RSS|archives|admin

キャンドルの明かりがもたらすもの

2013.02.17 Sun
ドイツの冬はひたすら長くて暗いので、
キャンドルの暖かみのある灯りが本当にありがたく、心地よく感じます。
視界の端に、炎がゆらめくのが見えるだけでなんだかほっとする。

P1150493.jpg

ドイツでの生活が普通となった今では、食事のときだけでなく
1人でキッチンに座ってこうしてブログを書くときにも、
なんとなくキャンドルを灯すことが日常になっています。

でも、よく考えてみたら日本で暮らしていたときは
キャンドルに火を灯すことなんて、誕生日のケーキ以外にはなかったです...!

日本人にとって、キャンドル(ロウソク)って、
「火を使うもの=火事の危険性がある危ないもの」
という感覚が強いような気がします。

実際、住宅の素材や造りが違うので、日本ではロウソクは
使い方を間違えると「火事のモト」であり、「マッチ一本」以上に
危険なモノとしての認識・刷り込みが強いのではないでしょうか。
(ドイツでは、家は「燃えないもの」なのです。石でできてるから。)

うちのダンナ(ドイツ人)は、キャンドルを灯したままで
平気でその場を離れたり、寝てしまったりするのですが、
私からしたら「ありえない!!!!!!!!!」ことです。
だって、私はバリバリ日本人家庭で「火遊び厳禁!!」
「ロウソクなんて火事のモト!!!」という認識で育っていますので...。

311の震災以降、日本でもロウソクを活用する機会が
増えたのではないかと感じていますが、今現在はどうなんでしょうね。

私の中でのキャンドル(ロウソク)というのは、
それを灯すことにより、空間の雰囲気がよくなり、リラックスできて
自分が心地よく感じられる、「小さな贅沢品」という位置づけです。

なくても(電気が通っている限り)困らないけれど、あれば
それだけで「暮らしが何割り増しかで心地よくなる」もの。
1日1-2個消費しても、10円するかしないかのプチ贅沢です。

他で贅沢しない分、日々の暮らしの中でキャンドルを灯して
気分よく過ごす、というのは自分にとってはとても大切なことだと感じます。

小さいお子さんがいる家やペットを飼っている家では
なかなかキャンドルを灯す機会がないかもしれないですが、
棚の上の方とか、普段目を向けない場所でもキャンドルを置くと
映える場所がきっとあるので、ぜひ試してみてくださいね。



↑こういう無臭のティーライトが便利!
 

↓楽天だとこちらがお値打ち。


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキング参加してます。クリックで応援よろしくお願い致します♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
関連記事


Theme:ドイツ | Genre:海外情報 |
Category:ベルリンでの日常 | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |
<<自分で足のマッサージをしたら、好転反応で熱が出ました... | HOME | 旅行に便利なライゼンタール・トラベルポーチの使い心地>>

キャンドルの灯り~

明子さ~ん!キャンドルのお話、かなり素敵ですよ~♪
確かに日本は「火遊び厳禁」ライターなんてもっての他、
と言われ続け、今、自分も子ども達に無意識に言ってる…
でも、キャンドルの灯りって、ほっこりするんですよね。
明子さんの書かれたこの部分、ジ~ンときちゃった↓

それを灯すことにより、空間の雰囲気がよくなり、リラックスできて自分が心地よく感じられる「小さな贅沢品」という位置づけ。

ふむふむ。確かに。
心を落ち着けて、忘れてた大事な気持ちを思い出させてくれる
ような気がするんですよ~
「大停電の夜に」?とかって映画知ってますか?
オムニバス形式の。豊川悦司とか出てたような…
その映画でも、ろうそくが効果的に使われてました。
ん~~素敵な提案、ありがとうございます。
時間見つけて、キャンドルタイム作りまっす!
- | アボガド | URL | 2013.02.18(Mon) 09:36:44 | [EDIT] | top↑ |

Re: キャンドルの灯り~

アボガドさん、こんにちは☆

> 明子さんの書かれたこの部分、ジ~ンときちゃった

あら、嬉しいです~^^ でも、ほんと心が落ち着くんですよね。

>「大停電の夜に」?とかって映画知ってますか?

⇒知らなかったので今検索してみたら、面白そうですね!
心温まりそう。チャンスがあれば観てみたい☆
確かに、キャンドルの灯りの中なら、蛍光灯の下では
言えないことが言える気がします(笑)!
- | 松永明子 | URL | 2013.02.20(Wed) 20:44:04 | [EDIT] | top↑ |

name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://kodawariseikatsu.blog109.fc2.com/tb.php/357-8b7dde49