FC2ブログ

RSS|archives|admin

「まだ使える」けど、買い換えてみる

2010.03.10 Wed
今使ってるバスマット、いつから持ってますか?

バスマットの買い替えの基準って、なんでしょうか。

...なぜいきなりバスマットなのかといいますと。

昨日の記事で、「まだ使えるから...」という良心の呵責により、
「でも好きじゃないんだよね」っていうモノを捨てられないのが
問題だと書いたので、その続きを展開していきたいと思います。

で。うちの実家の話。

大昔に、どこかからお歳暮でもらったと思われる
変なブランド物のバスマットを何年も使ってました。

別に、それでなきゃいけない理由はどこにもなく。
ただ「あったから使っている」だけです
よくある光景ですね。

でも。
見た目がよくない上に、
使い心地(吸水とか、足触り)もよくない。

でもでも、
わざわざ買い換えるほどのことではない。

「だって、まだ使えるし。」


はい、出ました! 
理想の暮らしから一気に遠のくNGワードですね...。

バスマットなんて、よほどのことがない限り
破れたりダメになったりしないはずなので、
自分の意思で「理想の一枚に変える!!」と決めて
実行しない限り、いつまでたっても変わりません。

まあ、これはうちの母のチョイス(というか無関心)であり、
離れて暮らす私がブツブツ言ったところで大きなお世話なのですが...。
たまに実家に帰る度に、気になってしょうがなかったので
もう自分で好きなのを買ってプレゼントしました(笑)。古いのは即、廃棄。
4945247482010_t[1]
↑ちなみに、あげたのは無印の綿麻素材のもの。気持ちよいです。

とにかく、「理想の暮らし」や「憧れの暮らし」と
「現実」の間にギャップがあるなら、
そのギャップを埋められるのは自分の行動だけです。

放っておいたらそのうち素敵な暮らしになっていることも、
気がついたらおしゃれな部屋になっている、ということもありません。

「まだ使えるし」ではなく、
「これをずっと使い続けたいのか??」
と問いかけましょう。

答えは、すぐに出るはず...。


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキング参加してます。クリックよろしくお願い致します♪

にほんブログ村 その他生活ブログへ
関連記事


Theme:快適な生活のために | Genre:ライフ |
Category:モノとのつきあい | Comment(5) | Trackback(0) | top↑ |
<<バスマット こだわるポイントはそこじゃない! | HOME | モノを捨てるには ②理想の「暮らし」に合っているか考える>>

こんにちは♪

あ~まさに、うちの実家もそうです。
バスマット、母もそう言っておりました。
「破れてないから」、「まだ使えるから」って。
出来る限り母のようになるまいと思いつつも、
母から受け継いだ遺伝子は、私にもありました。
(-。-;)
それから脱却すべく、頑張っている途中です。
そうですね、自分に問いかけてみるのって
良い方法ですね。
またしても、kokiaさんに鋭くつかれてしまいました。
明日も楽しみにしています。
mQop/nM. | ココリン | URL | 2010.03.10(Wed) 13:59:41 | [EDIT] | top↑ |

はじめまして

初めまして。
楽しく拝見しました。
まさに私のこと・・・。気に入ったものにいずれは買い換えたいけど、今はとりあえず使えるもので我慢・・・と言いながら何年も経っちゃって。私は結婚して12年になるのにタオルとかを一度も自分で買ったことがないことに気づき、愕然としました。
いつかは気に入ったものをと思いつつ、とりあえず、今はいただきもので間に合わせるっていう習慣が身についてしまいました。
買い物好きで物を捨てない義父母の家も家中物だらけ・・・。使いきれないタオル、お皿とか鍋とかどんどんこっちにくれようとするので阻止するのも大変です。

とりあえず、今、気に入らないバスマットを捨てました。これからタオル、バスタオルを20枚以上掃除用に小さく切って、お気に入りタオルを置くスペースをつくります。



- | mayu | URL | 2010.03.10(Wed) 16:16:46 | [EDIT] | top↑ |

no subject

こんばんは。はじめまして。
私の母もそうです!
「無関心」とか「まだ使えるし。」についつい頷いてしまいました(笑)
まさしく、使えるからいいのよ、と。。
今思えば、何年使ってるの!!って突っ込みたいです。
私も実家に帰ったときに新しいのを買って、自分の手で廃棄したいと思います。
- | さり | URL | 2010.03.10(Wed) 18:36:02 | [EDIT] | top↑ |

no subject

とにかく、「理想の暮らし」や「憧れの暮らし」と
「現実」の間にギャップがあるなら、
そのギャップを埋められるのは自分の行動だけです。

※ まさしくその通りです。
ヒントで気づいて答えは出てますから、後は行動
ですね。しかし人を変えるのは無理ですけどね
JwHFGtIk | みちしるべ | URL | 2010.03.10(Wed) 20:43:19 | [EDIT] | top↑ |

no subject

おお!たくさんのコメントにびっくり☆嬉しい♪

ココリンさんこんにちは!
私も昔は実家の習慣にどっぷり浸かっていましたよ~。
でも、母といえども別の人間。私は私の道を行くのだ!(大げさですが)
と決めて、古い習慣は気にしなくなりました。

mayuさん、はじめまして☆
すごい行動力ですねっ!すぐタオルを捨てるとは。
そこがみんなすぐにできなくて困っていると思ったので。
モノを無駄にしたり、粗末にするのはイヤですが、
心から大切に思えるモノ以外が身の回りに溢れていることが
一番の問題だと思ってます。そういうものを
たくさん作り出している社会も含めて...。

さりさん、はじめまして♪
「使えるからいい」っていうのも、
まさにその通りで...。今あるものを
使うのはもちろん正しくもあり、
そう思ってる父や母の考えを否定するのも
どうかなーとはたまに思ってるんですがね。
大きなお世話ながら、「でも、こんなに
使い心地がよくて快適なものもあるんだよ」
ってことを実感して欲しいんですよね。
それで勝手に押し付けてきてしまいました。難しい。

みちしるべさん、こんにちは!
いつも、ご自身のブログでビシっ!と意見を述べていらっしゃいますよね~。
拝見してます(^^)
人を変えるのは、ムリですよね。
自分しか、変えられない。
でも自分を変えれば全てが変わるんですよね!
- | kokia | URL | 2010.03.11(Thu) 10:40:23 | [EDIT] | top↑ |

name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://kodawariseikatsu.blog109.fc2.com/tb.php/55-d0b8f87d