FC2ブログ

RSS|archives|admin

ヘナでセルフ白髪染め、2回目

2018.02.25 Sun
 1週間前にヘナ染めをして、その後の様子を見てました。(先週の記事はこちら→『ヘナでセルフ白髪染めに挑戦~~!』

 その間に気づいたことや前回書き忘れたことなど。

・染めた翌日は、ちょっと髪がゴワつく。ドライヤーをかけると洗い流しきれてなかったヘナが粉状になって少し落ちる。
・1~2日目は髪を濡らすとオレンジ色の水が垂れた
・2日目の夜(染めて48時間後)にシャンプーしたら、泡が青色になった。その2日後のシャンプーでも青くなったので、けっこうインディゴが落ちてるみたい。
・髪の毛を触ると、6日後でも手が青くなる。石鹸で洗えばすぐ落ちるけど。
・グレー系や黒の洋服ばかりだから気づかなかったけど、髪の触れる首回りとかはうっすら青くなってるかも(^^;)?

 髪の色は、シャンプー2回した後は少し薄くなったような??でも、染める前に比べたら明らかに落ち着いた色になってる。染める前は毛先が黄色っぽい明るいブラウンだったのが、赤みのあるオレンジ系ダークブラウンになった感じ。

 で、最初は1週間おきに2~3回集中して染めると色がきちんとのるようなことが使用説明書に書いてあったので、昨日2回目やりました。

 前回粉を100g使って多すぎたので、今回は70gで、前回よりも水分多めでゆるめに溶いてみました(飛び散りやすくなり、バスルームは汚れた(^^;))。 結果的には、70gでも全体に塗るのには多かったくらいかな。次回は60gでやってみる。

 あと、前回はシャンプー後の濡れた髪に塗布したのだけど、今回は乾いた髪にやってみた。濡れてるほうがキューティクルが開いてて色が入りやすいという説と、乾いた髪のほうがきちんと色が入るという真逆の説があって、どっちが正しいかわからないけど。シャンプーしてそのままヘナだと余計に時間がかかるので、ラクなのは前日シャンプーしておいて、ヘナかなと。

 塗ってからラップ+タオルで巻いてさらにヘアキャップして1時間(バスタブにつかって過ごしました)。あとはお湯でしっかりすすいで終了。

・初回同様、洗い流した後の髪はけっこうゴワゴワでドライヤーをかけるときに手触りがよくない。
・色はしっかり入った感じで、オレンジぽかった部分はさらに黒めのダークブラウンになってる。(また数回シャンプーしたら変化するかも。)

 ・・・と、現時点ではこんな感じです。今日は頭皮をちょっと掻くと、爪にインディゴの青い粉が入ります(;^_^A  

 あと、実は私クレンジング機能のある美顔器を持っているのですが。久しぶりにそれを使ってコットン+ローションでクレンジングしたら、恐ろしいほどコットンが青くなりました(笑)。 ぱっと見わからないけど、顔にもめっちゃインディゴがついてたのね~~~!これはよろしくないので、もっとちゃんとクレンジングしなければ(・_・;)。

 いずれにしても、部分染めはともかく全体染めはけっこう手間です💦 慣れも必要だと思いますが。髪に多少抹茶のような匂いも残るし、染めた翌日(シャンプーするまで)は髪が扱いにくくてヘアスタイル決まりません。 なので、できれば2~3日は外出したり人と会う約束がないときにしたほうがよいな、というのが現時点での私のヘナ(+インディゴその他のブレンドされたカラーの)考察です。


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキングに参加してます。クリックで応援してもらえると嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ


関連記事
Theme:美容・健康・アンチエイジング | Genre:ヘルス・ダイエット |
Category:ベルリンでの日常 | Comment(3) | Trackback(0) | top↑ |

ヘナでセルフ白髪染めに挑戦~~!

2018.02.19 Mon
 ここ2年くらいで、急に白髪が目立つようになってきました(-_-;) まぁそんなお年頃ですのでしょうがない。

 大人になってからずっと髪を染めたことがなかったのですが(いわゆるヘアカラーを一度もしたことがなかった)、白髪が出てきたから「しょうがないからそろそろ染めるか~。」という感じで美容院で生まれて初めてのカラーをしてもらったのが2年ちょっと前。

 明るい色はそれなりに気に入ったのですが、やっぱりその後の髪のダメージが気になるようになり。
「一度染め始めたらもう戻れないってのはこれか......Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン」と、カラーをしたことをちょっと後悔しはじめ......。

 その後、伸びてきた地毛と明るい色を馴染ませたくて別の美容院で「暗くしてください」ってお願いしたら今度は恐ろしいほど真っ黒にされて、また別の店で無理やり黒→ダークブラウンに染め直すというハプニングもあり、髪は痛む一方(泣)。

 そんなこんなの2年間を過ごしたのですが、昨年初めてベルリンでお世話になってる美容師さんにヘナ染めをしてもらいました。ヘナだと、傷んだ髪を補修する効果もあるらしいし、使い続けると白髪自体も減って美髪になるらしいと聞いて興味津々!

 仕上がりも良く、ちょっと時間はかかるけど、髪と体の健康を考えた上でどうしても染めたいなら化学薬品を使用しないヘナ一択なのだとも教えてもらい。 
「よし!これからはヘナで染めながら徐々に元の髪色に戻していこう!」と決めました。

 そんな矢先。頼りにしていた美容師さんがしばし休養に......。でも私の白髪は待ったなし~~。それに白髪だけじゃなくて、2年前にカラーをして痛んだ部分の色もどんどん明るくなってきて、地毛との色の差が目立ってみっともない (x_x;)


 「よし!これはもう自分で染めろってことなのね!」とリサーチを開始。

 というわけで、早速買ってきてヘナでセルフ染め、試しましたよー(長い前フリでしたね)。

 まず日本語で色々ヘナについて調べてから、じゃあドイツではどれを買うのがいいのだ?と少し考え、ドイツ語で調べたけどたくさんあってもうわからないので、ヘナを扱うショップのスタッフに相談しよう。と、自然派コスメの充実したショップ(Naturkaurhaus)へ行きました。 

 「あなたの地毛の黒いところには色が入らないから、明るいところと白髪の部分だけが染まるとして、黒かダークブラウンのどちらかね。」とわかりやすいアドバイスをもらい。あとは、「髪質によっても好みによっても違うから、とにかく試してみるしかない。」という非常にもっともなアドバイスをいただき。

DSC_6937.jpg
箱の中に、真空パックの粉末ハーブヘアカラー、説明書、シャワーキャップと手袋が同梱。クシやハケは入っていません。

 いくつかのメーカーがある中から20分ほど悩んで決めたのが、写真の「khadi」のダークブラウン。アーユルヴェーダをベースに作られた、オーガニック認証を取得しているドイツの自然派コスメブランドで、ここのヘナをベースにしたヘアカラーはドイツではよく見かけるので気になってました。100g入りで、値段は日本円換算で1,000円しないくらい。

 ヘナ100%じゃなくて、一回でダークブラウンに染まるようにインディゴその他が配合されています。使い方はわりと簡単で、粉を50℃以下のお湯で溶いて、シャンプー後の濡れた髪に塗って、保温しながら1時間くらい待って、洗い流すだけ。(ものすごく端折って書きましたが(^^;))

 とはいえ、自分でセミロングの髪にまんべんなく塗布するのは難しかったですけどね💦 最初はハケでちょこちょこ塗ってましたが、最後は手袋をした指でがっつりペースト状のヘナをすくいとって頭皮にもみこんでました(笑)。セミロングで髪の毛は多いですが、十分な量ありました。

 あ、ちゃんと事前に試し染めもしましたよ。内側の目立たないところに塗って1時間おいてみたのですが、ほぼ変化が見られず。「まぁ変な色にはならないってことだろう。」と解釈して、2日後に全体染めに踏み切りました。

 結果は、良好!

 白髪は、しっかり染まったというよりはやや薄いダークブラウンだけど、全体に目立たなくなったし。色が抜けて明るくなり過ぎていた毛先部分は、1~2トーン暗くなって、地毛との色の差がだいぶわからなくなりました♪

 染めて2日目の今日は、まだ髪全体が干し草のような、というか青汁のような独特の青臭い香りがしますが(^^;) タオル等への色移りは全然してません。衣服についたら色が落ちないって説明書に書いてあったけど、思いっきり汚したタオルもすぐに水洗いしてから今日ふつうに洗濯したら、全然色移りしてませんでしたよ。

 あと、湯船とか洗面台とか、粉を混ぜたボウルとかも全く色移りしていませんでした。これはプラスポイント♪ 最初は続けて1週間ごとに2~3回染めると色が定着しやすいようなので、とりあえず来週もう一度染めてみようと思ってます。

 「変な青緑っぽい黒髪になったらどうしよう......(・_・;)」というのが一番の不安要素だったのですが、とりあえず今回試したkhadiのダークブラウンと私の髪の相性はOKだった、というのがわかって一安心です。

 これから長い付き合いになりそうなヘナ染め。ぼちぼち慣れていきたいと思っております!


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキングに参加してます。クリックで応援してもらえると嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

関連記事
Theme:美容・健康・アンチエイジング | Genre:ヘルス・ダイエット |
Category:ベルリンでの日常 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

日本でもだいぶ知名度が上がった月経カップ、私も新しいのを買いました

2018.02.07 Wed
あら~~久しぶりに日本のAmazonで「月経カップ」を検索したら、まぁこんなにあるとは!!素晴らしい。検索結果198件だって!

私が初めてドイツで月経カップを買った&使った2013年は、日本のAmazonではカナダからの並行輸入品のDiva Cup(*今はAmazonで取り扱いなし)しか見つかりませんでした。 
↓その時のブログ記事

『エコでラクな生理用品「月経カップ」買いました』 2013.05.25


2015年1月にニュースになったドイツのRuby Cupについて書いたときも、まだ日本では月経カップほとんど知られていませんでしたが。
↓この記事(リンク先のニュースも)は、今もぜひ多くの方に読んでほしいです!

『とにかくその存在を知ってほしい!「月経カップ 」やっぱりオススメ!』 2015.02.03


それが日本で一気に広がったのは、2016年に「スクーンカップ」が発売開始したからだと思います。
↓日本で買うならここのメーカーのがレビューも多いし試してみやすいかも。

『ついに、日本でも月経カップ「スクーンカップ」発売開始!』 2016.06.01


これは本当に、自分で買って使って体験してみる以外にはないプロダクトなので、気になる人はとにかく一度買ってみてくださいとしか言えないのですが。これだけ選択肢が増えるとまた迷いますよね(笑)。

私が初めて買って&使ったカナダのDiva Cupは良かったです。ベルリンのNatur Kaufhaus で買いました。
↓楽天だとiherbで購入可。



が、4年半使って、残念ながら先端のツマミ部分がちぎれてしまったので(^^;) 新しいのを買う必要に迫られ。

せっかくだから、たくさん新しいメーカーが出てきたから別のを試してみようと思って、まずは近所のドラッグストア(dm)でお手頃価格だったこちらを買いました。

日本でもAmazonで購入できる、ドイツのメーカー「メルーナ」のもの。(dmで買うと15,95ユーロ、約2150円と安いんですよ。)
DSC_6780.jpg

でもこれは残念ながら私には合っていなかったようで(>_<) 私が選んだものがたまたまそうだったのかもしれませんが、使い慣れた Diva Cup に比べるとやや小さくやや硬く。折りたたんで入れた後にきちんと広がらないことが多く、結果漏れてしまうという(^^;)...。

ツマミの形は、引っ張りやすくていいんですけどね。レビューは高評価ですし、やはり合うか合わないかは人によるのだと思います。

それで、以前から気になっていたこれまたドイツの Ruby Cup を改めて購入。近所の BIO COMPANY で29ユーロくらい(約4,000円)。

DSC_6881.jpg

こちらのほうが、私には使い心地良好。硬くはないけどハリと弾力性があって、折りたたんで入れたあとちゃんと広がって装着感がよく漏れないのと、シリコンの素材がツルっとしていて、着色しにくい。とりあえず2か月使いましたが、前に使っていたDiva Cupよりもさらに良さそうです。

なおかつ、この記事⇒ 『とにかくその存在を知ってほしい!「月経カップ 」やっぱりオススメ!』で書いたとおり、Ruby Cup はソーシャルプロダクトで、ひとつ買うとケニアの女性にもひとつRuby Cupが寄付されるという素晴らしいシステムになっています。

というわけで、現時点では私がおすすめする月経カップは Ruby Cup です。日本では発売されていませんが、公式サイト(https://shop.rubycup.com/)からオンラインで購入できますので、気になる方はぜひ。


これから世界で主流になる生理用品は月経カップだと確信してます。エコで、ストレスフリー。まだ試したことがない方も、ぜひ勇気を出して使ってみてくださいね☆


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキングに参加してます。クリックで応援してもらえると嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

関連記事
Theme:美容・健康・アンチエイジング | Genre:ヘルス・ダイエット |
Category:私のモノ選び | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |