FC2ブログ

RSS|archives|admin

オススメの洗濯物干しは、このタイプ!

2012.01.16 Mon
ずっと使っていた室内物干しの足が壊れたので、先週新しいのを買いました。

ドイツではどこにでも売ってる一番一般的なタイプの安いもの。
(ホームセンターで9ユーロだった...今の相場だと1,000円以下です)
P1120480.jpg

洗濯物は年間通して部屋干しなので、これも室内専用です。
もし外で使ったら錆びたり風で倒れたりしそうなクオリティーですが
ずっと室内で使うなら問題ありません。

このタイプの物干しは、使ってみるとすごーく便利だということに気づきます。

1、省スペースでたくさん干せる 
  こう見えても、物干し竿18メートル分のキャパがあるのです。
  洗濯機いっぱいの洗濯物が全部干せます。

2、腰の高さで、歩き回らずに作業ができる

  物干し竿だと、手を上げる動作が多くなりますが、コレだと腰の高さで
  洗濯物を広げてどんどんかけていくだけなので動きにムダがなくてラク。
  物干し竿だと左右の移動距離がムダですが、これは自分が(ほぼ)動かなくていい。

3、洗濯バサミがいらない

  これは室内干しでの前提ですが。洗濯バサミで挟む作業って
  けっこう時間かかりますよね。それがないと、見た目すっきり&スピーディ!

4、平干しなど、干し方の応用が利く

  ニットなどの平干し台としてそのまま使えるし、写真のように
  厚地のものは空気が通るように大きく干して、薄地のものは
  ワイヤ1本分で干すなど臨機応変に使えます。
  ハンガーで干すのと違ってTシャツの肩も出ません。
P1120478.jpg

日本でも、まだまだ少数派ですがこのタイプ売られてますね。
 

レビューを見ると、やはり私が感じているのと同様のメリットを
みんな感じているようです。 マンション暮らしで、ベランダの
見えない高さに洗濯物を干さないといけないお宅にはいいと思います。
(外で使うなら、屋外用かどうか確認する必要がありますが。)

ちなみに、私は日本にいたころ「室内干しを買うなら絶対コレ!」と
心に決めていた一品がありました。

大木製作所のステンレス室内物干し 小です。

見た目がスタイリッシュで好きなのと、広げたときにも省スペース。
もともと大木製作所製品のファンなので(過去記事はコチラ
いつかこれを買おう!と思って暮らしておりました。
実際にはベランダの物干し竿に干していたので必要なかったんですが。

最近は花粉の季節に室内干しをする家庭も増えているようですし、
ぜひヨーロッパ式の物干しも選択肢に入れてみてくださいね~。


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキング参加してます。クリックで応援よろしくお願い致します♪

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
関連記事


Theme:生活・暮らしに役立つ情報 | Genre:ライフ |
Category:ランドリー | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<発芽玄米を手作り&圧力鍋で炊飯 | HOME | ベルリンのマルクトは今、チューリップだらけです!>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://kodawariseikatsu.blog109.fc2.com/tb.php/286-64851f83