RSS|archives|admin

日本の空港ではまず見かけないけど、ドイツでは当たり前の光景とは

2013.03.18 Mon
ホームステイに来るお客さんを迎えるために、よく空港へ行きます。

到着ゲートの前でお客さんが出てくるのを待っている間は
周囲の人を観察して楽しんでるのですが、いやはや
色んなドラマがあるようで、見ていて飽きないですよ。

まず、日本では見かけないけどこちらでは当たり前の、
↓「ゲートを出た瞬間にひしと抱き合って離れない」カップル。
P1150636.jpg

別にドイツでは、いつどこでどんな二人が抱き合っていようと
人目をはばかる必要はないのでいいんですけどね。
たいてい後から出てきた人の邪魔になってるので、それは気をつけないとね。


ゲートから出てきて、友達の顔を見た瞬間に顔をぐしゃぐしゃに
しながら泣いて喜ぶ若い女の子とかもよくいるのですが、

「一体どれくらいの期間、どこで何をしていたらここまで激しく友達との
再会を喜べるんだろう!?よっぽど命に関わる危険な体験をしたのかしら...」

と、彼女の人生ドラマを勝手に妄想してしまうほどなりふり構わず
ドラマチックな喜び方をしている人も、空港では日常的に見られます。


↓あと、日本で見ないといえばコレ!花を持って出迎え。
 (空港内で犬連れも、日本ではありえないですね。)
P1150634.jpg
この女の子のように、バラ一輪だけを握りしめて帰ってくる人を
待っている人は多いです。がっつり花束を持ってる人も多数。

「荷物いっぱいで帰ってくる人に、花束を渡しても邪魔じゃないか...」
なんて無粋なことを考えるのは私だけのようで、
みんな花束を受け取って嬉しそうに再会を喜んでいます。


なんかね、やっぱり私は典型的日本人だなー、といつも思うのは
こういう、人目なんか全く気にしないで喜びを
ばぁーっと表現する欧米人を見たとき。

私にとっての『嬉しい』と、欧米人にとっての『嬉しい』という
感情は、何か出所が根本的に違うのではないかと思うほど。

見ていて楽しい(そしてたまにもらい泣きしちゃう)のは、
間違いなく日本よりもドイツの空港の人間模様です。


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキングに参加してます。クリックで応援していただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 
関連記事


Theme:ドイツ | Genre:海外情報 |
Category:ベルリンでの日常 | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |
<<エコ大国ドイツの中の、リサイクルのメッカ・ベルリン | HOME | ドイツの「ビーガン」と、日本の「玄米菜食者」の違い>>

人間ウオッチング~!

明子さ~ん!

楽しく読ませてもらいました。
生放送人間ドラマ…と言うか、空港のお迎え場所って
見ていて楽しいですよね。私も家族を迎えに行く時など、
待ち人捜しよりも、周りの再会?風景を、ジ~と見ちゃいますよ。
日本じゃ割と、先に照れてしまうので、オーバーアクションは
少ないですかね。外国は…映画のワンシーンみたいですよね(笑)

花を渡すって…多いのですか!?
トランク引いて、時差ぼけ真っ只中に、花を貰うって?
自分に置き換えると、嬉しいけれど「え?今ですか?なぜ?」
って思っちゃうので、相手にも渡さないかな~と。
犬と一緒って…ビックリです。有りなんですね。

何年後になるか分からないけど、ベルリンで明子さんと再会が
できた時には、欧米人のように抱き合って、泣きじゃくって?
再会したいな~と思います。ふふふ…よろしくね!
- | アボガド | URL | 2013.03.18(Mon) 10:48:33 | [EDIT] | top↑ |

Re: 人間ウオッチング~!

アボガドさん、こんにちは~^^

そう、外国の空港ってホント映画のワンシーンみたいなんですよね!
私だったら頼まれてもできないようなオーバーアクションが見てて楽しい(笑)。

> 花を渡すって…多いのですか!?
こっちの人は、よく持ってますよ。待ってる人の、10人に1人くらい?
気持ちが目に見えるようで、いいものだなぁと思います。
(でもやっぱりもらっても「え、今!?」って感じると思う・^^;)

> 何年後になるか分からないけど、ベルリンで明子さんと再会が
> できた時には、欧米人のように抱き合って、泣きじゃくって?
> 再会したいな~と思います。ふふふ…よろしくね!

お待ちしてますよ~!じゃあ、私も女優張りに目薬仕込んでおきますね~(笑)!
- | 松永明子 | URL | 2013.03.19(Tue) 17:22:29 | [EDIT] | top↑ |

name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://kodawariseikatsu.blog109.fc2.com/tb.php/362-658773c7