FC2ブログ

RSS|archives|admin

ミュージアムとかギャラリーとか、全く興味がないのです。

2012.08.27 Mon
ベルリンは、アートな街。

世界的にも有名な博物館・美術館の数々から
最新のアートギャラリーまで、一体いくつあるのか...。

とにかく、アート好きな人なら絶対に憧れる街、それがベルリンです。
実際、ベルリンに住んでる日本人は芸術家とかデザイン系の人が多い(気がする)。

そんなベルリンに住む私。
全くそういうものとは無縁なタイプ。

これまでの人生で、博物館やら美術館やらアートギャラリーやらに行って、
面白い!とか、これはスゴイ!とか一度たりとも感動した覚えがないのです。

そんな非文化的な私なのですが、実はここ3日間ベルリンのミュージアムを
集中して見て周ってました。(1日5箇所まわるとすんごい疲れます。)
一応ベルリンの個人ガイドをしているので、勉強のために行ったのですが...。

P1140068.jpg
現代アートは理解できない。
これ、いつか誰かの役に立つ日が来るんだろうか?とか考えてしまう。

P1140145.jpg
出土品系がガラスケースに入ってるのを見ても全くワクワクしない。
「王家の紋章」を家で読むほうが、よっぽど楽しい。

P1140084.jpg
絵画は、こういうのを見ればあまりにもリアルな表現技術に
「すごいなあ」とは思うのだけれど、それだけ。心が動かない。

P1140063.jpg
こんなのに至っては... 描くほうもどうかと思うけど、
展示するほうもどうかしてるんじゃないか?と突っ込みたくなる。


やっぱり、ダメです私。ギャラリーとかホント興味ないです、
ということを再確認した3日間でした...。もう行きません。

なんでこんなしょーもないことを書いたのかというと。

ベルリンに限らず、海外旅行(ローマやパリ)に行くと、
「とりあえず」美術館や博物館に行く人が多いから。

普段日本でミュージアム巡りなんてしないような人でも、海外に行くと
「ガイドブックにオススメスポットとして紹介されてるから。」
という理由だけで、なんだか博物館に行かなければいけないような気分になって
私と同じように「何がすごいんだかよくわからん」と思いながらも
貴重な旅先での時間を潰している人が多いような気がして。

いや、もちろん好きな人はどんどん行けばいいと思うんですよ。
でも、ただガイドブックに「必見!」と書いてあるからって、
旅行中にミュージアムに行かなくたっていいんですよ、ということを
ハッキリ書いておきたかったのです。

でも、ベルリン特派員としてのブログに書く勇気がなかったので(笑)
こちらに書いたのです。まあこれが私の本音ですわ。
(なので、私に「オススメのミュージアムはどこですか~?」とか聞かないで。)


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキング参加してます。クリックで応援よろしくお願い致します♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
関連記事


Theme:暮らし・生活 | Genre:ライフ |
Category:価値観を明確に | Comment(3) | Trackback(0) | top↑ |
<<パンを保存しておくためのリネンバッグを作ってみた | HOME | 「我が家のIKEA」に仲間入りさせたいモノ!POÄNG ロッキングチェア>>

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | | 2012.09.09(Sun) 03:56:02 | [EDIT] | top↑ |

no subject

明子さん、はじめまして。
春に友人を訪ねてベルリンへ行きその後このblogを見つけて楽しく読んでいます。(その友人の名も明子ちゃんです)
ギャラリー巡りに関して、、わたしも現代アート全くわからいのでblog読んで笑っちゃいました。
古い博物館は建物が好きなので行ったりしますけどね~なので国立のところは無料にしてほしいな~なんて思ってしまいます(英国みたいに。。)。
ベルリンへはまた行きたいな~と思っています。沢山楽しい情報を載せてくださいね。明子さんの日常の事も楽しみです。
- | 朝子 | URL | 2012.10.25(Thu) 08:46:52 | [EDIT] | top↑ |

Re: no subject

朝子さん、はじめまして!コメントありがとうございます^^
そうそう、ちょうど先日のこちらの新聞にも
「英国のようにミュージアムを無料にすべき」論が展開されていましたよ。
もっと気軽に日常的に市民が文化的なものに触れられるように、と。
確かに無料で気軽に行けたら、もっと私の斜めな見方も変わるかもしれません(笑)!
朝子さんのHPも拝見しました。バッグの作家さんなのですね!素敵。
また近い将来ベルリンに遊びにこられるとよいですね☆
- | 松永明子 | URL | 2012.10.25(Thu) 19:07:58 | [EDIT] | top↑ |

name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://kodawariseikatsu.blog109.fc2.com/tb.php/328-b07e9ce2