FC2ブログ

RSS|archives|admin

スーパーで美味しいものを選ぶコツは、これだけ。

2015.02.18 Wed
ブログでちょこちょこ自分のお気に入り食材を紹介していたら、「松永さんのオススメしてたアレ、超おいしくてハマッてます~~!」という嬉しいお声をいただくようになり。「どういう基準で選んでるんですか?」と聞かれたので、めちゃシンプルですが私がスーパーとかで買い物をするときに基準にしていることを。

その基準は、たったひとつだけなのですが。

余計なものが入ってないこと。 これだけ。

で、「余計なもの」っていうのは、これを家庭で手作りするんだったら入れないよね?っていう原材料のこと。

例えば、このサーディンの缶詰。大好きでうちにいつもストックしてます。
P1000732.jpg
別ブログで紹介してます。『ディスカウントスーパー PENNY で買える、私のお気に入りワイン&缶詰

原料は、 「小鰯、菜種油、食塩、(燻煙)」と、至ってシンプル。余計なものは、一切なし。
P1000731.jpg

こちらも、私のストック食材常連のレバーペースト。安いのに、かなりおいしい。しかもBIO。
P1000735.jpg
過去記事で紹介してます。『ドイツのドラッグストア・dm(デーエム)で買う定番日用品とオススメ商品

この原料は、「豚肉、豚レバー、脂、海塩、香辛料」のみ。とてもシンプル。
P1000736.jpg

これは、サツマイモ好きな私のために姉がわざわざ日本から送ってくれた干しいも(笑)。もちろん、原料は「さつまいも」のみ!
P1000729.jpg
(当たり前じゃないの、と思いますがそうじゃない製品もあるんですよー。)

...とこんな感じで、とにかくわけのわからないカタカナの保存料とか添加物が入ったものは選ばないのが、おいしいものを選ぶコツです。

梅干を選ぶんだったら、原料は「梅、塩、しそ」だけ! (この過去記事☆でも書いてますが。)しそ以外の原料(合成着色料)で赤色がついてるものなんてもってのほか。

キムチを選ぶんだったら、ソルビトールとかキサンタンガムとかの意味不明のカタカナが入ってないもの!...とかね。

これが私がおいしいモノを選ぶ基準です。

で、私にとって「余計なもの」が入っていないことが大切だというのは、別に「添加物は健康への影響が気になるから」とかそんな理由からではなく、単純に「余計なものが入っていて、心から『美味しい』と思えるものに出会ったことがないから。」です。どうせ買うなら、食べるなら、少しでも美味しいもののほうがいい。

そして、それは売られている値段とは全く関係ないです。デパートの高級な贈答品でも、残念ながら保存料や合成着色料が使われていたりして、味としては全くおいしいと思えないものはいくらでもあります。(というか世の中にはそういうものの方が多い気が...。)

なるべく原材料が少なく、自分が見てちゃんとわかる食材から作られているものであれば、おいしいものである確率がぐんと高まります。 ぜひ意識してみてください~!


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキングに参加してます。クリックで応援してもらえると嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
関連記事


Theme:生活・暮らしに役立つ情報 | Genre:ライフ |
Category:私のモノ選び | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |
<<10年ぶりに掃除機を買い替え。3分で決断。 | HOME | やっと、おしゃれを楽しめそうな気がしてきました!この本のおかげ!>>

no subject

シンプルなものが一番落ち着きますね。
日本はものがあふれて何がいいいのか少し迷います。
でも体は正直ですね。
mQop/nM. | 前島貴子 | URL | 2015.02.18(Wed) 10:15:25 | [EDIT] | top↑ |

Re: no subject

前島さま コメントありがとうございます^^

本当に、日本は良くも悪くも全てにおいて選択肢が多すぎて、迷いますね。だからこそ、自分の体や心の声をキャッチできるように、意識して生活する必要があると思っています。答えは、いつもシンプルだなーと感じています。
- | 松永明子 | URL | 2015.02.19(Thu) 05:29:42 | [EDIT] | top↑ |

name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://kodawariseikatsu.blog109.fc2.com/tb.php/451-997cf818