RSS|archives|admin

ビーガン仕様のフルーツブレッド

2017.01.26 Thu
 冬の間、自分の朝ごはん用にちょくちょく焼いてるフルーツブレッド。ドライフルーツとナッツぎっしりで、2枚食べれば十分満足なボリューム。

thumb.jpg

 もともとは、クリスマスマーケットで買って食べたフルーツブレッドがものすごく美味しかったので、自分で家で作れたらいいなと思ってレシピを色々調べて作り始めたのが最初。

 以来テキトーに試行錯誤しつつ、なかなかあの食感とふんわり感は出ないのですが、それでもある程度美味しいと思えるものが焼けてるので、備忘録も兼ねてここにレシピを書いときます。(もっと美味しくなったら書き換えますね...。)

DSC_5009.jpg

<ビーガンフルーツブレッド材料>
*長さ22,5×幅8×高さ7㎝のドイツサイズのパウンド型1本分。
(この分量で一回焼くと、20スライス分くらいできてしまいますので、一人で食べてると10日くらい持ちます (^^;) )

・ドライフルーツ 色々合わせて 400g
 (レーズン、いちじく、プルーン、アンズ、デーツ、クランベリーなどお好みで)
・リンゴジュース 300㏄
 (市販のでOK。リンゴピューレでも可)
・オレンジ果汁と、皮のすりおろし 1/2個分
 (なければ、少しリンゴジュースを増やす)
・アーモンドプードル 100g
 (これはあったほうがよい)
・ディンケル小麦粉 200g→変更:150g
 (小麦粉や全粒粉でもOK。私はそのとき余ってるきなことかも適当に混ぜちゃいます(^^;))
・ベーキングパウダー 小さじ1と1/2
・シナモン、カルダモン、クローブのパウダー 各小さじ1/2~1くらい。好みで。
・ナッツ類 50~100g
 (ヘーゼルナッツやクルミ、アーモンドなど。1種類だけでもOK)

DSC_5010.jpg

 作り方は簡単。

1、レーズン以外のドライフルーツをハサミで小さくカットして、全部ボウルに入れる。そこにリンゴジュース、オレンジ果汁、皮のすりおろし、好みでラム酒やブランデーもどばっと大さじ1~2くらい入れて、30分くらい置く。

2、その間に粉類を合わせてふるい、ナッツは粗く刻む。型に紙を敷いて、オーブンを190℃~200℃に余熱する。

3、粉類に1を入れて混ぜる。途中でナッツも入れて混ぜる。型に入れて平らにならして、40分くらい焼く。

以上!

DSC_5011.jpg

 出来上がり。うちでは、冬なら室温のままでカビもはえずに7~8日日くらい平気で持つので型に入れたままテーブル上に保存してます。

 どっしりみっちりした感じの食感なので、多分もっと粉を減らしつつベーキングパウダーも増やしたりするとよいのだろうけど。この店のフルーツブレッドの原料詳細を見ると→https://www.lebegesund.de/fruechtebrot.html大体の配合がわかりますね。次回はこれを参考に作ってみます。

 ここ1年以上、朝は自分で作ったマフィンやらこのフルーツブレッドやら、甘さ控えめパウンドケーキとかを食べてます。ドイツパンに飽きてるというか、いちいちバターとかジャムとか何か塗らないと食べられないパンが面倒になったのも理由のひとつです。でもマフィンとか焼くのは全然面倒じゃないんですよね...(^^;)。

 あっ、私は全然ビーガンではなく思いっきり肉食ですが、あまり砂糖がどーんと入った甘いものが好きではないのです。ビーガン対応レシピだと、たいてい砂糖も不使用もしくは使用量が少ないレシピが見つかるので助かります。


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキングに参加してます。クリックで応援してもらえると嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

関連記事
Theme:ヴィーガン・オーガニック | Genre:グルメ |
Category:かんたんレシピ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

ドイツでも Panasonic のナノイードライヤーに買い換えました

2017.01.16 Mon
 約2年前に日本で買ったドライヤーがすんごーく良かったことは、当時のブログに書きました→『Panasonic ヘアドライヤー ナノケア、ほんとにいいです!』

 その後、日本に里帰りする度に、「やっぱこのドライヤーだとツルツルサラサラで最高だわ~!」と感動するので、やはりドイツで毎日使うドライヤーも同じシリーズに変えようと決断。

 で、ドイツのAmazonで買ったのはこちら↓約89ユーロでした。

Panasonic Haartrockner EH-NA66
pana1.jpg


 何が違うのかわからないんだけど、もうひとつ同じラインで売られていて、レビュー数も明らかに多いのはこちらのタイプ。こちらは約130ユーロ。

Panasonic Haartrockner EH-NA65-K825
pana2.jpg
 私は、↑この「どピンク色」をバスルームに置くのは絶対にイヤだったので、必然的に上の黒一色のタイプを選んだのですが。実際どのあたりの仕様が違うのかはわからず。

 そして実際の使い心地について。

 うーん。日本でナノケアドライヤーを使用するときのような、「うわ!ツルサラになった~!」という感動はないですね。

 なぜかしら。水が違うから?空気が違うから?? これまで使ってた、Philips のイオンドライヤーに比べると、多少はしっとりまとまる感じがしますが。

 日本で売ってるものとは何か仕様が違うのだろうな。値段も日本のほうが高いし...。


 いずれにしても。パワフルな風で、素早く髪を乾かせるという点では十分合格ですし、髪がパサパサにならずちゃんと落ち着くところを見ると、ナノイーの効果があるのだなと。Amazonでのドイツ人のレビューも悪くないので、気になる方は試してみてくださいね。

 日本で買う&使うなら、相変わらずめちゃめちゃオススメです!お高いだけのことはありますよっ。


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキングに参加してます。クリックで応援してもらえると嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

関連記事
Theme:日用品・生活雑貨 | Genre:ライフ |
Category:私のモノ選び | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |