RSS|archives|admin

パンを保存しておくためのリネンバッグを作ってみた

2012.08.31 Fri
ドイツのパン。ものすご~く色んな種類がありますが、
うちがいつも買うのは↓こういう丸パンじゃなくて
web_vollkornbroetchen.jpg

半分か1個まるごと買ってきて、
家でスライスして食べるタイプ。
web_ganzkornbrot.jpg
(ちなみに、ベルリンではあちこちのBIOショップで買える
MÄRKISCHES LANDBROT のもの。ここのパンは本当においしい。)

うちでは、1回買うと2-3日分の量なのですが、
その間どうやってパンを保存しておくのか?というのが問題です。

買ってきた袋(コーティングなしの薄い紙袋)のままでは、
どんどん乾燥して翌日にはカチカチになっちゃいます。

かといってビニール袋に入れてしまうと、どうしても蒸れてしまって
せっかく香ばしく焼き上げてある皮の部分のおいしさが損なわれます。

世の中には、パン専用の容器もたくさん売っているのですが
(例えばこんなの⇒BrotkastenのGoogle画像
どれもなんだか存在感がありすぎて、あんまり欲しいと思えない...。

というわけで、どうしたものかと思いつつ、これまでは
妥協して買ってきた紙袋ごとビニール袋に入れてたのですが。

先日、お気に入りのセレクトショップ Manufactum で売っていた
コレを見て、ひらめきました。
86969_1.jpg
Brotbeutel Reinleinen 10 Euro
パンの保存用の袋。厚手のリネン100%で、
この生地が湿度を調整して、パンをおいしく保つのだそう。

10ユーロだから、その場で「買っちゃおうかな?」とも思ったのですが、
「待てよ、リネン100%の布があればそれで包めばいいのでは...。」
と気づき、家で使っているリネンのキッチンクロスで代用してみることに。

それから数日、買ってきたパンを紙袋ごとキッチンクロスで包んで
様子を見てみたら、蒸れすぎず、乾燥しすぎず、どうやらいい感じ。

これならOKだと思い、2枚重ねたリネンのクロスを袋状に縫いました。
P1140281.jpg
もうかれこれ8年以上使い込んでいるクロスで、
穴も開いてきていたのでちょうどよかった(笑)。
P1140280.jpg P1140283.jpg
これで2-3日はおいしく食べれるし、それ以上ならやっぱり
カチカチになってしまうのでその時点でビニール袋に入れようと思います。


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキング参加してます。クリックで応援よろしくお願い致します♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
関連記事


Theme:暮らし・生活 | Genre:ライフ |
Category:ベルリンでの日常 | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |
<<我が家のIKEA 買っちゃいました!POÄNG ロッキングチェア | HOME | ミュージアムとかギャラリーとか、全く興味がないのです。>>

no subject

こんにちは。はじめまして。

パンの保存方法、こんなにもおしゃれに保存してければ素敵です♪
また遊びにきます。
- | ちまちま | URL | 2012.10.08(Mon) 14:52:56 | [EDIT] | top↑ |

Re: no subject

ちまちまさま、はじまして♪ コメントありがとうございます!
この袋、パンはやっぱりある程度固くなりますが場所を取らないし気に入ってます^^
- | 松永明子 | URL | 2012.10.11(Thu) 04:24:53 | [EDIT] | top↑ |

name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://kodawariseikatsu.blog109.fc2.com/tb.php/329-86dc9b5d