RSS|archives|admin

お気に入りの、小さな一点ものアート

2013.09.27 Fri
うちのキッチンの一角。
ダイニングテーブルの横のディスプレーコーナー。
P1170553.jpg
↑下のほうに写ってる小さな壁付けの棚の上に、季節や気分に合わせて
そのとき気に入ってるものをちょこちょこと飾っています。
(棚はIKEAのこんなやつ☆←うちのはちょっと前のタイプで長さ80cm。)

今お気に入りなのは、ベルリンのアートマーケットで買ったこちら。
ポストカード大のハンドメイド作品が、額に入っています。
P1170554.jpg

これね... よーく見ると...

ん~、なんだかどこかでよく目にするもののような気が....しませんか?

P1170555.jpg

このワンピース、なんと「ティーバッグ」を再利用した素材でできてるんです!

繊細な色使いや、丁寧で細かい仕事、
そして何よりその斬新なアイデアに一目惚れ!

「MODEDESIGN2012」のタイトルもステキだし、
下の方に書いてある「Teebeutel-Kollektion (ティーバッグコレクション)」
ていうのも、いちいち私好みの洒落が効いてていい!

で、購入の決定打となったのがこの作品を作って売っていた方。

写真がないのが残念ですが、この作風からは全く想像できない
ものすごいひげ面のワイルド&小汚い(ごめんなさい~)おじさんなの!!

「え~、この繊細な作品をこのオッサンが!!?」

というギャップにウケてしまい、さらに15ユーロと驚くほど
お手ごろだったこともあり、即決で購入してしまいました。

滅多にこういうものは買わない私ですが、またこういう
「ピン!」と来るアートとの出会いがあれば、買いたいな。


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキング参加してます。クリックで応援よろしくお願い致します♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 

関連記事
Theme:アート・デザイン | Genre:学問・文化・芸術 |
Category:ベルリンでの日常 | Comment(4) | Trackback(0) | top↑ |

自宅で、カフェ風ラテマキアートを楽しむために買ったモノ

2013.09.21 Sat
そもそも、「ラテマキアート」って何よ?って話ですが、
ベルリンのカフェでもカプチーノと人気を二分する、たっぷりめの
泡立てたミルクとエスプレッソがグラスに入ったホットドリンク。

↓こんな感じです。
CIMG1524.jpg

これ、自宅でも簡単に作れるのですが、そのためには
いわゆるマキネッタ(直火式エスプレッソメーカー)と、
ミルクを泡立てる(というか空気をきめ細かく含ませる)ための
ミルクフォーマーやミルクフローサーという、道具が必要です。

でも、ミルクフローサーってけっこう高いし、
あんまり売ってるのを見かけないのでうちでは長いこと、
いわゆる「コーヒープレス」で代用していました。(IKEAのコレです。)
構造的にはざっくり同じなので、温めた牛乳を入れて
メッシュの部分を上下に動かせば十分きめ細かく泡立ちます。

でも、ガラスが薄いのでしょっちゅう割っちゃうんですよね...(- -;)
P1170395.jpg

学生時代のアルバイト先では、あまりにもよく食器を割るので
「クラッシャー・マツナガ」という女子プロのようなあだ名を
つけられたほどの私なので(自慢すんなって)、過去に割った
コーヒープレスの数も、覚えているだけでも3つ以上です...。

そんなわけで、「もう次は、高くても絶対に割れないステンレス製を買う!!」
と決めて、しばらくミルクフローサーを探しまくっておりました。
(ちなみにドイツ語だと Milchaufschäumer とかで検索できます。)

ネットで見ても実店舗で探しても、やっぱりあんまり選択肢がなくて、
その中で一番価格が手頃で、見た目もOKだったのがこちら。

11E63KEGAML.jpg
私が「ドイツのフランフラン」と呼んでいる、
BUTLER'S という雑貨ショップの 「RAMBA ZAMBA」19,90ユーロ
ほぼ総ステンレスで、メッシュの部分とつまみの部分だけは樹脂製。
(ちなみに、Cilio というメーカーから出ていて、ドイツのデパートなどで
40ユーロ前後で売られている商品と、全く同じものだと思います...!)

これで、やっと洗うときに割る心配をせずに、家で
ラテマキアートが飲めます。本体を直火にかけられるのも便利。
(奥に写ってるのが、エスプレッソメーカー。)
P1170394.jpg

60~70℃くらいまで牛乳(または豆乳とか)を温めて、フタをして
つまみを上下に動かすと、こんな感じにふんわりミルクの出来上がり!
P1170396.jpg

電動の立派なエスプレッソマシーンやネスプレッソがなくても、
この方法で十分おいしくステキなおうちカフェが楽しめます!
お友達が来たときに出すと、喜ばれますよ~。

あ~ホントにすっきり。割れないって、素晴らしい(笑)
これは、取っ手の溶接が取れるまで使います!!!


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキング参加してます。クリックで応援よろしくお願い致します♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 


関連記事
Theme:**暮らしを楽しむ** | Genre:ライフ |
Category:私のモノ選び | Comment(6) | Trackback(0) | top↑ |

アーティスト・現代美人画 画家 sioux さんの才能にホレました♪

2013.09.20 Fri
久々の更新ですが、まずいつもとは全く違うテイストの写真から!

P1170523.jpg

これはですね、イラストレーターの sioux(スー)さんが描いてくださった
私のポートレート。

...... (。_゜)☆\バシッ! 

すみません、大ウソです。

ポートレートはウソですが、イラストレーターの sioux さんの作品なのはホント!
(オリジナルのポストカードにサインを入れていただいたものです♪)

sioux さんは東京をベースに活躍されているアーティストで、
今回ご縁があって彼女がベルリンを訪れる際に私の家に
泊まることになり、知り合いになったのです。

で、そのsiouxさんの作品が私のツボにぴったりハマってしまいまして...
すっかり彼女の絵のファンになってしまいました!!

『繊細な表現、憂いや色気のある表情と透明感、鮮やかな色彩が特徴。』

ご自身のバイオグラフィーにあるように、とにかく彼女の描く女性は美しい!

まさに 現代美人画 です!

彼女のHP(http://sioux.jp/)では作品の一部が見られます。
10月には都内で個展を開催されるそうなので、興味のある方はぜひ!

自分には絵心がないので、絵を描く才能のある人に憧れます~。
世界に羽ばたかれる sioux さん、遠くから応援していますね!


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキング参加してます。クリックで応援よろしくお願い致します♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 

関連記事
Theme:アート・デザイン | Genre:学問・文化・芸術 |
Category:未分類 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

冷凍パイシートを使って、超簡単なキッシュ作り

2013.09.11 Wed
日本にいるときと、ドイツにいるときでは料理するものや食べるものがだいぶ違います。
手に入りやすい材料や価格も全然違いますし、食べたいと思うものも全然違いますので。

ドイツに来てからよく作るようになったのは、
冷凍で手軽に手に入るパイシートを使ったキッシュ(もどき)。

超簡単なのですが、とても評判がよいのでレシピをシェアしますね。
(↓うちの畑で採れたトマトのキッシュ。ワイン祭りにも持って行きました♪)
P1170348.jpg

<冷凍パイシートを使ったキッシュ >
(20×24cmくらいの焼型1枚分)←A4サイズの用紙1枚くらいの大きさです。

<材料>
・10cm×20cmくらいの冷凍パイシート(独語:Blätterteig)2枚
・チーズ(エダムでもパルメザンでもお好みで)約60g
・卵 Mサイズ2個
・生クリーム 140g
・牛乳 60g
・トマト、ベーコン、炒めたタマネギやゆでたほうれん草など お好みの具材 適量
・あれば ハーブ(バジルやパセリなど)のみじん切り 適量

<作り方>
① オーブンを180~200℃に予熱する。
②冷凍パイシートを解凍し、オーブンペーパーを敷いた型に合わせて伸ばして敷く。
③ ②の上にチーズを散らす
④ ③の上に適当にカットした具材を散らす
⑤ 卵、生クリーム、牛乳を合わせて塩コショウしたものを④に流す
  このときみじん切りのハーブがあれば混ぜる
⑥余熱したオーブンに入れて20分前後焼く
出来上がり!


ものすごく簡単に書きましたが、実際簡単です。
パイシートさえあって、解凍してあればオーブンに入れるまでは10分ほど。

キリっと冷えた白ワインによく合いますので、お試しあれ~♪

このキッシュを持参したワイン祭りの様子は、
ベルリン情報ブログ「おさんぽベルリン」に久保田由希さんが
詳しく書いてくれましたが、ホント青空と木々の下で味わうワインは格別!
めちゃめちゃ楽しい夏の終わりのイベントとなりました。
P1170380.jpg

今週は天気が悪く、気温もすでに一ケタに向かっているベルリン...^^;
あと何回くらい外でピクニックできるかな。 
そろそろ新酒の時期だし、収穫祭もしなくちゃいけないし!
何かしら理由をつけては、屋外で飲もうとしている私です。


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキング参加してます。クリックで応援よろしくお願い致します♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 


関連記事
Theme:食品・食べ物・食生活 | Genre:ライフ |
Category:かんたんレシピ | Comment(4) | Trackback(0) | top↑ |

オートミールを和風に味付けしておかゆの代わりに。

2013.09.03 Tue
1ヶ月くらい前から、朝ごはんにパンを食べるのをやめてこちらにしています。

オートミールを使ったおかゆ↓
P1170344.jpg

「うっ、キモっ!」 「えー!まずそう~」

と思ったそこのアナタ! 私だって最初はそう思いましたよ...(笑)。

でも、これおいしいんです!

いわゆる「欧米風」の朝食オートミールは、牛乳やお湯で煮込んで
砂糖を入れて甘くして食べるのが主流(のよう)ですが、
私の(というか多くの日本人の)口には合いません。

でも、おかゆや雑炊を作るときのように和風の出汁を使って
塩や薄い醤油味で味付けすれば、これはもう立派な日本のお粥!

とろみが強いのと、ほんの~り素材の甘さがあるので
ご飯で作るお粥とはもちろん味が違いますが、和風にしても
ちょっとごま油を足して中華風に作ってもおいしい。

10分もかからずにすぐに食べられるので、ご飯を炊くよりもずっとラクだし
食べたいときに、食べたい分だけさっと作れるのもいい。
(ご飯を炊くときに、お茶碗一杯分だけでは炊けませんからね...)

オートミール自体は、味にクセのない栄養豊富な食材。
(玄米よりも栄養価が高いのだとか!↓こんな記事も。)
『玄米より栄養価が高い!?秋冬ダイエットは「オートミール」で決まり!』

私は、相変わらずの便秘対策のためにオートミールを
食べようと思ったのですが、洋風に甘く味付けしたオートミールが
どうしてもおいしいと思えず、続かなかったのです。
でも和風の味付けにしてからは、おいしくいただけるようになりました!

作り方は超簡単。(1人分)
オートミール1/2カップと水1カップ強を鍋に入れて火にかけ、
ダシや塩、醤油、みりんなどで適当に味をつける。
沸騰したらごく弱火にして7-8分やわらかくなるまで煮る。以上!
ネギを入れたり卵を落としてもgood。

ドイツではオートミールが安いので(写真にあるオーガニックのが
500gで1,30ユーロくらい。)一食あたり(40g前後)だと
たったの 10セントほど!というお財布にも超やさしい朝ごはん。
気になる方は、ぜひ一度お試しあれ!


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキング参加してます。クリックで応援よろしくお願い致します♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 

関連記事
Theme:食品・食べ物・食生活 | Genre:ライフ |
Category:かんたんレシピ | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |