FC2ブログ

RSS|archives|admin

ドイツの冬の乾燥肌、今年はこれで乗り切ってます

2019.02.14 Thu
 毎年、乾燥して唇の皮がめくれてくると「冬が来たなぁ」と感じます(^^;)。

 ドイツに住み始めた頃は、とにかく肌が寒さと乾燥に慣れていないので肌がボロボロで大変でしたが、もうこちらの気候や水にも慣れたのか、以前ほどの肌荒れはしなくなりました。

 それでも、いったん昨秋の日本帰国から戻ってきたときには急激な環境の変化で顔の肌が乾燥してカサカサになり、かゆくなるほどに💦

 そのときにすごく頼りになったのが、ヴェレダのスキンフード



 とにかく、ひどい乾燥にはコレ!!

(別ブログでも大プッシュ記事を書いたので、詳しくはこちらを。⇒「ドイツで買えば安い!オーガニックコスメの定番、ヴェレダの『スキンフード』」

 そしてこれを塗る前のクレンジングと化粧水も、乾燥&敏感肌対応のものにしてます。
 
 クレンジングと化粧水は最近だいたいこの組み合わせ。
_20190213_181449.jpg
今は夫もスキンフードを使っているので減るのが早い!

 無印の高保湿化粧水は日本から持参。しっとりさせるのが目的で、ケチらず使えて無香料で安いので1年ほど愛用。

 右側のは水クレンジングで、日本でも有名なフランスのビオデルマのものに似ていますが、ガルニエというフランスメーカーのもの。コットンにたっぷり出してふき取るタイプで、肌に刺激がなく汚れもよく落ちます。

 まぁビオデルマの二番煎じなのだと思いますが、両方を同時期に使ってみて比較した結果、どちらも使用感は似ているけどガルニエの価格はビオデルマの1/2~1/3という安さ。気に入ってこれも1年くらいリピートしてます。(ドラッグストアのRossmannで安売りしてるときだと3,20ユーロくらいで買えます☆) ちなみに、dmにも類似品が売ってますがそちらはふき取り中に泡立ってきてビックリ (*_*)

 この水クレンジング、コットンでふいた後は水洗い不要でそのまま乳液などに進むのが正しい使い方なのですが、私はどうしても気になるのでさっとぬるま湯で流してますが...。

 同じクレンジング→化粧水でも、そのあと別のクリームを使った日は乾燥でかゆく感じたのですが「やばっ」と思ってスキンフードに戻したらすぐに良くなったので、やはりスキンフードパワーが一番スゴイと感じてます。

 こってこての硬めクリームをじっくり手のひらで温めて顔にのせたときの、かんきつ系の香りがすごく好きで癒され効果も抜群♡

 ドイツで肌の乾燥に困ってる方、騙されたと思ってスキンフード、一度お試しください。

 


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキングに参加してます。クリックで応援してもらえると嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
関連記事


Theme:ドイツ生活 | Genre:海外情報 |
Category:私のモノ選び | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<やっぱり日本でないと買えないモノ色々。うちの生活必需品たち | HOME | Handmade in 京都! 辻和金網の「手付焼網」ドイツで愛用中>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://kodawariseikatsu.blog109.fc2.com/tb.php/553-babc97e2