FC2ブログ

RSS|archives|admin

あずきを炊きました。仕上げにはラム酒!

2014.02.15 Sat
半年くらい前に開封したBIOの小豆が残っていたのと、ちょっと甘いものが食べたくなったので思い立ってあずきを炊いてみました。

そもそもは玄米を炊くときに一緒に入れるために買ったのですが、どうしても玄米が炊き上がっても小豆は固いままでうまく炊けなかったのと、一度小豆だけで炊いたときも1時間以上火にかけても固かったので、「そういう品種なのかな~。」と思いつつ、イヤになって放置していたのです。(玄米の炊き方は今はコレ。

ちなみにドイツで手に入る小豆(Azuki Bohnen)は、たいてい中国産ですがオーガニック認証つきでも安いです。500gで3ユーロしないので、400円くらいかな。
azukibohnen-bio-rapunzel-91212-00.jpg

今回は、「小豆 煮方」で検索して出てきた、こちらの記事☆ を参考にしながら土鍋で炊くことに。ポイントは、浸水しないこと!=思い立ったらすぐに炊けるのがいいですね。とはいえ柔らかくなるまで結局1時間半近くコトコト煮たので、「すぐに出来上がる」わけではないのですが。

土鍋でゆっくり炊いたのもよかったのかな。1時間経っても豆が固く、「やっぱりこの豆ダメ~!?」と思ったのですが、さらに30分ほど炊いたら豆がつぶれ始めていたので、慌ててザルにあけてお湯を捨てました。

土鍋に戻して、砂糖を控えめに加えて練り混ぜて。仕上げにラム酒をタップリ入れて、できあがり!
P1180553.jpg

おいしくできました♪ とにかく「ラム酒風味の小豆」が食べたかったので、満足。少し冷めたところで、そのままお茶碗一杯分くらい一気に食べてしまいました...。久々の餡子味は、しみじみと美味。

というわけで。豆が悪かったわけではなく、私の煮方(と忍耐)が足りなかったのだということがわかったので、また気が向いたら炊いてみようと思います。


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキングに参加してます。クリックで応援してもらえると嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
関連記事


Theme:食品・食べ物・食生活 | Genre:ライフ |
Category:かんたんレシピ | Comment(4) | Trackback(0) | top↑ |
<<シャワーヘッドとホースを交換 | HOME | キンドル・ペーパーホワイトをドイツで使ってみたその後と、オススメ本2冊>>

no subject

工夫されてますね。
餡子味は年々依存度が増している気がする私です♪
お茶碗いっぱい食べたくなりました~
- | 6月のフェンネル | URL | 2014.02.19(Wed) 11:26:21 | [EDIT] | top↑ |

お豆には……

 アンコはウチも常備品です!
 そうそう、ヨーロッパの水は硬水で、特に小豆は日本式に「一度茹でこぼす」をしても豆類は柔らかくなりにくいんですよね~。
 で、私は豆類を茹でる時には「重曹」を加えています。 
 驚くくらい早く且つ柔らかくなりますよ~。実際、こちらの昔からある乾燥豆のブランドには「(重曹の)錠剤」がついているのもある位……。
 燃費節約(?)の一つとして、ど~ぞ。
nLIaBUG2 | リオ | URL | 2014.02.20(Thu) 16:53:36 | [EDIT] | top↑ |

Re: no subject

6月のフェンネル様
餡子味は、やっぱりほっとしますね~。こちらのお菓子は油脂がたっぷりなので、くどくてほとんど食べられないのですが、あんこはあっさりしていておやつ代わりに食べられるのがいいですっ。
- | 松永明子 | URL | 2014.02.22(Sat) 04:52:52 | [EDIT] | top↑ |

Re: お豆には……

リオさま
そうか!重曹を入れればいいのですよね~。次回ぜひやってみます^^ 確かに、豆のせいだけでなく水のせいもありますよね。よいアイデアをありがとうございます☆
- | 松永明子 | URL | 2014.02.23(Sun) 04:21:24 | [EDIT] | top↑ |

name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://kodawariseikatsu.blog109.fc2.com/tb.php/411-2343a56a