RSS|archives|admin

セロリ&パプリカ&ロシアの三つ編みスモークチーズの超簡単サラダ

2016.01.27 Wed
去年の夏に出会ってハマってしまったおつまみチーズ。(⇒『新たなおつまみのマイブーム、ロシアの三つ編みスモークチーズ!』

そのままでも美味しいんですけど、そればっか単独で食べてると明らかに塩分採り過ぎ、お酒が進みすぎなので(笑)、塩分を生かしてサラダのトッピングとして使ってみました。

そしたらそれがまた美味しくて!以来私の定番になった超簡単なサラダ。

DSC_2639.jpg

作り方: 
1、セロリ、パプリカ、ロシアの三つ編みスモークチーズ適量を適当に切ってボウルに入れる。
2、亜麻仁油(なければオリーブオイル)と醤油を少~しかけまわして、全体を混ぜる。

以上!

おいおい!ってくらいテキトーなレシピですが、チーズの塩気と食感がいいアクセントになって、パプリカの甘みとセロリのさっぱりとしたシャキシャキ感が良いコンビネーションなんです。

1人前の分量の目安は、セロリ1~2本、パプリカ1/2~1個、三つ編みチーズは2~3㎝カットして、ほぐして使う。オイルと醤油は各小さじ1~2。ほんとちょっと。あとは好みで黒コショウ。

セロリ好きな方はお試しあれ♪


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキングに参加してます。クリックで応援してもらえると嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

関連記事
Theme:食品・食べ物・食生活 | Genre:ライフ |
Category:かんたんレシピ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

ブーツについてしまった雨ジミを、なんとかしてみた!

2016.01.24 Sun
お気に入りのブーツを雨の日に履いてしまい、がっつり水濡れのシミがついてショックを受けておりました。

DSC_2594.jpg
ハッキリくっきり、しっかりシミてる(泣)まさかこんなことになるとは。

「こんなときはどうしたらいいんだー!」と思いながら色々検索してみたところ。

どうやら、「水に濡れた部分だけがシミになってるので、ならばあえて全体を水で濡らして丸洗いしちゃえ」という超強引な裏技があることを知りました。

というわけで。ちょっとビビりながらも、ダメモトでやってみましたよ。

洗面所で、ブラシを水で濡らしながら革部分をやさしくこすって、汚れを落とす気持ちで全体に湿らせました。ドキドキ。
DSC_2595.jpg
しかも革&ヌバックのコンビだから、ヌバックの部分は濡らさないように細心の注意を払いながら(^_^;)

水洗いして一晩おいて、乾いた状態。シミは、ほとんどわからなくなってる!
DSC_2626.jpg
色むらはあるし、革はカッサカサになってますけど(^_^;) 

よーし、保湿&油分補給だ!と、乳液状の革のケアクリームを擦りこみまくり。

おお!

キレイになりましたー!!!

DSC_2630.jpg
素晴らしい。想像以上の仕上がりに感動です!

いや~。やってみて良かった。水で濡らしてるときは、「はぁ。この作戦に失敗したらこのブーツとはおさらばなのね...」と思ってましたから(笑)!

今回使った乳液状のクリームは、左のSolitaire Pflege Creme Naturelle ってやつで、調べてからこれを買ったわけではなくて、ただデパートの靴用品コーナーにあった中からなんとなく選んだのですが。これがけっこう良かった。
DSC_2641.jpg
今これを書くにあたってドイツのAmazonでレビューを見たら★5つだった。みんな大絶賛。「革が柔らかくなる!」「薬品の匂いがしなくて、まるでボディローション!」「革のソファにも使えて、安い!」うん、確かにいいクリームです。日本では売ってないみたいなので、これはもしかしたら、知られざるドイツの名品発見かも!

ちなみに写真の真ん中のは防水&ケアスプレー、右側のはクリーナー&ケアのムースです。水に濡らす前に、「このクリーナーだけでも効果あるかな??」と思って使ってみましたが、シミは全く変化なし。汚れも落ちてるのかどうかよくわかりませんでした。防水スプレーは、どの靴にも、一か月に一回くらいはかけるようにしてます。

でもこのブーツはもう絶対、雨が降りそうな日には履かないようにしよっと。


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキングに参加してます。クリックで応援してもらえると嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

関連記事
Theme:暮らし・生活 | Genre:ライフ |
Category:モノとのつきあい | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

軽くてたくさん入ってお気に入り! 機内持ち込み用、BRIC'S のキャリーケース

2016.01.16 Sat
これまで機内持ち込み用に使っていたキャリーケースは、7~8年前に買った無印のソフトキャリー。見た目は好きだったのですが、容量がどうも小さくて、1~2泊の旅行にはなんとか使えるけどすぐに荷物がパンパンになっちゃうのでずっと不満でした。

で、去年これを買いました。BRIC'S ブリックス トローリーケース 機内持込サイズ

DSC_1910.jpg

結果、大満足!大きさや重さはこれまでのキャリーケースとそんなに大差ないのに、倍近く荷物が入ります。12月に母と行った、ドイツのクリスマスマーケットを巡る5泊6日の旅もこれで間に合いました。


で。私がこのキャリーケースを選んだときの条件。

・ハードタイプでなく、ソフトタイプであること

これは、大型スーツケースも同様なのですが。ハードケースよりも、ソフトタイプのほうが圧倒的に使いやすいから!理由は、ブロガーのちきりんさんがこちらで書いているとおり⇒(『フタ型 ソフトスーツケースの勧め』)←私も全くこの意見に賛成です。

それに、機内持ち込み用=空港で預けないので、投げられて&積み重ねられて壊れたり、とかの心配をする必要がない。それなら、ハードタイプよりも軽くてフレキシブルに中身が詰められるソフトタイプのほうがいいわけです。

・4輪キャリーであること

これは必須。2輪タイプは、安定が悪くてイラッとする(笑)。

・街中で持って歩いても浮かないこと

日本帰国時に、東京へ数泊の旅行に行ったりするときも使いたかったから、「いかにもスーツケースでーす!旅行者でーす!」というのではなくて、カバンのひとつとして、自分の洋服に合うものがよかった。これはイタリアブランドらしい、黒&茶の色使いもシックで、「ちょっと大人っぽいのがいいなー。」と思っていた私にはツボ。ポイントに使ってある革も、高級感があっていいです。

あと、これは買ってから気づいたのですが。持っている人がほとんどいない。空港でジロジロ見てましたが、誰も同じのを持ってなかった。人とかぶらないってのは、いいですね。とはいえ、ドイツのデパートではどこでも売ってるのだけど。イタリアに行けばもっと普及してるのかな?

日本で買うと、結構いいお値段しますけど。

私はドイツのデパートで、割引クーポンを駆使して買ったから130ユーロくらい(2万円未満)でした。(ドイツのAmazonで見ると149ユーロです。イタリアのAmazonでも同価格ですね。)


ちなみに、大きいスーツケースは2つ持ってますがひとつはハード。日本で買っためちゃ安のですが、十分使えます!

↑これの黒を愛用。

ところで、ドイツでスーツケースといえばRIMOWAですが、めちゃ高い割にはけっこう頻繁に「壊れた」「割れた」という話を聞くのと(^_^;)、ドイツ⇔日本間で使用すると他の人とかぶりまくるので、あえて私は買いません~。見た目はめちゃカッコよくて好きですけどね。


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキングに参加してます。クリックで応援してもらえると嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

関連記事
Theme:海外旅行 | Genre:旅行 |
Category:私のモノ選び | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

不要な衣類やタオルは、リサイクルコンテナへ

2016.01.09 Sat
先月バスタオルを新調したので、古いタオルは処分しました。(新調したときの記事→『日本で買ってドイツに持ってきたもの MARKS&WEB のオーガニックコットンタオル』)

いい加減ゴワゴワになってたのをまとめて4枚処分するので、20ℓのゴミ袋がパンパンになるボリューム。雑巾は間に合ってるので、カットして自宅で掃除用に使ったりはしません。

DSC_2505.jpg

でも、タオルとしてはまだ使える状態なので、ゴミとして捨てるのは勿体ない。そんなときは、ドイツの町のあちこちにあるリサイクルコンテナに入れればOK!

これがそのコンテナ。ドイツ赤十字のもので、ベルリンでは、よく見ると数百メートルにひとつはあるんじゃないかと思うほどあちこちに設置されてます。
DSC_2506.jpg

これは中古衣料コンテナ(Altkleidercontainer アルトクライダーコンテナ)と呼ばれるもので、まだ着られる状態の古着や靴、ハンドバック、タオルやシーツ類を入れることができます。カーテンやぬいぐるみもOKだそう。回収されたものは、仕分けされて途上国へ送られたり、古タオルなどはウェスとして利用できるようにリサイクルされます。

24時間、いつでも持ち込むことができるのでとても便利ですし、不要になった衣類や布類を捨ててしまう罪悪感がありません。
DSC_2507.jpg

もちろん、汚れた衣類や片方だけの靴などは入れてはいけませんよ。あくまで寄付として、常識の範囲できれいな状態のものをビニール袋に包んで入れます。(投入してよいものの詳細はこちら→☆(ドイツ語)) (ベルリンの、自分の家の近くのコンテナの設置場所を調べるならこちら→☆通りの名前から探せます

私は、まだフリマ等に出せば売れるレベルの洋服や靴ならばOxfamなどのリサイクル&福祉活動ショップに持ち込みますし(詳細はこちらの記事→『不要品を「寄付」して、家の中スッキリ!』)、売れるレベルではないけどまだちゃんと使える状態の衣類・布製品はコンテナに入れる、というふうに使い分けています。どちらも、不要品を手放すのがすごく気軽だし、思い立ったときにすぐに持って行けるので助かっています。

-------------------------------------

話は変わりますが、前回の記事『本音で生きてる人が、結局一番かっこいい』を書いたら、思いがけず多くのコメントをいただいたり、友達からも嬉しいメッセージをもらったりして、とても幸せな気分になりました! さっそく、「本音で書いて良かったなー」と思った年明けでした☆ どうもありがとうございました!


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキングに参加してます。クリックで応援してもらえると嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

関連記事
Theme:暮らし・生活 | Genre:ライフ |
Category:ベルリンでの日常 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

本音で生きてる人が、結局一番かっこいい

2016.01.02 Sat
また新しい年になりました。特別におめでたいことはないのだけれど、去年も私の生活は平和そのもので、自分も家族も元気で、幸せに新年を迎えることができたのは改めて有難いことだと感じています。そう考えると、とてもめでたいことだとも言えますね。うん。


なんだか最近はブログの更新もご無沙汰になってしまっていますが、理由のひとつは「情報が溢れすぎていて、自分が何かをここで書く意義がよくわからなくなってきた。」と感じているからです。

100%自己満足で書いてるブログならば、そんなこと思わないのだろうけど、私は「このブログをどこかの誰かが読んで、少しでも面白い、とか役に立つ内容だと思ってもらえればいいな。」と思ってるので、なんか「何を書いてもどうせ目新しいこともないし。じゃあ別に書かなくてもいいんじゃないか?」というような斜めな目線になってきていて。

でも書くことが好きなのは変わらず、ここに何か書くことで自分の頭の中や心の中が整理されることも多いので。そんな頭の中の整理も兼ねて。まずは去年、私が最も影響を受けたブログを2つご紹介しておきます。

---------------------

ひとつめは、ワタナベ薫さんの「美人になる方法」

もうタイトルからして紹介するのが気恥ずかしいのですが、でも、読めば読むほど、愛情溢れるポジティブな言葉が胸にじんわり染みます。私より一回り年上の女性ですが、私もこんな風に年を重ねていきたい、と思える憧れの女性として日々彼女のブログや著書から勉強させていただいてます。

「あぁ、40代からさらにこんなに人生が楽しめるんだな。」というのを知ることができるのが嬉しいし、ワタナベ節とでもいうような、たまに突き放した感じのちょっと男前な文体が好きだし、書かれている内容がストンと腑に落ちることばかりで、気持ちがよい。

著書も、日本に帰ったときにまとめて買ってきて読んでます。書いてあることは重複する部分もありますが、どれも買ってよかった。 え? そりゃお金欲しいし、美人になりたいですよー☆ ←これを堂々と認めるところからがスタートです♪

    



ふたつめは、坂爪圭吾さんの「いばや通信」

この方は、私より一回り若い男性ですが、とにかくその生き様がすごい。帰る家を持たず、2年間住所不定のまま自分のスケジュールと連絡先はインターネットで公開しつつ、ご縁あって呼ばれたところで出会った人達との交流を通して「人生とはなんぞや。」と問いかけ続け、その思考をブログで赤裸々に公開している。 ある意味 修行僧ブロガー。

もう、強烈に興味を惹きつけられるブログです。「こんな生き方があったとは...!!」という驚き。決してホームレスではないんです。インターネットとスマホがある現代は、こういう生き方も可能なんだと。かといって、決して誰にでもできる生き方ではなく。憧れとは違うのですが、その行く末が見届けたい!!!と、私にとっては気になって仕方がない存在となっています。

何をどう表現してもよくわからないと思うので、まぁ気になる人は坂爪さんのブログを読んでみてくださいとしか言えませんが。Twitterでの呟き(https://twitter.com/KeigoSakatsume)も、めちゃめちゃ深いです。

---------------------

このお二人に共通する、私が惹かれるポイントというのは

「本音をさらけ出して生きている」ということ。

本音を晒す=思っていることや考えていることを全部出してしまう、とは違うと思いますが、とにかく文字や言葉にすることに、ウソがない。本音と違うことは書いたり言ったりしないんだろうなと。それが実際には会ったことがなくても、文章から伝わってくる。そこに私は惹かれます。

で、そこに私が惹かれるということは、私自身がそういう風に生きたいと思ってるんだな、そうなりたいんだな、ということの表れなんだなーと。


うん。やっぱり書いてる間に自分の頭の中も整理されてきました。

大きな夢もないし、成し遂げたい目標もない私。そういうのを掲げるのは大の苦手です。でも、かっこよく生きたいな、とは思ってます。その「かっこいい」の基準は、もちろん自分(笑)。

自分の気持ちにウソをつかないように。本音がどこにあるのかを見失わないように。(例えその本音が世間の非常識とされることであってもね!)

そんな風に、2016年もポジティブに生きていこうと思います。


ここまで頭がすっきりしてからタイトルを書きましたが、なんかホリエモンのファンみたいになっちゃってるのは不本意だな(笑)


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキングに参加してます。クリックで応援してもらえると嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

関連記事
Theme:美容・健康・アンチエイジング | Genre:ヘルス・ダイエット |
Category:価値観を明確に | Comment(11) | Trackback(0) | top↑ |