RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

初!パリへ行ってまいりました。食べてばかりの旅日記。

2015.05.29 Fri
実はこれまでパリへ行ったことがなかった私。 距離的・時間的には行こうと思えばいつでも行けたのですが「どうしても行きたい!」という想いもなく。「フランス語できないと何かと面倒くさそうだよなー。」「女一人で行ってもレストランで食事とかしづらいしなー。」等々で、これまで行く機会がありませんでした。

が、ひょんなきっかけでパリへ行く理由ができ(その理由となったイベントは結局流れたのですが)、「都市は嫌いだからパリには行かない。」と10年言い続けていた夫が「一緒に行ってもいいよ。」と言い出したこともあり(しかも彼はフランス語ができる)。「いつか一度は行きたいなー。」と思っていたパリへ、やっとこさ3泊4日で遊びに行ってまいりました。

で、いざパリへ行くことを決めて、飛行機もホテルも予約して。「さて、パリへ行って何をしたいのか?」と考えたき。冷静に考えると、私は別にルーブル美術館にもベルサイユ宮殿にも興味がなくて。デパートでショッピングもしないし、ラデュレ本店でマカロンが買いたいわけでもない。

パリについて調べれば調べるほど、私が興味あるのは、ひたすら「食べて飲むこと」だけ!だということを再確認したので(しかも高級フレンチにも興味なし^^;)、今回の旅は私が食べたいものを順番に食べ歩きつつ、合間にブラブラ街歩き、といった感じに落ち着きました。その記録です(長いですよっ)。

というわけで。easyJetでベルリン・シェーネフェルド空港から2時間、金曜の18時過ぎにオルリー空港へ到着。空港からホテルまでの移動は、この記事(☆)を参考にしてたのでスムーズでした。ちなみに泊ったのはここ(☆)。特に可もなく不可もなく。パリのホテルは高いから、この値段でこの立地ならまぁ必要十分かなって感じ。

で、記念すべきパリの初ディナー。ホテルに着いたのはもう19時半くらいだったから、「金曜の夜だし、予約なしで座れるかな~。」とやや不安に思いつつ、ホテルから徒歩圏内のマレ地区でアタリをつけていたレストラン、マ・ブルゴーニュへ行ってみました。 無事にテラスに座れて一安心!
DSC_0476.jpg
ここでは、牛肉のタルタルを食べてみたかったのです。単品だと22ユーロ、前菜とデザート付きのコースだと38ユーロだったので、せっかくだから前菜にこちらもフランスで一度食べたかったエスカルゴを頼んで、コースでいただきました。
DSC_0480.jpg
どちらも、私にはとても美味しかった!おすすめしてもらったワインもよく合っていて美味しかったし、籠に山盛りのバゲットも、デザートのクレームブリュレもどれも満足。 ただ、付け合わせのポム・フリットはイマイチ。夫の頼んだラム肉のグリルも、彼は不満だったようですが...。 私は満腹でご満悦でした。(でも2人で100ユーロ以上も払ったのは、ベルリンっ子的には高すぎ^^;!)

さて、翌朝。 絶対!食べたかったのは、クロワッサン!!パリで本場のクロワッサンを食べるのは、ナポリでピザを食べるのに並ぶ私の数少ない(笑)夢のひとつでした。 で、調べた結果ホテルから徒歩圏内でとても評判のよさそうなブーランジェリー、ブレ・シュクレへ。
DSC_0545.jpg
ここのクロワッサンは、ホントーーーーーに美味しかった!!!すごく大きくて、パリッパリで、ほんのり生地に甘みがあって。 あまりにも美味しくて、翌日の朝食もここで食べました。残念ながら、カフェオレボウルで出てくるたっぷりの美味しいカフェオレと共に、というわけにはいきませんでしたがとにかくクロワッサンは最高。 目の前が公園という立地も、落ち着けてよかった^^

この他に別の2店でクロワッサンを食べ比べましたが、それは全然ピンと来なかった。評判はよさそうだったのですが、見た目からしてイマイチで、やっぱり美味しいものはまず見た目がきちんとしてるんだなーと実感しました。

その後近くのアリーグル市場へ。屋内市場は雰囲気がドイツとはまた違って面白かった!けど外のマルシェは、ひたすら野菜と果物の店ばかりが何十店も並んでて、ちょっとつまらない ^^; 一緒に開催されてる蚤の市もまぁガラクタ市でした(ベルリンも多くの蚤の市はそうだけど!)。

昼はマレとサンジェルマン・デプレ地区を散歩して、途中アイスを食べたり(ここのレモン&バジルのソルベ美味しかった!)ボンマルシェで買ったビール&ハムで公園ピクニックしてみたり。

そしてディナーは 安い・早い・美味しいということでとても有名らしいビストロ シャルティエへ。土曜だったけど17時くらいに行ったからか、すぐ座れました。でもすでに満席で、4人がけの席に相席でした。
DSC_0519.jpg
紹介されてたサイトで見て、食べたかった鴨のコンフィ。普通に美味しかった!ジャガイモも甘くて美味しい。前菜に頼んだたった1ユーロのキャロット・ラペもgood! 隣に座ってたカナダから来たという女性2人組は、「旅行会社の人に勧められたから来たけど、もっとちゃんとしたレストランだと思ってたから、こんなんでがっかり...。」とぶーぶー言ってましたが^^; 私は期待していた通りだったのでOK!シードルと赤ワインも飲んで上機嫌♪ それでもここは2人で50ユーロしなかった。安い。
DSC_0527.jpg
お店を出てびっくり。18時半くらいかな?超~~~行列してました!早めに行ってよかった~^^; こんなに並んでまでは入りたくないですっ。

歩き疲れたので、あとはホテル近くのカフェでまったり。 フランスでは、カフェでもレストランでもシードルが置いてあるのが嬉しい! パリで食事のときは、ビールの代わりにまずシードルでした♪
DSC_0543.jpg

日曜日。朝食を食べてから、ノートルダム寺院へ。
DSC_0547.jpg
↑愛の南京錠だらけで見苦しい橋からノートルダムを望む^^;

案の定、寺院の見学はものすごい長さの行列で、ディズニーランドの人気アトラクション並になってました。今回のパリで唯一、夫が「ここは見てみたい」と言った場所でしたが、中へ入るという案は秒殺で却下(笑)。 私たちは並ぶのが嫌いなのです。

というわけで、気を取り直してお隣のサン・ルイ島へ。ベルティヨンのアイス、めちゃ美味しかった~!
DSC_0552.jpg
あえて、テイクアウトじゃなくてサロン・ド・テのほうに座って、コーヒーアイスのパフェっぽいの(6ユーロ)を頼んでまったり。この生クリームが超美味しかった。私は普段あんまり甘いものは食べないんだけど、これは食べてよかったー。(とはいえこれ以上の量のスイーツは食べれないけど^^;) 

この日の午後はサンマルタン運河の2時間半クルーズに参加したのですが、これはあまりぱっとしなかった^^; 閘門(水路の高低差があって、水門が閉まって水量が増えたり減ったりして船が通れるようになる場所ね。)が4-5か所あって、2時間半クルーズのうち1時間以上は水門で足止め。退屈で、途中寝てしまいましたよ...。

そしてまた食べる。早めのディナーに、これもぜひフランスで一度食べたかったガレット!クレープリー ド ジョスランへ。
DSC_0559.jpg
ハムとチーズとシャンピニオンのガレット。ふちがサクサクで香ばしくて美味しかった~!ピッチャーでがっつり頼んだシードルも、樽生!って感じの味わいで美味。ガレット初体験の夫も喜んでました!デザートに甘いクレープもぜひ食べたくて、レモンのクレープを1枚だけ注文。本場のクレープが食べれて超満足! ちなみにここも17時前に入ったからガラガラでしたが、18時に出るころにはほぼ満席でした^^; すごい人気!またぜひ行ってみたいお店です。

そして月曜(祝日)最終日♪ 飛行機は夜発だったので、今日も1日まったりできますが。お気に入りのクロワッサンは今日はお店がやってないので食べられず、残念ながら手近なカフェでぎりぎり及第点のクロワッサンンを食べてスタート。

最終日にやっと、凱旋門とエッフェル塔をチラ見しに行きました。ほんとチラッとだけですが^^; そして、1時間ちょいのセーヌ川クルーズへ。ベタな観光船でしたが、昨日途中で寝てしまったサンマルタン運河クルーズよりこっちのほうがよかった(笑)。こういうクルーズは、1時間くらいがちょうどいいです。それ以上は飽きます(笑)!

で、またお楽しみの食事♪ サンジェルマン・デプレのオ・シェ・ドゥ・ラベイへ。 ここでは、これもフランスでぜひ食べてみたかったオニオングラタンスープと、初日に食べたのと比べてみたかった牛肉のタルタルをオーダー。もちろん、シードルと赤ワインも忘れずに♪
DSC_0595.jpg
オニオングラタンスープは7ユーロだったかな?とにかくチーズの美味しさが決め手!あっさり&濃厚で美味♪
DSC_0597.jpg
で、タルタルも初日に食べたお店に比べてずっとマトモな盛り付け(笑) で16ユーロくらい。サラダのドレッシングも付け合わせのグリルポテトも美味しかった!タルタルも、繊細な味付けでめちゃ気に入りました。至福♪ このお店は確かにフランス人の常連さんが多い感じでした。でも英語もかろうじて通じたし、また行きたい!

で、そろそろ帰りの空港へ。という感じで私の初パリは幕を閉じたのですが。

そんな私の初パリの感想は...

「全然スリとかいないじゃん!」 でした^^; めちゃ気をつけて行ったのですが、全然危ない感じはしなかった。 確かに地下鉄の通路はちょっと匂ったりしたし、ホームレスや物乞いは多かったけど。でも危ない雰囲気はないじゃん!というのがいい意味で驚きでした。 古い建物が多くて、とても素敵な町でした。人気の理由がやっとちょっとわかったなー。

そうそう。今回の旅でお土産に買ったのは、奇跡のメダイユ教会のメダルだけ。おそらく、パリで最もモノを買わなかった日本人トップ10に入るのではないかというくらい、他には何も買いませんでした....。(夫は何一つ買ってません^^; お土産を買うという習慣もない夫婦なのです。) このメダルは、幸運を運んでくれそうな気がするので日本の家族のために買いました^^
DSC_0598.jpg

というわけで。初のパリは、想像以上でも以下でもなく、でも確かに魅力のある街だ!という印象で私の中に刻み込まれました。 また行きたいか?というと別にそうでもないですが(笑)。 ベルリンがいかに発展途上であるかは実感しましたし、だからこそのベルリンという街の良さもまた実感しました。 住むならベルリンが断然いいです!!これは間違いない^^

でもやっぱり、安全できれいでショッピングが充実していて食べ物が美味しいのは、日本!これも間違いない~~~!東京以上にこの要素が満たされる街は、世界のどこにもありません^^;! だからパリはもういいやー。


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキングに参加してます。クリックで応援してもらえると嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

関連記事
スポンサーサイト
Theme:フランス旅行 | Genre:旅行 |
Category:ベルリンでの日常 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

お手軽&おいしい豆サラダ

2015.05.18 Mon
ビールと白ワインの美味しい季節になり、さっぱりめのおつまみの登場回数が増えてきました(笑)。

というわけで、最近気に入ってよく作っている豆サラダのレシピ。めちゃシンプル&簡単です。

DSC_0448.jpg
材料はこれだけ↑
・ミックスビーンズ缶詰 ・オリーブオイル ・レモン半分 ・タマネギ少々 あと塩コショウ

オリーブオイル大さじ2~3くらいと絞ったレモン汁、みじん切りにしたタマネギと塩コショウをジャムの空き瓶に入れる。
DSC_0450.jpg

蓋をしてシェイク。あっという間にドレッシング完成。↓
DSC_0451.jpg

水気を切ったミックスビーンズとドレッシングを和えて、完成!2~3時間以上馴染ませてからのほうが美味しい。
DSC_0452.jpg

ポイントは、酢ではなくて必ず生のレモン果汁を使うことだけ。 タマネギを水にさらしたりとか、そんな面倒なことはしません(^_^;)!

あとはお好みでドレッシングに刻んだハーブを入れたりカイエンヌペッパーをひとつまみ入れたり、豆にプラスしてアボカドやキュウリの角切りとか入れても美味しい。

乾物の豆を自分で煮るのは苦にならないのでこれまであまり缶詰の豆は利用していなかったのですが。やっぱりミックスになってるのは手軽だし、柔らかくて軽く塩気がついているのでこういうサラダにするには便利だなーと気づいた今日この頃です。


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキングに参加してます。クリックで応援してもらえると嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

関連記事
Theme:おうちごはん | Genre:グルメ |
Category:かんたんレシピ | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

マーナSLIMトイレブラシ、いいです!ドイツまで持ってきた甲斐がありました☆

2015.05.05 Tue
そうそう。この春日本で買ってきたものの中で一番のお気に入りについて、書くのを忘れてましたよ。

トイレブラシ! これ!



「何が悲しゅーて、スーツケースにトイレブラシを入れなくちゃいけないの?」と思いつつ持ってきましたが。

あー買ってよかった。ドイツまで持ってきて良かった! と、使う度にしみじみと喜んでおります。

ドイツでは(もしくは、日本以外の国では??)どこをどう探してもこんなに優秀なトイレブラシは売ってません。しかもこんなに安く!

だって、ドイツにあるトイレブラシはまずほとんどこのタイプで、これがものすごーく使えない!
hs237.jpg
ブラシ部分が固いし、先が球状になってるからトイレの縁とか水が流れていく奥の角のほうとか、全然ブラシが当たらなくてきれいに掃除できないの。

で、ちょっとフチ裏もがんばって掃除しますよー、みたいなバージョンはこれ。
2113900.jpg
いくらトイレ掃除のための道具とはいえ、その見た目の不細工さがどうしても私には受け入れられなくて。

しかも、その使えない&不細工なブラシを入れるケースがまた気に入らない。
baren-wc-burste__22473_PE107349_S4.jpg
ブラシは見えないからパッと見はいいけど、ケースの中に水が溜まりまくって気持ち悪いタイプか、
8834741010462.jpg
ブラシが常に上から丸見えで気分が悪いタイプの2択。

どれもこれもイヤすぎるー!!

と思いながら、ずっと見て見ぬふりをして何年もドイツで(某IK○Aで)買ったトイレブラシを使っていましたけどね。

今回、「やっぱりトイレブラシも日本から持ってこよう...。」と決めて、本当に良かったです。もっと早く買ってくればよかった。これまで届かなかったところが楽にこすれて、嬉しい。実によく考えられた逸品です。やっぱり日本のプロダクトは、かゆいところに手が届きまくっていていちいち素晴らしいなと再認識。

冗談ではなく、海外在住で日本から近々誰かが遊びに来る人は、お土産としてこれを持ってきてもらうのをオススメしますってくらい私は気に入ってます(笑)!そしてメーカーさんは、ぜひ海外市場にも進出してがっつり頑張ってほしいものだと勝手に思っています。


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキングに参加してます。クリックで応援してもらえると嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

関連記事
Theme:生活・暮らしに役立つ情報 | Genre:ライフ |
Category:私のモノ選び | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。