RSS|archives|admin

大人が本気で楽しめるフィールド・アスレチック、Waldhochseil やってきました!

2013.07.31 Wed
2年前からずーーーっと行きたかった所に、先日やっと行って来ました!

P1170093.jpg

ベルリン北西部、テーゲル空港近くにあるフィールド・アスレチックの
Waldhochseilgarten ヴァルドホッホザイルガルテン(HPはコチラ
(= Wald(森)+hoch(高所)+seil(ロープ)+garten(庭・公園))

「森の高所をロープで渡る公園」...っていうんですかね...(超ダサい和訳だけど)。

とにかく、これは行ってやってみないと「こういうものです」とはものすごく
説明しにくいものなのですが、子供から大人まで、アドレナリン出まくりで
自然の中で全身を使って楽しめるスポーツ(?)なのですよ。

興味のある人は、まず動画をチェック!



要するに、命綱をつけて木から落ちないように安全確保してから、
樹上に作られたアスレチックをどんどんこなしていくのですが...。

↓こーんな高いところで...

P1170095.jpg


拡大


こーんなことしてたりして...

P1170096.jpg

とにかく、見てると簡単そうなんだけど
実際にやると笑っちゃうほどハードで、そこが面白い!

小さな子供でも楽しめるように子供用のコースも設けてあるし、

P1170102.jpg

敷地の中にはカフェも併設されていて、例えば家族で行っても
お母さんは参戦せずにカフェでのんびり待ってる、ってこともOK。

P1170103.jpg

コースは簡単なものから超上級者向けの難しいものまで
9種類あり、ひとつのコースをクリアするのに20-40分かかります。

P1170104.jpg

どのコースをどの順で回るかは自由ですが、制限時間3時間なので
一度に全部のコースをやってみるのは不可能!(それに体力が続かない。)
だからこそ、「今度こそあのコースを制覇してやる!」と
ハマってしまってリピーターになる人も多いのだそう。

実は数年前に日本で同じような施設内で働いていたことがあり、
私はこういうアスレチックにはけっこう強いほうだと思ってましたが
いやいや...さすがドイツ仕様。めちゃ体力使います(笑)。

一緒に行った友達と、2時間くらい回ったところで
エネルギー切れにより私はギブアップ(^^;) 写真係に。

↓友達がチャレンジした中では一番の難関だったところ。
P1170109.jpg

みんな、ここの真ん中あたりでにっちもさっちも行かなくなり
スタッフや見物人から「右手を前へ!」「そこで立ち上がって!」と
攻略法のアドバイスを受けつつ、ヒーヒー言いながらクリアしてました(笑)。

いや~でも楽しかったです!翌日はバッチリ筋肉痛でしたが、
緑の中で思いっきり体を動かしつつ、非日常感もたっぷり味わえました。

ベルリン近郊だけでも、ここ以外に数軒同じような施設があり、
日本でも関東を中心に、フォレストアドベンチャーなどの名称で
全国に体験できる場所が広がっています。
面白いので、オススメですよ~。


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキング参加してます。クリックで応援よろしくお願い致します♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 

関連記事
Theme:アウトドア | Genre:趣味・実用 |
Category:ベルリンでの日常 | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

自転車盗まれました。カードケースをスラれました。風邪ひいてました...^^;

2013.07.24 Wed
タイトル通りですが、今月は地味にけっこう色々なことがありました...。

まず、自転車を盗まれたのです。自宅マンションの中庭で。
朝乗ろうと思ったら、無残に切断されたチェーンだけが2本落ちていて、
明らかにプロの仕業。夜のうちに中庭に侵入して、転売目的で盗んでいったのです。

「愛車はいただいたぜ!」っていう窃盗団の高笑いが聞こえるようで
めちゃくちゃショックでした...orz
まだ買って1年しか経ってなかったのに~!!!


そして、人生初。恥ずかしながらスリの被害にあいました。
「ベルリンは安全です」と公言している「なんちゃってガイド」の私が
自らスリに合うなんて、恥ずかしすぎて隠してようかと思いましたが
バラしちゃいます(笑)。

観光地のショッピングセンターで、空いていたので
リュックサックを背負ったまま店内をブラブラしていたのですが
やっぱりそれがいけなかった。気がついたらリュックのポケット部分の
チャックが開いていて、カードケースが無くなっていました。

「あっちゃ~!やられた!!!」と思っても後の祭り。
リュックを背負って無防備に歩いていた私が悪いのです。
幸い、カードケースにはクレジットカードや銀行のカードは入っておらず、
ドイツの免許証と保険証、あとは電車の切符くらいしか入ってなかったので
そこまでショックではなかったのですが...。

免許証は、市役所で40ユーロで再発行してもらえるようだし
保険証もすぐに再発行してもらえるので問題なし。
ほんと、ケータイやクレジットカードが盗まれなくてよかった...。


さらに、追い討ちをかけるように(ショックで?)風邪をひきました。
それまで、お天気がよくなったのが嬉しくて調子にのってビールを
毎日バカスカ飲みまくったりしていたので、それがいけなかったのでしょうね...。
体からの「いい加減にしとけよ!」というメッセージなのだと思い、
セキと鼻水と戦いながら、数日は家でおとなしく禁酒していました...。


というわけで。
今はおかげさまで風邪も治り、元気になりました!

そして、実は自転車は、保険をかけていたので&去年買ったときの
レシートがあったのでお金が戻ってくることになり、盗まれた日に
すぐに新しい自転車と極太で強そうなチェーンを購入したのですよ。
前の自転車よりもかわいくて、すでにお気に入りです。


さらに。スラれたカードケースも、なんと手元に戻ってきたのです!
スリにとっては、他人の免許証や保険証なんて不要なので
きっと金目のものだけ抜き取ったらすぐにそれ以外のものは
ポイっと捨てるんですよね。で、それが然るべき人に拾ってもらえ、
Fundbüro(落し物センターみたいなところ。)に届いたようで
自宅に連絡があり、無事に引き取ることができました。
ちゃんと免許証と保険証も返ってきて、感動~!!!


そんなわけで、今月は色々と凹みかけたのですが、結果オーライ。
いろんな意味で、「あんまり調子に乗らず慎重に過ごすように」
ということに気づくための、必然的な出来事だったのではないかと思ってます。


今年の夏は、未だかつてないほどの最高のお天気が続いているベルリン。
家の中で、PCの前に座ってブログなんか書いていたらバチが当たりそうな
ほどの青空が広がっているので、調子に乗らない程度に
しっかりと夏を満喫しなければ!と、バカンス気分の今日この頃です。
さ、これ書いたらビール飲もっと♪


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキング参加してます。クリックで応援よろしくお願い致します♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 

関連記事
Theme:ドイツ | Genre:海外情報 |
Category:ベルリンでの日常 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

ドイツ生活にも必須の塩麹づくり

2013.07.16 Tue
いまや日本人の食卓の必需品になりつつあるのでしょうか?塩麹。
ほんと、何でもおいしくなる発酵調味料が、米麹さえあれば
自宅でカンタンにできるので私もとても重宝しています。

お味噌や甘酒をつくるのと違って、何の道具も用意せずに
米麹、塩、お湯をタッパーの中で混ぜるだけでできるのが
面倒臭がりやの私にぴったり。

P1170052.jpg
今日新しいのを仕込みました。

米麹は、日本から来るときに持ってきたり、送ってもらったり。
乾燥してるから軽いし、長持ちするのでベルリンでも常備しています。


今は手軽に手に入る、みやここうじ を使ってますが...


今度日本に帰ったら、有機栽培の玄米麹を買ってきて
これで塩麹を作ってみようと思います。より奥深い味になりそう。

とりあえず、何か煮込むときはいつも塩の変わりに塩麹を入れてます。
スープ類とか、トマトソースとか何でも。

ベルリンでよく作るスープは、トルコ風レンズマメのスープ。
レシピは、クックパッドのこちらを参考にさせてもらいつつアレンジ。
材料3つ(レンズマメ、玉ねぎ・にんじん)と調味料には
コンソメの代わりに塩麹とトマトペースト少々だけでおいしくできます。

何でも、簡単でおいしいのが一番!


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキング参加してます。クリックで応援よろしくお願い致します♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 

関連記事
Theme:生活・暮らしに役立つ情報 | Genre:ライフ |
Category:かんたんレシピ | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

夏の室内履きは、いぐさのビーサン♪

2013.07.12 Fri
夏とはいえ、最高気温25度程度のとっても気持ちの良いベルリン!
家の中では裸足で過ごしたくなる季節です。

で、私がスリッパ代わりに愛用しているのがイグサ素材のビーチサンダル。
P1170025.jpg

底はウレタンで、普通に屋外用として売っているタイプのものですが
薄くて軽くて何より裸足で履いていて気持ちがいいので、
もう何年もこのタイプのものを買い換えて履き続けてます。

スリッパだと、たとえ部屋の中の移動だけでもけっこう脱げやすくて
歩きにくいのですが、これなら歩きやすいし見た目もかわいい。

10年くらい前にバンコクに行ったときに、露天で安く買ったのがきっかけ。
「こんなに履き心地がよくて安いなら、もっと買っておけばよかった...!」と
思ったのですが、その後ベルリンでもあちこちで見かけるようになりました。

今履いてるのがダメになったとき用のストックも一足買ってあるくらい、
お気に入りです♪ ま、少しでも肌寒い日は履かないので、
2-3シーズンは余裕で履けそうなくらいの使用頻度ですが...。


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキング参加してます。クリックで応援よろしくお願い致します♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 

関連記事
Theme:生活・暮らしに役立つ情報 | Genre:ライフ |
Category:私のモノ選び | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

買って正解だったドイツ「Ganter」社のサンダル

2013.07.05 Fri
今年は、夏が始まる前に「白いサンダルを買う!」と決めていました。
ガイドの仕事が増えてきて、多少まともな格好(?)をする必要が増えてきたことと、
ごく稀に暑い日があったときに対応できるようなサンダルを持っていなかったので。

で、私がサンダルを探した基準は...

とにかく履き心地重視!

見た目ももちろん大事なのですが、私の足は外反母趾気味で甲が薄く、
靴を探すのは本当に毎回一苦労。気に入るものは滅多にありません。

ヒールのある靴なんて履いて歩いた日にゃあ、足だけじゃなくて
腰やら背中まで痛くなって1日の疲れが50倍にも感じられるので
まず履かないですし、それがブーツならまだしもサンダルだと
靴が足に固定されるポイントが少なくて余計に疲れるので、
とにもかくにも「ぺたんこで足がラクなサンダル」を探していました。

でも、見た目も大事!

これが大変。足がラク、というだけならいくらでもあるんです。
ドイツといえば、足に優しいコンフォートシューズのメッカですからね。

でも、そういう足に優しい靴はいかにも「健康サンダルですっ!!」って感じの、
ドイツ人のばあちゃん達が買いそうなデザインのものばかりで、
なかなか私が履きたいと思うようなサンダルには出会えず...。

かなりの数の(というかベルリン市内で考えられる限りの)靴屋を巡って、
やっと一足「これはいいかも!」と思えたのが、今回購入した
「ガンター Ganter 」社の、こちら。(Ganter Sonnica

ganter.jpg

シンプルなんだけど、白の中に一本だけシルバーが入ってるのがいい!

私には必須の、「足首でホールドするタイプ」であることもクリア。
(つっかけるタイプは、がんがん歩く私にはパカパカしてしんどい。)

足に優しい靴作りがモットーのいわゆるコンフォートシューズメーカーの
ものですが、これは変におばさんっぽくなくて、素直に見た目が好み!

そして、足裏にあたる部分が革なので、素足で履いたときにベタベタしなくて
とっても気持ちいい!!これは重要ポイント。ベルトも全て革製で、最初は
「ちょっと固い革だから、しばらく痛いかな...?」と思っていたのですが、
初日からガンガン歩いても全くどこも痛くならなくて、感動しました。

カジュアルな自分の普段の格好によく合うし、
ちょっとおめかしモードで出かけるときも、これならギリギリOK。

というわけで、今年になって買った物の中では、かなり
「よいお買い物をしたわ♪」と思わせてくれる一足でした。
気になるお値段は、70ユーロ(約1万円)。安くはないですが、高くない。

それに、ベルリンではサンダルを履くほど暑い日は、20日もないと思うので...(^^;)
そう考えると余裕で5-6年は履けそうなので、これでいつ暑い日が来ても安心です!


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキング参加してます。クリックで応援よろしくお願い致します♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 

関連記事
Theme:靴の選び方 | Genre:ファッション・ブランド |
Category:私のモノ選び | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |