FC2ブログ

RSS|archives|admin

うちの定番、簡単&めちゃ美味しいポテトグラタンレシピ

2018.12.21 Fri
 去年の冬に作って以来、あまりの簡単さと美味しさにハマってうちの定番料理になったポテトグラタン。

 ホワイトソースとか作る必要なくて、スライスしたジャガイモに生クリームと牛乳を合わせたものをかけて、チーズ振ってオーブンで焼くだけ!!と、超シンプル。

 寒い季節は毎週のように登場するけど、何度食べても飽きない...。ドイツのジャガイモ万歳!なレシピです。

DSC_9058~2
写真に撮ると美味しそうじゃないから、なかなかブログにアップできませんでした... 相変わらず美味しそうじゃないけど、気にしない。

<材料> 3~4人分 *うちのグラタン皿約25×15×4,5㎝ (内側を測ってます) にいっぱい分

・ジャガイモ  皮をむいた量で1㎏前後
・生クリーム  200㏄
・牛乳  150㏄
・塩  6g
・にんにく  ひとかけ
・チーズ  グラタン向きのもの適量
+ 好みで、ナツメグパウダーや胡椒、ベーコンの切れ端を刻んだものなど


DSC_9053~2

 下準備↑

①生クリームと牛乳は、分量の塩と合わせてよく混ぜておく。
*塩が溶けにくいので、これを先にやっておくことがポイント!あと塩6gって多く感じますが、この分量だからちゃんと味がついて美味しいのですよ。ナツメグパウダーや胡椒を入れるならここで。
②グラタン皿の内側に、カットしたにんにくの断面をこすりつけて香りをうつす(省略可)。
*でも私はこの地味なひと手間が大事だと思ってます。にんにくラブ♡
③オーブンを200℃に余熱する。(ドイツのガスオーブンなら目盛り4~5の間)

_20181220_202259~2

 皮をむいたジャガイモを、1~2ミリの薄さにひたすらスライス。厚さにバラつきあっても全く問題なし。

*ジャガイモの種類は、崩れにくい、メークインタイプ。ドイツでは festkochende か vorwiegend festkochende を選んで。うちは、いつも近所のPennyでBIOのやつを買ってます。(←庭で栽培してるジャガイモもこれです!)

DSC_9054~2

 スライスしたジャガイモをグラタン皿に敷き詰め、生クリーム+牛乳+塩のミックスを注ぎます。 

*塩が溶けてなくて容器に残ることがあるので、底からゴムベラなどで混ぜながら注いでください。
*ベーコンの切れ端を混ぜるなら、浮いてきてしまうのでジャガイモを敷き詰める途中で散らすといいです。ベーコンの味が出てさらに美味しくなります♪
* 私は、よく行くBIOスーパーで燻製ハムの端っこを刻んだのが安く売ってるので、それを冷凍保存してグラタンに混ぜてます。

DSC_9055~2

チーズを好きなだけかけます。

*私は、グラタン用のミックスチーズやエメンタール、ゴーダとかを適当に使ってます。焼いて溶けるタイプならOK!

DSC_9056~2

200℃のオーブンに入れて、50~60分! ついでに食べる時のお皿もコンロにのっけて、温めておきます(笑)。

*ゆっくりじっくり焼かれるうちに、生クリーム+牛乳のソースがしっかり煮詰まってトロリとしたホワイトソース状になってくれます♪
*焦げそうなら少し温度を下げるか、アルミホイルをかぶせて様子を見ながら煮詰まるまで焼いてください。

DSC_9058~2

 水分が1/3くらい飛んで、煮詰まった感じになったら完成です♪


 普通は、肉料理の付け合わせとかにするフランス風のレシピなのですが。うちは肉料理あんまりしないし、とにかくこのグラタンが美味しいのでこれがメイン!(とういうかこれ1品(笑)!)で2人で2/3は食べてしまいます。ほんとに簡単なので、ぜひお試しを☆


 ちなみに、食べ終わった後のガビガビ焦げ焦げになったグラタン皿は、重曹(Natron)スプーン1杯と熱湯をひたひたに注いで1時間~一晩くらい置いておけばラクにきれいに洗えますので、そこもご心配なく!


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキングに参加してます。クリックで応援してもらえると嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

関連記事
Theme:料理 | Genre:趣味・実用 |
Category:かんたんレシピ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

「ストッキング界のオートクチュール」とも称される Wolford のタイツ『Velvet de Luxe 66』、やっぱりいいです!

2018.12.07 Fri
 2年前の記事で書いた、ドイツで買えるタイツについて ⇒『ドイツ・FALKEのおすすめタイツとその収納』 2年経った今、Overアラフォーの私には FALKEのタイツよりも記事の後半で紹介した Wolford(ウォルフォード)のタイツが活躍しています!

 2年前の記事から引用ですが: 
 カジュアルではなくちょっとドレスアップしたいときの(滅多にないけど)黒タイツは、これがお気に入り。オーストリアの高級フットウェアブランド、Wolford(ウォルフォード)のVELVET DE LUXE 66(定価29ユーロ)。
 これも高級!なんだけど、ほんとしっかりしたつくりで、なんというか「あ~伝線しそう~」という感じが全くしないのがスゴい。で、すんごく脚が上品にキレイに見える。普通のblackもいいんだけど、nearly black という色が、微妙~に真っ黒ではなく、かといってチャコールでもなく、すごく使いやすい色です。


 で、今回新たにブログで紹介しようと思ったのは、この秋に何度も履いて、その良さを再認識したから。

DSC_8991.jpg
オリジナルパッケージからサイズとか品番のところを切り取って、ジップ袋に一緒に保管してます

 何が良いのかというと、丈夫なこと!!

 タイツとかストッキングって、丈夫で長持ち、ってのがけっこう重要じゃないですか。(←戦後の話?) 

 いやほんとに、私みたいに足の大きなタイプ(24,5㎝もしくはそれ以上)だと、けっこうすぐに爪先から靴下とかストッキングに穴が開いてダメになることって多いと思うのですが...。(私の場合、下手すると靴下も1日で穴開きます💦)


 このタイツは、1日履いてがっつり歩き回っても爪先から穴が開く気配がない!!

 
 さすが、お高いだけあります。すごく丈夫で、伝線することもなく、安心してがんがん履けるんです!
 
 そして、もちろん履き心地や見た目の上品さはバッチリなので、どんなシーンでも安心して履いて行けます。


ちょこちょこ買い足して、今は黒(Black)、紺(Admiral)、墨色?(Neary Black)とそれぞれ2足ずつ持っています。身長160㎝でSサイズで大丈夫ですが、もう1サイズ上でもいいかも?


↑日本で買っても、ドイツで買うのとそう変わらないですね!

 簡単に破れないタイツ、光沢や透け具合が上品なタイツを探してる方にはほんとおすすめします!一度お試しあれ☆

 
読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキングに参加してます。クリックで応援してもらえると嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

関連記事
Theme:レディースファッション | Genre:ファッション・ブランド |
Category:私のモノ選び | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

初ベトナム・ホーチミンに行ってきました♪ 配車アプリGrabが便利だった~~!

2018.12.02 Sun
 恒例の秋の日本一時帰国からベルリンに戻ってきました! 今回は、両親と一緒にホーチミンに行ってきたのが一番の思い出!! 実はベトナム、ずっとずっと一度行ってみたかったのです。

 いつからかな?ベルリンに長く住むうちにアジアが遠~くなってしまって、ヨーロッパの国よりもアジア諸国に憧れるようになりました。 なかでもベトナムは、「ベトナム料理はおいしい!!」という話を聞くにつけ、私の中で「一度行ってみたいアジアの国No.1 」の座を何年もキープしていて。

 ベルリンにはベトナムからの移民が多く、ベトナム料理の店が多いのも「ベルリンで一般的なベトナム料理ではなくて、本場の味を知りたい!」という私の興味をかきたてたのかもしれません。
 
 そんなわけで。「いつか行きたいベトナム」←いつ行くの?

 いや、そりゃ今でしょ...と決めたらあとは行動あるのみ!

 一人でも行く気満々だったのですが、一応両親にも「一緒に行かない?」と聞いたら「行く!」とのことだったので、めでたく親子3人で仲良く名古屋から3泊5日のホーチミン旅行が実現しました♪

 というわけで、旅の記録を兼ねたざっくり旅行記です☆(長いですよ(^^;)!)

 
 下調べは、けっこう時間かけてしましたよ!特に、どこで何を食べるか?は本気でリサーチしまくりました(笑)。

 私にとって、旅行=その土地の美味しいものを食べること!!

 それ以外は、文化も歴史も、ほんとすみませんけどほとんど興味なし💦 いいんですよ、食文化を学べば、だいたい歴史もその他の文化もついてくるんですよ(ってことにしておいてください)。


 というわけで、ホーチミンに到着して最初に意気揚々と向かったのは、牛肉のフォーが美味しいと評判のこちら!「Pho Le2」(こちらのサイトを参考にしました!

DSC_8596.jpg
 
 いや~~~美味しかった...。そして、ついに、人生初の「本場のフォー」を食べられたことでかなり満足!!!山盛りのライムとチリ、モヤシとハーブのお皿にもすごく興奮♡

 店内には明らかな旅行者は私たちだけで、あとは地元っ子な雰囲気なのも、よかった。3人で一杯ずつフォーを食べて、ビール2本頼んで、日本円で千円するかしないかでした。や、安い....!!!
 
 ホテルに戻って徒歩で周辺を散策したときの写真↓バイク、多すぎ!!手前のお姉さん露出高すぎ(笑)!!!面白過ぎる...!
DSC_8620 (1)
ほんとに思った以上にバイク多くて、滞在中に1回接触して足をちょっと痛めましたよ(-_-;) まぁたいしたことなかったからいいんですけど...。

DSC_8620.jpg
 明けて、2日目の朝♪ ホテルのお部屋からの眺め。遠くに見える高層ビル街が、繁華街のドンコイ通り周辺。

 私たちが泊まったのは、繁華街からちょっと離れたニッコーサイゴン。ここ、めちゃめちゃ良かったのでホーチミンに行くならおすすめします!

 いや、そりゃ良いに決まってるんですよ日系の5つ星ホテルですからっ!!でもでも、まだ物価の安いホーチミンだから...

東京都内のビジネスホテル(しかも素泊まり)くらいの料金で泊まれるんですっ!!! いやいやホントに! 都内のAP○ホテルよりずっと安いから!!

 お部屋は広いしバスタブはもちろん完備だし、さらに!全室ウォッシュレットつき(←実はこれが今回このホテルを選んだ決め手(笑))!!

DSC_8731.jpg
 超豪華で美味しい朝食ブッフェ(洋食、和食、韓国料理、ベトナム料理!)もついてて、毎朝本当に幸せなご飯タイムを過ごしました♡ あ~またこのココナッツメープルシロップをかけまくったワッフルが食べたい...。

 本当にここのホテルは良かったです。 H.I.S.で旅行を予約した際の早期予約特典でクラブフロアへのアップグレードが無料でできたので、専用ラウンジも滞在中使い放題。これはありがたかった!ドリンクと、時間帯によって軽食やお茶菓子が用意されていて、外出が続いて疲れ気味の父親がひとりでもここでゆったり過ごせて。そのおかげで私と母だけでも気兼ねなく街歩きに行けたりして、 とってもお世話になりました。

 で!2日目はまずH.I.S.の無料オプションで申し込んでた15分のマッサージとアオザイ試着体験に行き(アオザイ一度は着てみたかったからすごく満足♪)、そのあとはひたすら私が食べてみたいものを食べまくる1日 ( ̄▽ ̄)!

 まずはバイン・ミー(ベトナムスタイルのサンドイッチ)を食べにNHU LANへ。バイン・ヨー(ちまき的な物体)も気になったので食べ、暑かったからミックスフルーツのシントー(スムージー)も頼んじゃいました。(氷でお腹壊すとか、私はないだろうという前提で。全然大丈夫でしたよー。)でもどれも味は「まぁこんなもんか。」だったかな。もう一度食べたいとは思わず。

IMG_20181101_122132 (1)
↑母の撮ってくれたブレブレの写真(笑)。3人で行ったけど食べたのはほぼ私(^^;) ザ・食堂!な雰囲気が楽しかった♪

 そのあとはガイドブックに「ココナッツゼリーが絶品!」と紹介されていて気になった 85 Coconut and Pumpkinへ。 テイクアウトのみだったので、ココナッツゼリーとプリンを買って近くのバス停 (^^;) で食べました。このゼリーはほんと美味しかった!ココナッツジュースをそのまま固めたような感じで、サラリといくらでも食べられる感じ。

 ここまでで父はすでにお疲れだったのでホテルのラウンジへ送り届け(笑)、母と2人でザ・観光名所のベンタイン市場へ。

IMG_20181101_142821.jpg
ここは二度と行きたくないです!!!

 も~思ってた以上に嫌な感じ(^^;) 「オネーサン、ナニホシイ??」攻撃が凄くて、落ち着いて歩けない。「なんもいらねーよ!」と悪態つきながらさくっと1周して、10分くらいで嫌になって出ました💦 そもそも買い物する気が一切なかったので、ここはほんと行くべきじゃなかったと思いました。うるさい客引きにうんざり~。

 ちなみにベンタイン市場周辺に停まってるタクシーはみんなぼったくりらしいので、「絶対乗っちゃダメですよ!」って翌日のガイドさんに言われました。いや乗らないけど。

 そう。今回私たちはアジア版Uber「Grab」の配車サービスを利用しまくったので、ものすごく!!!快適でした。というか個人旅行者の必須アプリ!!

 Grab ならタクシーよりも安く、ベトナム語がわからなくても出発地も行先もスマホの地図上で事前に指定できて便利~~~!!! 詳しくは、「ホーチミン Grab」でググってください。

 とにかく、今回の私たち親子のホーチミン市内での移動はほぼ全てこの「Grab」で手配した車で A⇒B地点、B⇒C地点、と動いていました。気温30℃越えの暑い中、3秒ごとにバイクに轢かれそうになりながら歩かなくていいのはほんとラク!!

 20分くらい乗っても日本円にしたらせいぜい300~400円という値段だし、配車した時点で値段が明確に決まっているから、多少渋滞に巻き込まれても余分にチップなどを払う必要もなくて安心。カード登録しておけばキャッシュレスで使えます。

 私はクレジットカードの登録がうまくいかなかったから都度現金で支払っていましたが、特に問題なかったです。(ちなみに、スマホのSIMカードは現地で使えるタイプを事前に日本のAmazonで750円くらいで購入してました。⇒こんなの☆
 
 2日目の夜は、AO SHOW という、ホーチミン版のヴァリエテショーを見に行きました。私こういうの大好きなので。


1時間くらいのあっという間のショーでしたが、演出も凝っているし音楽も良く、テンポよく進む見応えのあるプログラムでした☆

 そこからさらに夕飯を食べにバインセオ46Aへ。すぐに座れましたが、バインセオ(と、ビール)が来るまでけっこう待たされた!忙しそうだったからね。でも本場のバインセオ、美味しく食べて満足☆


 さて。3泊5日の日程で滞在2~4日目の3日間はまるっと時間があったので、3日目はメコン川クルーズ日帰りツアーに参加しました(⇒コレ☆)。 安いのに充実の内容で、日本語堪能なベトナム人ガイドさんの話も面白く、すごくいいツアーでしたよ!

DSC_8709.jpg
 まぁツアーの内容はレビューなどにある通りですが、1日こんなにあちこち連れて行ってもらってこの値段!?と感じるお得なツアー。個人ではまず行けないところばかりだし、ほんとこれは参加してよかった!

 夕方ツアーからホーチミン市内に戻ってきたら、また私の食べたいものリストのお店へ(笑)。向かったのは、鶏のおこわが食べられる ソイ ガー ナンバー ワン!
 
DSC_8724.jpg
 看板メニューのソイガー(Xoi Ga)はとりあえず小さいサイズをひとつ頼んだんだけど、2回追加注文するくらい美味しかった!!この味が嫌いな日本人はいないのでは?

 あとは麺をひとつ頼んだけど、他にテーブルに勝手に生春巻きやらスイーツのお皿が並べられて、「食べなければ清算されないから。」とのこと。生春巻き食べようかなー?と思ったけど、ちっさいアリがたくさんくっついてたのでやめました(-_-;) 3人で食べてビール飲んで、やっぱり日本円換算で千円しない。ごちそうさま!


 そして4日目。ホテルの朝ごはんを堪能して、スーパーでお土産を買って。また父をホテルに残して(笑)、母と2人でマッサージに行って(うーん。安かったけど痛かった...)。

 最後のベトナムご飯、食べたいものリストはまだ半分くらいしかコンプリートできてないけど(^^;) これは絶対食べたかった ブン・チャーを食べに、「ティエム アン カットゥーン」へ。

DSC_8751.jpg
リンク先でオススメされていたブン・チャーも、フォー・ガーもどちらもすごく美味しかった~♡食べきれなかったのが心残り...。

 そしてホテルへ戻って、深夜便で名古屋へ帰国。

 その空港で、最後に残った現金を使い切るためにテキトーに買ったお菓子がまた美味しかった( ゚Д゚)!!!
DSC_8759.jpg
 なんでこれを選んだのかもよく覚えてないのだけど(笑)日本円換算で300円くらい??で1cm四方の小さなクッキー状のお菓子。緑豆が原料らしいのですが、香ばしいきなこをぎゅっと固めたようなホロホロした食感で、我が家では大ヒット!こんなに美味しいと知ってたら、もっとたくさん買ってきたのに~~。


 そんなこんなで、私の初ベトナム、初ホーチミン旅行はしっかり私が食べたかった&やりたかったことはクリアできて、ひとりではなく両親と一緒に行けたことでさらに楽しく充実した時間になりました。


 ホーチミンは私が思っていた以上に発展しているエリアと発展途上エリアの落差がまだまだ激しく、通りを1本隔てただけでその違いがダイレクトに感じられるのも興味深かったです。 そして(ツアリスト向けではない現地の)物価が安い。事前にカードで払っていたホテルやツアー代金以外に現地で両替して使った現金は食事とタクシー(Grab)、お土産代だけですが、3人で3日半で1万3千円で足りました。

一人、1日約千円ずつしか使ってなかったんですよ...!

 久しぶりに、「異国に来たな~~~!!!」と感じることができて新鮮だったし、またアジアの他の町に行きたいと思わせてくれた時間でした。近くて遠いアジア、面白い!また知らない町に行きたいなー♪



読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキングに参加してます。クリックで応援してもらえると嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

関連記事
Theme:海外旅行 | Genre:旅行 |
Category:未分類 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |