FC2ブログ

RSS|archives|admin

キンドル・ペーパーホワイトをドイツで使ってみたその後と、オススメ本2冊

2014.02.13 Thu
12月に手に入れたキンドル・ペーパーホワイト(そのときの記事はこちら)。その後、どんな具合に活用しているかをレポート。


最初のうちは、Kindleストアの「無料本」カテゴリの中から、気になるものを手当たり次第ダウンロードして試し読みしてました。太宰治とか夏目漱石とか、古典本はけっこう無料のが充実してるので読んだことのない名作を読んでみるきっかけにはなりましたね。全く面白くなくても、無料だから痛くも痒くもないし。

Kindleストアへのアクセスは、キンドル端末自体がネット(無線LAN)に繋がるので、キンドル本体から本の検索・購入手続きが簡単にできるのですが、いかんせんタブレットなので入力に時間がかかるし(私はね)、画面が白黒だから本当に読みたい本・面白そうな本をザーッと探すならパソコンでAmazon の Kindleストアから探すほうが効率がいい。

なので、少し使い慣れてきた現在では、まずはパソコンで Kindleストアにアクセスして、そこから面白そうな本があればレビューを一通り読んで、それでも読みたければ購入⇒自動的にキンドル端末にダウンロードされるので、端末で読む。という流れで活用しています。

ちなみに私、子供の頃から漫画大好き。自分で買ってまでは読まないのですが、そこにあればジャンルを問わず読みたいというタイプ。キンドルの無料本カテゴリでは、一定期間キャンペーンで無料で読める漫画がちょこちょこ紹介されていて、これが私にはけっこう嬉しい。でもこういうのはたいてい何十巻とある中の最初の1-2巻だけが無料で、「あぁ続きが気になる~!」となって続きを購入させることが目的なのでハマりすぎないよう要注意です(笑)。

とはいえ、やっぱり書籍の品揃えは少ないと言わざるをえないです。Amazon で色々見ながら「これ読みたいな~。」と思っても、電子書籍化されていないので購入できない本の方がずっと多い。これは時間が解決しれくれるのかしら。

そんな限られた選択肢の中から、購入した本はまだまだわずかですが自分の中で「これは面白かった!」という本を2冊ご紹介。

1冊目は、「夢をかなえるゾウ」。ベストセラーなので読んだ人も多いのでは。Amazon のレビューも600件を越えてます(!)

いわゆる自己啓発本のカテゴリに入るのですが、とにかく文章が面白い。関西弁のガネーシャのキャラと例え話が絶妙で、読んでいて気持ちがよく、なおかつ自分に元気の入る一冊でした。

2冊目は、「あの世に聞いた、この世の仕組み」。これをオススメするのはちょっとチャレンジングというか、カテゴリとしてはがっつりスピリチュアル系に入る本なので、「あら松永さん意外とこんなの好きなのね...?」と思われること請け合いだと思いますが。

いや~これは面白かったです。ドイツに来てからというもの、イヤでも宗教とそれをベースとした文化について考えざるをえないのですが、じゃあ日本人が漠然と信じている仏教とか神仏とか、輪廻転生とか「ホントのところは一体どうなの??」っていうことへの著者からの明快な回答が、「そ、そうなの!!!??」と驚くことばかりで、それを信じるかどうかは読んだ人次第ですが、一読の価値はあるかと。これはホント読んでよかったです。続編もオススメ。


あと、キンドルの肝心の読み心地ですが、寝転がって、キンドルを片手で持ち上げたまま読むのはけっこう疲れます。カバーのせいもあるかもしれませんがわりと重いので、手が疲れます。(でも専用カバーは、なかなか高級感があってお気に入り。)スマフォに比べると目の疲れ方が全然違ってラクですが、とはいえ暗い部屋でキンドルのライトだけで長い時間本を読むのはやっぱり目に負担ですね。

専用カバーは、渋いロイヤルパープルにしました☆

とにかく。2ヶ月使ってみた結論としては、やっぱり「買ってよかった」です。ドイツにいて日本の活字が恋しい立場としては、例えまだ限られた書籍数の小さな図書館代わりのようなものだとしても、自分が面白そうだと思った本が一瞬にしてダウンロードできて、持ち運んでいつでもどこでも手軽に読めるというのは非常に便利なのは間違いないです。こうなってくると、雑誌がオンタイムで読めるA4サイズのカラー版キンドルもあるといいなぁ...。とか思ってしまいますね。危ない危ない...。(というか、紙の媒体は現実的にいつまで存在するのでしょうね?)


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキングに参加してます。クリックで応援してもらえると嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
関連記事


Theme:暮らし・生活 | Genre:ライフ |
Category:私のモノ選び | Comment(6) | Trackback(0) | top↑ |
<<あずきを炊きました。仕上げにはラム酒! | HOME | りんごのピューレを作ってます>>

no subject

キンドルのレポート、ありがとうございました。
次の帰国のときには、買って来ようと思います。
ロイヤルパープルってどんなパープルかと調べたら、ミルカのような感じなんですね。
EWVx.VaU | ともえ | URL | 2014.02.13(Thu) 18:46:29 | [EDIT] | top↑ |

Re: no subject

ともえさま
キンドル、あればやっぱり色々読みたくなります。ぜひ使ってみてくださいね^^
ロイヤルパープル、実物は写真よりも落ち着いた渋めの紫色です。私は気に入りましたが、お店で現物を見てから決めたほうがいいかもしれません。
- | 松永明子 | URL | 2014.02.14(Fri) 19:38:28 | [EDIT] | top↑ |

no subject

日本のアマゾンだとMP3の楽曲も日本在住オンリーでダウンロードできないのですが、日本で買ったキンドルには日本のアマゾンの本や漫画をダウンロードできるのですか。
初心者の質問ですみません。機械にとっても疎いアラフィフなんで。。
- | ダイネムター | URL | 2014.02.15(Sat) 04:07:31 | [EDIT] | top↑ |

Re: no subject

ダイネムター様
えーと、私も全く機械に疎いアラフォーなので(笑)わかっていないのですが...。Kindle Paper White は、そもそも書籍専用・白黒なので漫画はOKですがMP3 には対応してません。 カラーの、高いキンドル(Kindle Fire HDX 7とか?)だとOKなのかもしれませんが。すみません、全くわからないので詳しくはキンドルのサイトで確認してみてください~。
- | 松永明子 | URL | 2014.02.15(Sat) 06:55:07 | [EDIT] | top↑ |

日本のキンドル

松永様、
私の質問が悪かったようですね。(日本語が何か怪しいもので。。)ドイツで購入したキンドルには日本のアマゾンから和書をダウンロードできるのでしょうか。いえ、そもそも購入可能なのでしょうか。やはり日本でキンドルの購入が必要なのでしょうか。漫画を読むならFireの方がいいとも聞いてますが、これについて何かご存知ですか?
楽曲は別件で、去年の秋に日本のアマゾンからPCにダウンロードしたいと思ったら、海外在住では不可となっていて結局CDを買って送ってもらうはめになったからです。
- | ダイネムター | URL | 2014.02.15(Sat) 17:58:34 | [EDIT] | top↑ |

Re: 日本のキンドル

ダイネムターさま

>ドイツで購入したキンドルには日本のアマゾンから和書をダウンロードできるのでしょうか。

私のキンドルは日本で購入したものです。でも端末は世界共通だと思うのでどこで買っても同じだと思いますよ。言語は購入後に設定ですし。イコール、Amazon.jp から和書をダウンロードは問題ないはず。(と私は思っています)

>漫画を読むならFireの方がいいとも聞いてますが、これについて何かご存知ですか?

確かに漫画はPaperwhite だと画面が小さくて読みにくい場合がありますが、気にしてません。

> 楽曲は別件で、去年の秋に日本のアマゾンからPCにダウンロードしたいと思ったら、海外在住では不可となっていて結局CDを買って送ってもらうはめになったからです。

Paperwhite ではいずれにしても楽曲ダウンロードはできないので、残念ながらわからないです...。
- | 松永明子 | URL | 2014.02.15(Sat) 19:58:12 | [EDIT] | top↑ |

name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://kodawariseikatsu.blog109.fc2.com/tb.php/410-1edbeb75