RSS|archives|admin

リピートしてるドイツのオーガニックコスメ色々

2014.05.28 Wed
2年くらい前から徐々に、フェイスケア・ボディーケアやメイクアップ用品はドイツのオーガニック認証製品に切り替えました。せっかくオーガニック先進国に住んでいるのだからと、色々試して日々お気に入りを開拓しているところです。

その中で、すでに何度もリピートして使っている商品や、最近仲間入りしたお気に入りについて書きます。(ちなみに、去年記事にした超オススメのミネラルパウダーは1年経った今もまだ使い終わってません...毎日使ってるのに!コスパよすぎ。でもそろそろ新しいのに換えよう ^^;)

まだ1本目だけど、リピート決定しているのが、WELEDA のオーガニックヘアオイル。


ずっと、髪がすごく乾燥する&ツヤがなくってパサつくのが気になってたんだけど、これを使い始めてから明らかに改善。髪がしっとりしてツヤが出たし、まとまりもよくなった!毎日、シャンプー後タオルドライしてから髪になじませてドライヤーで乾かしてます。たまにこのオイルでシャンプー前に頭皮マッサージすると、すごーくスッキリして頭が軽く感じます。ローズマリーの香りもすごく好き。

でも!WELEDA製品のガラスボトルは、そのままだと超使いにくくてイライラするので、無印のポンプタイプの小分けボトルに入れ替えて使ってます。これ重要ポイント。詰め替えてからは、ワンプッシュでちょうどいい量が使えてストレスフリー。 


シャンプーは、半年くらい前から LOGONA をリピート。


最初は痛んだ髪用の リペアシャンプー・イチョウを使ってましたが、最近は デイリーシャンプー・アロエ&バーベナ を使ってます。どちらも、ちゃんと泡立つのと(とはいえ一般のシャンプーに比べればだいぶ控えめに、ですが)、嫌味のない香りがいい。特にシャンプーで髪質が変わったとかはないのだけど、その機能は上記のヘアオイルにまかせてます。


クレンジングは、ここ数ヶ月はlavera のベーシック クレンジングミルク。


ドイツのオーガニックコスメのクレンジングは、乳液タイプが多いのだけどこれもそう。これまで、Dr.ハウシュカ やアンネマリー・ボーリンド、マルティナなど色々試して、どれもそこそこよかったのですが今使ってる lavera が一番リーズナブルで(←これ大事)洗い上がりもサッパリしていて、私好み。香りもマイルドで好き。あと、他のメーカーのクレンジングと違って、ガラス瓶じゃなくてチューブ型の容器なのは旅行に持って行くときに軽くていい。ちなみに同シリーズのフェイスクリームも、軽くて刺激がなくていいです。

あ、そういえばこれはドイツのじゃないけど...、ジョンマスターオーガニックのヘアテクスチャライザーもとても気に入ってます!


何がいいって、ほんのりしたオレンジとバニラの香りが最高~~!なんですよ。ヘアワックスとして、乾いた髪にほんのちょこっともみ込むだけで、ちゃんとツヤが出てまとまりが出るので使い心地もいいし、変なゴワゴワ感とか不自然な「整髪料臭」がしないのがいい。価格が高い気がするんだけど、ものすご~く少量でよく伸びるから、1個で半年以上使えて結果的にコスパは悪くないと思います。


...こうやってまとめてみると、やっぱり私にとっては何を選ぶにしても「香り」が重要な要素なんだなぁ。どんなに使い心地がよかったり効果があるものでも、香りが気に入らないとどうしても継続して使う気にならない。何か、本能的なものなのでしょうね。

ヘアケアモノばかり書きましたが、他にもあるのでまた続きは次回~。

読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキングに参加してます。クリックで応援してもらえると嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

関連記事
Theme:ヘアケア&スキンケア&コスメ情報 | Genre:ヘルス・ダイエット |
Category:私のモノ選び | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

三重県・湯の山にあるベルリンスタイルのベーカリーカフェ 「OTTER HAJEK オッターハーイェク 」

2014.05.22 Thu
先月名古屋へ里帰りしていたときに、ずっと行ってみたかった三重県・湯の山へ行ってきました。温泉(アクアイグニス)も目的だったのですが、もうひとつぜひ訪れてみたかったのが、こちら!

菰野町(こものちょう)役場の近く、306号線沿いに建つ 知る人ぞ知るオシャレカフェ 「OTTER HAJEK (オッターハーイェク) 」です。
P1190212.jpg
国道沿いから見るとこんな感じ。ガーデンも広くて、ゆったりした時間が流れてます。

ここは、すぐ近くにある LIVING Design Büro (リビングデザインビューロ) というものすご~くカッコイイ注文住宅を作っている会社がプロデュースしているベーカリー&カフェなので、建物だけではなく内装、メニュー、どこをとっても細部にまでこだわりが感じられます。

P1190225.jpg
こんなにオシャレなお店がこんな田舎(失礼)に...!と思ってしまうほど何もかもがスタイリッシュなの。

ベーカリーカフェなので、入り口を入るとまず目に入るのが大きなショーケース一杯に並んだおいしそうなパンやケーキ。しかも、よく見ると商品名がドイツ語...!ケーキ類も、日本では珍しい素朴な焼きっぱなしドイツケーキが並びます。
P1190218.jpg
Igel イーゲル=ハリネズミ のパン。かわいい!

実はこちらのお店に飾ってある雑貨やインテリア用品はベルリンの蚤の市で買い付けたものが多いそうで、店内至るところ、さりげな~く、ベルリンスタイルでかわいい。(しかも旧東ドイツ=DDRの香りが漂う!)
P1190232.jpg
ドイツのノンアルコールビールもあります!

パンやサンドイッチ以外の軽食も充実していて、手作りのカレーや、お庭のハーブを使ったキッシュなどおいしそうなメニューがずらり。私が今回いただいたのはこちら。「ファラフェル&タンドリーチキンMIXセット(1,000円)」。
P1190237.jpg
ファラフェルは、中東でよく食べられている「ヒヨコ豆のコロッケ」のようなもので、実はベルリンでは街のどこでも食べられるほど一般的なベジタリアン・ファストフードとして大人気なのです。それが、日本で(しかも三重県で!)食べられるなんて!

ざっくりとした食感に仕上げられたファラフェルは、スパイスがしっかり効いていてとってもおいしかったです!写真には写っていないですが、ドリンクと手作りのパン、デザートもついてました。野菜もたっぷり食べられて、これで1,000円はお得。オススメです! (その他のメニューはこちら→☆

開放的な店内は、くつろげるソファー席や一脚ずつデザインの違うインポートのイスが並んで、とっても落ち着けます。鈴鹿山脈が見える2階席も素敵でした。(オシャレな店内の様子は、お店のHPから→☆
P1190228.jpg
庭が広いから、ピクニック感覚で子供連れでも気兼ねなく利用できる雰囲気でした。

今回、名古屋在住のグルメな友人と2人でお邪魔したのですが、彼女もこのお店の佇まいやパンの品揃え、料理のおいしさに大感激していました。名古屋からは電車や車を利用して日帰りで十分満喫できるエリアですので、ぜひまた遊びに行きたいと思います!
P1190215.jpg
コチラのカフェ、今発売されている名古屋の女性月刊誌 Kelly 6月号にも掲載されているそうです♪

名古屋エリアの方、ぜひ足を運んでみてくださいね。

OTTER HAJEK オッターハーイェク
三重県三重郡菰野町潤田1117-3
TEL: 059-337-8195
HP:http://www.otterhajek.com/index.html

---------------------------------------
さて、今回ここにお邪魔して、しみじみと感じたこと。

「こんな田舎にこんな素敵なお店があるなんて....。」 ではなくて、

もうすでに時代は

「こんな田舎だからこそ、こんな素敵なお店ができるんだよね...。」

なのだと。

都会のど真ん中で、オシャレなお店をやるなんてもうダサいなと。(ん?これって死語?)

もう、みんな早く都会を捨てて、田舎に引っ越そうよ...。

改めて、そう思った私でした。


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキングに参加してます。クリックで応援してもらえると嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

関連記事
Theme:こんな店に行ってきました | Genre:グルメ |
Category:未分類 | Comment(6) | Trackback(0) | top↑ |

亜麻仁油×ハチミツ×黒ゴマきなこ のペースト

2014.05.21 Wed
亜麻仁油(あまにゆ)って知ってますか? 美肌や生活習慣病予防に効果があるとされていて、健康志向の人とかアンチエイジングを実践している人には、おそらくすでにお馴染みの植物性油です。必須脂肪酸が豊富で、加熱せずに毎日の食事で少しずつ取り入れるべき食材なのです。

が。

味にクセがあって、私はどうしても好きになれないんですよね...。なんかすごく苦く感じるの。

もう8年くらい前に、「亜麻仁油はいいよ~!お肌もキレイになるし、免疫力も上がるし」といろんな人からオススメされて以来、たま~に購入しては使っていたのですが、どうしても味が好きじゃなくていつも使い切る前に消費期限を切らしてしまっていました。(酸化が早いので、開封後は早めに使い切る必要があるのです。)

でも。やっぱり体によいオイルは日常に取り入れたいし..。

日本にいたら、亜麻仁油と同じくらい体によく、クセがなくて使い勝手のよい「えごま油」が手軽に手に入るのでそれを買いたいところなのですが、ドイツでは見た事がない。対して、亜麻仁油はこちらでも Leinöl という名前でどこのオーガニックショップでも取り扱いがあります。

そんなわけで、今回 「また、不味い亜麻仁油を買って使い始めてみるか...。」と半ばイヤイヤ(笑)購入したのですが。どうやったら美味しく使えるのかなぁと思って色々検索していたら、すごーく私好みのレシピを発見しました。

P1190745.jpg
それが、この3つのミックス! 亜麻仁油×ハチミツ×黒ゴマきなこ です。

きなことハチミツが、意外なほど亜麻仁油の苦味やクセをカバーしてくれて、「うっ、亜麻仁油くさっ!」というのをほぼ忘れさせてくれます。

3つを適当に同量くらい混ぜてペースト状にしたものを、パンにつけて食べます。
P1190747.jpg
見た目は田楽味噌みたいになってますが...。おいしいし、とにかく「体に良いモノを食べている感」は100%です。

亜麻仁油の使い方は、毎日納豆やお味噌汁を食べる人は、そのどちらかに入れるのがおそらく一番手軽でおすすめ。でも私は普段そのどちらも食べないので、今のところはこのペーストが自分の食習慣にピッタリだと思う。

これで、やっとしばらくは亜麻仁油を続けられそうな気がしてきました! ちょうど、きなこももっと日常的に使いたいと思って日本で買って持ち帰ってきたところだったので、ホントにちょうどよかった。 今後こちらでおいしいきなこが見つからなければ、日本から救援物資として送ってもらおう...。

ちなみに、日本にいた頃はこのメーカーの亜麻仁油を買ってました。品質的にはオススメ。

でも、もし今日本に住んでて亜麻仁油を買うとしたら、少量で使いやすそうなこっちかな。


花粉症の改善にも効果がありそうなので、それも期待。最近庭仕事をしてると、花粉のせいでくしゃみしてばかりで困っているので。

P1190754.jpg
庭で咲いてたルッコラとチャイブ。花がいっぱいの季節になってきました♪


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキングに参加してます。クリックで応援してもらえると嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

関連記事
Category:かんたんレシピ | Comment(4) | Trackback(0) | top↑ |

旅行三昧・まったり大忙しの1ヶ月でした

2014.05.15 Thu
やっとベルリンの日常生活のペースが戻ってきました。

楽しくも忙しかった4月頭からの1ヶ月、もはや何をしていたのか思い出せない部分も多いのですが^^; 忘れる前に旅の記録。

名古屋の桜には、しっかり間に合いました♪ 山崎川沿いの桜は、初めて行きましたがさすが名所だけあってとってもキレイ。2年ぶりに日本で見る桜は、やっぱり良い。
P1190094.jpg

そして人生初の東北へ。家族と秋田に行ってきました。田沢湖周辺、残雪も多くて寒かったけどきれいだった~。以前住んでいた富士五湖エリアを思い出しました。澄んだ湖があって、雪山が見えて。大自然以外は何もないんだけど、それが最高!
P1190103.jpg
↓旅館の夕食に出た、氷のかまくらに入ったお刺身。インパクト大(笑)。
P1190146.jpg

ちなみに秋田で出会ったおいしいものトップ3は、「もろこし」「三杯みそ」と「いぶりがっこ」!とにかく、どれも名前だけ聞いてもどんな食べ物なのかさっぱりわからないし、名前のイメージと現物が全くかけ離れているのがスゴイ。でもどれもなんだか懐かしい味わいで、思い出すとまた食べたくなるものばかりでした。

三重県の、湯の山温泉にも行きました。アクアイグニスが、すごい!いちいちオシャレでビックリ。
P1190252.jpg
名古屋駅から近鉄や直通バスで気軽に行ける距離なので、ぜひまた行きたいな。近くにある、知る人ぞ知る素敵カフェもオススメ。←これはまた改めてブログに書きます♪

さて。半月の里帰りの後は父を連れてベルリンへ戻り、すぐにイスタンブールへ。トルコは父の希望だったのですが、私も行ったことがなかったので楽しみにしておりました。ベルリンからは、飛行機に乗ってしまえば3時間足らずの距離なので「すぐ着くし。」と思っていたのですが...
P1190328.jpg
ちょうどヨーロッパ内がイースター休暇だったせいか、到着時の空港が信じられない混雑ぶりで、入国するのに2時間以上かかって、早速ぐったり...。やはり世界的に有名な観光地だけあって、まぁ人は多いわ客引きは多いわ車は渋滞してるわで、到着直後からちょっと引いてしまいました...。

3泊したので、それなりに色々と廻って楽しみましたが。観光地では必ず「ニイハオ」もしくは「アンニョンハセヨ」って言われるのもイヤだったなぁ。「コンニチハ!」って言っておいたけど。

チャイは、おいしかった。いつでもどこでも必ず、コーヒーじゃなくて熱いお茶が飲めるのは、とっても嬉しい。一杯の量が少ないのもいい!
P1190344.jpg

あ、あとトルコ式風呂、ハマムに行ったのですがあれは面白かった!「1,000 Places To See Before You Die(死ぬまでに一度は行きたい世界の1000ヵ所)」というベストセラー本にも紹介されているCagaloglu Hamami(ジャーロール・ハマム)というところに行ったのですが。日本の温泉文化と通じる、でも全く違うトルコならではの「お風呂文化」が体験できたのは楽しい思い出。垢すりが、いきなり顔面からはじまったのも忘れられない(笑)。

それ以外は、ベルリンの中でもわりとトルコ人が多い地域に住んでいる私からすると、初めて行ったイスタンブールの雰囲気は、「ちょっと欧米人が少なめのベルリン」といった感じで、実はあんまり期待していたエキゾチックさは感じられなかったというのが本音。(多分、横浜中華街に住んでいる日本人が香港に行くようなもの...?)食べ物も、普段ベルリンで食べてるトルコ料理のほうが普通においしかったりして(^^;)。
P1190352.jpg
そんなわけで。イスタンブールは、もう行かなくてもいいかな。カッパドキアとか、別のエリアはまたチャンスがあれば行ってみたいけど。

その後はベルリンへ戻り、父を連れて観光したり蚤の市へ行ったり。
P1190384.jpg

合間を縫って、庭の手入れをしたり。(父にも働いてもらったり。)
P1190533.jpg
トマトを植えてみたり。(奥はジャガイモ♪)
P1190535.jpg

そんなこんなをしていたら、ベルリン滞在に父が飽きてきたらしくて(^^;)急遽、ベルリンから近場で行きやすいチェコ・プラハに行くことに。電車で1本、4時間半くらいで安く行けるのですがれっきとした「外国旅行」!

私は2度目でしたが、父にとっては初めてのプラハ。やっぱり、ベルリンと違って「これぞヨーロッパ!!」という雰囲気満点なので、とっても喜んでくれてよかった。
P1190652.jpg
カレル橋からプラハ城を眺める夜景は、超~ロマンチック!家族と行く所じゃないです(笑)。

今回プラハで、私が一番感動したのが「ミュシャ博物館」!
P1190567.jpg
アルフォンス・ミュシャ の絵は、前から「好きだな~」、とは思ってましたが特別な思い入れはなかったのですが。ここの博物館で色々展示を見ていたら、すっかり虜。天賦の才を活かしきった人の仕事は、すごいなぁ~と。かといって画集を買ったりはしないのですけどね。ただ、久々にすごくいいものを見た!という満足感がありました。

プラハ城にある大聖堂も、よかったです。ステンドグラスのデザインが、好み。宗教的なこととか歴史の薀蓄には興味がないので、あくまで見た目上の好みなのだけど。
P1190601.jpg

あとは、チェコといえばドイツを凌ぐビール消費量世界一の国ですから、なんだかベタなお店でチェコの生ビールを飲んだりしてました。こういうお店では、わんこそば方式で座ると自動的にビールジョッキが運ばれてくるというのには驚きでした!ジョッキが空になると、さりげなく次の一杯が運ばれてくるの。怖っ(笑)。
P1190636.jpg


...とまあこんな「非日常の日々」をひと月も続けていたので、もう最後の方はヘロヘロでしたが、(父はもっと疲れていたに違いない)おかげさまでとっても楽しく密度の濃い1ヶ月ではありました。もう当分旅行はいいです(笑)。


で、今回色々旅行して、観光して、改めて実感したのは。

やっぱり私は「歴史」とか「建築」「宗教」とかには一切、心が動かないんだなぁ~。ということ。

どんなに有名なモスクでも、キレイなお城でも、古い絵を見ても、全く感動しないの。「この絵はね...」なんてウンチクも、全然興味ないの。

それよりも、名も無い山々とか。そのへんに咲いてる花とか。おいしかった食べ物とか。

そういうことにしか反応しない人間なのねと。知ってはいたけど、再度痛感しました。

もう、「観光地」と呼ばれる場所には行かなくてもいいのかも。自分ちの庭にいるだけで十分幸せなんだしね。

またこれから「日常」を目一杯楽しみます。


関連記事
Category:ベルリンでの日常 | Comment(4) | Trackback(0) | top↑ |

トルコで買ったブレスレット

2014.05.09 Fri
ご無沙汰しておりました。生きてます(笑)。

この1ヶ月間、自分が日本に里帰りしただけでなくベルリンへ父を連れてきてあちこち旅行していたので、とても1ヶ月とは思えないほど密度の濃い日々を送っておりました。で、本当に丸々1ヶ月ブログをサボってたので、トップページに広告が表示されるという事態に陥り慌てて更新しています。

というわけで、今日はさくっと旅先のイスタンブールで手に入れたお気に入りをご紹介。

P1190499.jpg P1190498.jpg
このブレスレット、私には珍しく一目惚れしてしまい、色やら形やら微妙な違いに散々悩んで上の2本をゲット。(実際には、父がプレゼントしてくれました。ありがとう~!)

トルコ北部の伝統手工芸らしいのですが、なんだかすんごく「和」を感じさせるデザイン。というか「組ひも」そのもの。特に右のは、黒×いぶし金の配色といい、もうどこからどう見ても 「ニッポン!」 ニンジャかサムライが身に着けていたって違和感なしでしょ。

「グランドバザール」という観光名所にもなっている巨大な屋内市場で買ったのですが、その中に無数にある宝飾品店のほとんどは、もうこれでもかっ!てほどゴテゴテのギラギラの光物をいっぱい並べてます。その指輪やネックレスの眩しさ、派手さたるやデヴィ婦人か叶姉妹くらいじゃないとつけこなせないレベル。

まぁもともと日本人の10倍くらいハッキリした顔立ちのトルコ人女性が、さらに日本人の30倍くらい濃いメイクをしてから身に着ける宝飾品なのでそれくらいじゃないと釣り合わないのですけどね。

そんな派手派手な商品がほとんどだったので、もう真面目に見る気もなくただバザール内をブラブラ歩いていたときに、なぜか奇跡的に私の目を捉えたのが上のブレスレットだったわけです。

モノとの出会いも、ご縁だし。ピンと来たものは(そして予算的に問題ないものは)手に入れて、大事にしていきたいなと。


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキングに参加してます。クリックで応援してもらえると嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

関連記事
Theme:海外旅行 | Genre:旅行 |
Category:私のモノ選び | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |