FC2ブログ

RSS|archives|admin

ドイツのユニクロのサイズ、日本よりやっぱり大きい

2018.07.27 Fri
 ベルリン市内にはすでに4店舗もあるユニクロ! 私はもう長年「ユニクロのない生活は考えられない!」というほどインナーからアウターまでかなりお世話になっているので、2014年のドイツ進出以来、ベルリンでも日本と同じように製品が買えるようになったことは本当にありがたい。

 とはいえ、同じ製品なら日本で買ったほうが安いので(日本で1,000円のものはこちらで10ユーロ=1,300円くらい。相対的に高い)、なるべく年に2回の帰国時にまとめて買うようにはしているのですが。

 この猛暑で、例年の量では夏物の洋服が足りなくなり(^^;) クローゼットに半袖が少なかったので買い足しに行きました。

 で、昨日まとめ買いしたのはこちら!<ドレープクルーネックT(半袖)

2018-07-26 (2)

 もとい、ドイツではこちら。<DAMEN DRAPE T-SHIRT

2018-07-26 (1)

 ドイツでも、同じ商品名&写真で紹介してあるので間違えません。


 でも!!サイズが違うので要注意!!

 日本のMサイズ=ドイツのXSかSサイズなんです!


 私は日本のユニクロで買い物する際は、ほぼなんでもMサイズを選べばOKなのですが、こちらでは表記してあるサイズが違う。

 このドレープTシャツは、去年(か一昨年?)日本で買ったものが着やすくてすごく気に入っていたので、同じデザインの今年のものを色違いで何枚か買い足したかったのですが。

DSC_7890 (2)
↑上のMサイズのが日本で買ったもの、下のXSサイズがドイツで買ったもの。全体の写真はないですが、完全に同じ大きさでした。(買った年が違うので、首周りのデザインと処理は違いますが幅や丈、素材は全て同じでした。)

 まさか2サイズも違うとは。

 ↓でも、それを裏付けるのがこちらのサイズ表。このTシャツはバストサイズを目安に選ぶものなので、そこの数値を見てください。
2018-07-263.png
↑日本のMサイズは、バスト80~85。

saizu2.png
↑ドイツでは、XSサイズでバスト79~84になってますね!やっぱり日本でMサイズの私は、ドイツではXSサイズでいいわけです(^^;)!


 こうやってちゃんとサイズ表を見て確認したのは今回が初めてですが、そういえば去年の冬にベルリンのユニクロで買ったダウンコートもSサイズでした。日本だったら絶対Mサイズだったはず。

 もともと普段から、サイズを見るよりも試着してちょうどいいサイズを選ぶようにはしているので(⇒こういうこともあったし『ドイツのデパートKarstadt のミセス向けニットがすごくお買い得で良かった!』)試着なしで洋服を買うことはないのですが...。

 ドイツのユニクロでは、とりあえず日本のサイズより1~2サイズ小さめから試着するのが正解だと学びました☆

 

読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキングに参加してます。クリックで応援してもらえると嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

関連記事
Theme:ドイツ生活 | Genre:海外情報 |
Category:クローゼット | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

30年は使えそうな、素敵なバケツを庭仕事用に買いました

2018.07.08 Sun
 6年前にクラインガルテンを借りてからずっと、買い換えたいと思いながら「でもまだ使えるし。」とズルズルと使っていた不細工なプラスチックのバケツ。最初からこの庭にあったからなんとなく使ってたんだけど、まぁ使うたびに「ぶさいく...」と思ってました(-_-;)。

DSC_7901.jpg

 この夏、酷使に耐えかねて(というか経年劣化もあり)壊れてくれたので(笑)、やっと新しいのを買いましたー!

 私がドイツで一番好きなセレクトショップ、Manufaktumにて購入。小ぶりなんだけど、ちょっとやそっとでは凹みそうもないしっかり厚みと重みのある素材で、ものすごく頑丈なつくり!これはほんと30年は使えそう。

 しかも11ユーロ(約1500円)というお手頃価格。HPの商品ページには製造国が書いてないんだけど。ドイツのなのかな??

 これを買う前に、見た目重視で↓こういうホーローのバケツをアンティークショップとか蚤の市で買おうかな?とも思っていたのだけど。

 DSC_7588.jpg

 ホーローって結局すぐ欠けるし、そこから錆びてくるから私はあまり好きな素材ではなくて。それに中古のこういうバケツも10~15ユーロはするから、それなら新しくてこの先長く使える頑丈なのを買おうと。

 ちなみに庭のことは、別ブログ『ビオ・クラインガルテン Bio-Kleingarten』に書いてますが、もうなんだかんだでずっと更新できておりません(^^;)。でも庭仕事はちゃんと週に1~3回は行っていて、今の時期は落ちた小さなリンゴの実を拾い集めてコンポストに入れるためにバケツが大活躍しております。

DSC_7918_2.jpg
コンポストに集まった、美しい色合いの草花や果実♪うっとりするほどきれいですが、ここで土に還っていただきます(笑)

 Manufaktum には、本当に良いもの(というか私の好きなタイプのもの)が売っていていつも行くとうっとり♪なのですが実際に買い物をすることはあまりないので、こういう買い替えの機会に利用できるとひそかに嬉しいです! Manufaktum、2012年頃は日本で無印とコラボ販売してましたけど今はどうなんですかね??


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキングに参加してます。クリックで応援してもらえると嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

関連記事
Theme:ドイツ生活 | Genre:海外情報 |
Category:ベルリンでの日常 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

少しずつ家に溜まっていく不要品は、定期的にOxfam ショップに寄付

2018.07.04 Wed
 家の中から不要品を見つけて外に出すのが趣味ともいえるほど(^^;)、 暇さえあればちょこちょこモノをチェックしています。

 それでも、何度か迷って決断を先送りにしていたものとか、時間が経ってみると「やっぱり必要ないわ」と思えるものは探せば出てくるもので。

 頂き物とか、買ったけど結局使わないものとかの未使用品がけっこう集まったので、また近所のOxfam(オックスファム)に寄付として持ち込むことにしました。

oxfam.jpg
↑衣類から雑貨、食品(未開封)などなど紙袋ひとつがいっぱいになる量

 なんだかんだ、年に2~3回はここに持ち込みをしていますが、ホントに面倒なことが一切ないのがいい。身分証明書を見せたりせず、ただスタッフに「これ寄付したいんですけど。」と言って袋ごと渡すだけ。中身をひとつずつ見せたりしなくてOKで、5秒で寄付完了です!スッキリ!!

 私は持ち込むばっかりなので「寄付されたモノの在庫が過剰になったらどうするんだろう...。」と思うのですが、店内にはいつも商品をじっくり品定め中のお客さんがたくさんいるので、ちゃんと循環しているのだなと感じます。

 Oxfamへの寄付については以前の記事で詳しく書いてます。⇒ 『不要品を「寄付」して、家の中スッキリ!』 ドイツなどOxfamのショップがある国に住んでいる方は、ぜひ利用してみてください!


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキングに参加してます。クリックで応援してもらえると嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

関連記事
Theme:ドイツ生活 | Genre:海外情報 |
Category:収納・片付け | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |