RSS|archives|admin

うちのキッチンの色使い

2014.03.01 Sat
3月になりましたね。2月のベルリンは例年の寒さがウソのように、気温が高めでお天気の日も多かったです。日もだいぶ長くなって、家の中に差し込む光が柔らかくなってきました。幸せ~!

幸せ気分をアップさせるべく、こんな乙女チックなピンクのチューリップを買ってしまいました。
P1180656.jpg

キッチンに入るときに、テーブルの上に花があるのが見えるとそれだけで気分がアップします♪
P1180655.jpg

キッチンに差し込む光の感じがすごくよかったのでついでにあちこち写真を撮っていて実感したのですが、私がうちのキッチンを好きだな~、と感じられるのは、色と素材に統一感があって落ち着くから。

P1180661.jpg

基本的には、うちのキッチンの中にある「色」は↑ここに写っている色合いだけ。

壁の浅緑色と白を中心に、調理器具類のシルバーと黒、ナチュラルな木のライトブラウン、少しダークブラウン、そしてガラス。

P1180657.jpg
↑ここは意識して同じダークブラウンのものを集めたコーナー。げんこつより大きな松ぼっくりは、10年前にニュージーランドから大事に持って帰ってきた宝物。

P1180660.jpg
冷蔵庫の上のものも、同じ色。(一番奥に置いてある卵のパックも、ちょうどいい具合にグリーンと白のパッケージなんですわ。)

P1180662.jpg
調味料とかを置いているラックも、好きな色のものだけ。(真ん中の赤いフタのビンが目立つな...)毎日使うものだけ出してあって、あとはパントリーに。

この色で統一せねば!と思ってこうなったというよりは、「これ好きじゃないな~。」「これは目に入らないほうが落ち着くなぁ。」と思ったものを排除(隠したり、容器を移し変えたり)していったら結果的には自分の好きなスタイルにちゃんとなってました!

で、自分の好きなキッチンのスタイルについて、3年半前にこのブログで書いてました、私。⇒『自分が目指すスタイルを確立するために コラージュは有効☆』 その中で当時書いた、私の好きなスタイルやディテールは

*自然光の入る明るいキッチンが好き
*調理器具など、使うものが見える状態で並んでいるのが好き
*ステンレスとガラス、木の質感が好き
*色でいうと、シルバー、白、ブラウン~ダークブラウンが好き


おお!まさに今のキッチンがその通りになっているではないですか~!!!

インテリアのセンスには自信がないですが、少なくともキッチンという場所については、自分の好きなイメージがはっきりしていたので、「自分にとって」心地よく、かつ使いやすい空間になっています。

壁の色は昔は全面が白かったのですが、ダンナのセレクトにより数年前に一部を残してペイント。私自身では選ばない(選べない)色ですが、塗ったことにより温かみと明るさが出て、明らかに白一色だった時代よりもオシャレな印象になってます。グッドチョイス!

こういう、壁に色を塗るってのは日本ではなかなかチャレンジする機会がないですが...。ヨーロッパ風の部屋作りや色使いに興味のある方は、こちらの過去記事(⇒『ドイツ流のラクで快適な暮らし...そのヒントが満載の本』)で紹介している久保田由希さんの本を参考にされるといいですよ!

というわけで、うちのキッチンには満足しているのですが、寝室とバスルームはまだまだ改善の余地がありあり。またコラージュでもして、理想を明確化するところから始めます~。


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキングに参加してます。クリックで応援してもらえると嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
関連記事


Theme:暮らし・生活 | Genre:ライフ |
Category:私のモノ選び | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |
<<庭づくりも、やっぱりライフオーガナイズでした。 | HOME | 香水選びは、恋人探し!?>>

no subject

わ~、グリーンが爽やかでとっても素敵なキッチンですね☆オシャレなインテリアを実現するには、コラージュで理想を明確化するのが一番なんですね。いろんなスタイルが好きなこともあって、ごちゃごちゃしがちな我が家を変化させるのにピッタリかもです。良いアイディアありがとうございます。さっそくコラージュしてみます^^
- | sutekidoitsu | URL | 2014.03.01(Sat) 08:38:10 | [EDIT] | top↑ |

Re: no subject

sutekidoitsu さま、コメントありがとうございます^^
コラージュは、私もやってみて実感したのですが、自分の好きなスタイルやイメージを集めて、「なぜこれが好きなのか?」を明確にするのにとても役立ちました。「どんな色使いなのか?どんな素材なのか?質感は???」と分析することによって、自分の目指したいスタイルはこっち!と選択する手助けになりますね。
ひとつの部屋の中でスタイルをミックスするのは上級技で私には難しいので、キッチン、バスルーム、寝室...と部屋ごとにイメージをまとめるといいのかも、と今は思っています。ドイツならではの暮らしを楽しみたいです^^
- | 松永明子 | URL | 2014.03.01(Sat) 18:43:54 | [EDIT] | top↑ |

name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://kodawariseikatsu.blog109.fc2.com/tb.php/415-47c3ad54