっています(--;)
P1130656.jpg

片付けようと思えばすぐに片付くレベルなのですが、いつも散らかっている。
特に、重たいファイルとか大量の書類とか、使ったらそのままデスクや
床の上に放置されているのがすごく気になっていました。
P1130659.jpg P1130658.jpg

これを改善したくて、昨夜0時くらいに突発的にオーガナイズをスタート。
(相変わらず計画性のない、アウトプット右脳型オーガナイズです。)

ここでは、片付けることが目的ではなく、
散らかりにくいシステム(仕組み)を作ることが目的


ダンナの場合は、進行中の仕事のファイルや書類の
置き場所が決まっていなかったために、それが床の上やデスクの上に
置きっぱなしになることが散らかる一番の原因でした。

そこで、ファイル保管用の本棚とは別に、
一時置き専用の本棚をデスクのすぐ横に持ってくることにしました。

P1130663.jpg

もともと4つあった本棚ですが、つめて整理したらひとつカラになったので
それをデスクのすぐ横、座ったまま手が届く位置に移動させました。

ガラガラなのがポイントです。

ここはあくまで<一時置き>のための場所で、進行中で
頻繁に手に取る必要があるファイルだけをここに置くために、
普段は空けておきます。

P1130676.jpg
あとは、ダンナが実際にこれで運用してみて使い勝手はどうか?を
検証していきます。トライ&エラー!

モノには、必ずそれぞれの置き場所が決まっていないと
部屋はどんどん散らかっていきますね。

そして、いくら場所が決まっていてもそれが使いづらい場所だったり
戻すのが面倒くさい場所だったりしたら、意味がありません。

使うモノを、使う場所に。 当たり前ですが一番大事なポイント。

ちなみに今回、ダンナのオフィス内でもうひとつプチ改善したこと。
ダンナのリュックサックの置き場所として、普段使わないイスを設置。
これまで、床の上に放置されたり、もう1脚のオフィスチェアーの上に
置かれて邪魔だったのですがこれで定位置ができました!

P1130677.jpg  P1130671.jpg   

毎日使うカバンの家の中での「置き場所」って、実はかなり大事だと思います!
なんとな~く部屋の片隅に放置されがちですが、ちゃんとした
「置き場所」をつくっておくと、すごくスッキリします^^ 


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキング参加してます。クリックで応援よろしくお願い致します♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ

関連記事
Theme:+++掃除・収納・捨てる+++ | Genre:結婚・家庭生活 |
Category:ベルリンでオーガナイズ | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

Le Creuset ルクルーゼ 玄米を炊くために買っちゃいました。

2012.07.11 Wed
ずーっと何年も前から気にはなっていたルクルーゼの鍋。

でも、お店で手にとって持ってみるたびに
重すぎ!!こんなの、すぐにイヤになって使わなくなるに違いない。」
と感じて、私は買うことはないだろうと思っていたのですが...。


とある理由があって、買っちゃいました。
P1130590.jpg
ル・クルーゼ ココット・ロンド 22㎝ マットブラック
日本のamazonだと2万円くらい。ドイツでは140ユーロくらいです。

これまで圧力鍋を使って炊いていた玄米を、
土鍋か鋳物の鍋で炊く生活に替えたくて。
圧力鍋で発芽玄米を炊く過去のレシピはこちら⇒☆


なんで急に圧力鍋ではなく土鍋にしたくなったかとういうと、
友達に奨められて読んだこの方↓の本にかなり衝撃&影響を受けたので


若杉友子さんという70をとうに超えたおばあちゃんなのですが、
いやはやこの方、スーパーばあちゃんなのです。
このインタビュー記事もガツン!とくるのでぜひ読んでみてください。


玄米を頻繁に食べているのに、一向に便秘や冷えが改善しない私。
もちろん玄米だけで何もかもがよくなるとは思っていませんし、
ビールを飲みすぎなのもよくわかっていますが(苦笑)。

「今のままでは何かがよくないんだろうな...。」とうっすら感じていたときに
若杉さんの本を読んで、圧力鍋は電子レンジと同じくらい不自然な調理法だから
圧力鍋で炊いた玄米を食べても意味がない
、というような記述があり「これかも!」と
感じたので、それなら土鍋を買ってゆっくり玄米を炊いてみよう、と思い立ったのです。

とはいえここはドイツ。そう簡単にいわゆる「土鍋」が買える訳ではない。
(ほんとは ザ・土鍋!って感じの↓こういうのが欲しい)


そんなわけで、土鍋はとりあえず諦めたけれども昔ながらの
製法で作られている鋳物の鍋で、じっくりゆっくり発芽玄米を炊こう!と思い、
今回「重いけど受け入れよう。」と覚悟を決めてルクルーゼを買ったわけです。

早速発芽玄米を炊いてみました。
P1130607.jpg
水加減は調整が必要ですが、おいしく炊けましたよ。
(発芽させる前の玄米の1.2-1.3倍の水で30分くらい炊くのがよさそうです)

あとは、これを<冷凍する⇒レンジで解凍>というこれまでの習慣を改め、
常温でおいて食べきるか、冷蔵したものを蒸して温めなおしていただくという
方向に切り替えていきたいなと。 

その手間を大事に出来るライフスタイルに切り替えることも含めて、
現在と、これからの自分にとって大切なことを優先していけるように
色々とまた暮らしに見直しをかけています。
とりあえず、この本と出合わせてくれたノラさんに感謝~☆


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキング参加してます。クリックで応援よろしくお願い致します♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ




関連記事
Theme:暮らし・生活 | Genre:ライフ |
Category:私のモノ選び | Comment(4) | Trackback(0) | top↑ |